スマホと連動した補聴器でできること

スマホと

スマホと

補聴器を使用しているときにご自分のスマホと連動させて音量の調節などができるタイプの補聴器があります。また補聴器を紛失してしまったり置き忘れてしまったときにはGPS機能を使ってどこにあるか捜すこともできます。

音の調整の仕方

補聴器は使用している環境、話し相手の声の大きさ、聴力の変動などにより音量の調節をしながら使用していきます。

 

ではどうやって調整するかというと・・・

 お店まで行って調整してもらう

 自分で調整したくない方や、難しくてできないという方におすすめ。普段は常に一定の音量が保たれています。

 

 補聴器本体についているボリュームを操作して調整する

 補聴器本体についているので自分で操作できます。

 小さなボタンなので、手先がうまく動かなかったり、目が見えにくいという方には不向きです。

 アナログボリュームとデジタルボリュームの2種類があります。最近はデジタルボリュームが一般的ですが、ご年配の方には操作をする上で分かりにくいこともあるようです。

ボリューム

 補聴器専用のリモコンで調整する

 手元で簡単に操作できるのでわかりやすい。ボタンも大きく押しやすい。

 リモコンを持ち歩くのが面倒くさい方には不向き。

リモコンユナイト

 

 スマホで調整する

 リモコンよりさらに細かい調整ができる。

 無料アプリで経済的。

アップル

ではスマホで何ができるのでしょうか

今回はデンマークの補聴器メーカーGNリサウンドのリサウンド・スマートアプリをご紹介します

まずは無料アプリをダウンロード

AppStoreで「リサウンド」と検索し「ReSoundSmart」をダウンロードする

音量調整

音量

話し相手やその場の環境・体調に合わせて音の大きさを変えます。全体的な音量はもちろん、低音のみの調整・高音のみの調整などができ好みの音に変えられます。

雑音抑制・会話音・風切り音を調整

会話重視

周りの雑音が多いときに、雑音のみ音量を抑えます。また、前方の聞き取りたい音声の範囲をビームのように広げたり絞ったりして聞きやすくします。さらに風の吹く音がわずらわしいときには軽減することもできます。

GPS機能で補聴器を捜します

探す

補聴器をなくしてしまったときや置き忘れてしまったときに便利です。補聴器とスマホとの距離が近いのか、遠いのかを検知しながら捜すのをサポートしてくれます。この場合、補聴器の電源が入っている状態でないと機能しません。また、補聴器がiPhoneと最後に通信した位置をマップ表示してくれます。

 

スマホやタブレットを使って補聴器をもっと便利に使ってみませんか

さまざまな場面で

 

補聴器から直接音声が入ってくるので、より聞きやすくなります

次世代補聴器

最近の補聴器はスマートフォンやタブレットを使って音質を自由に変えられ、紛失時のサポートもしてくれます。GNリサウンドが発売しているリンクスシリーズエンツォシリーズはアプリを利用し快適に音声を届ける次世代の補聴器として世界中から注目を集めています。ご自分で細かく音の調整をしたい方、補聴器をすぐなくしてしまう方におすすめです。

スマホ対応補聴器あります

関東補聴器ではGNリサウンドのスマホ対応補聴器リンクスシリーズ・エンツォシリーズを取り扱っています。もっと詳しく知りたい方、店頭にて試してみたい方はお問い合わせください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちら>

KHAへ