ライブ後に耳がきこえにくくなったことありませんか?

ライブ後に

ライブ後に

みなさんライブやコンサートに行った後に耳鳴りがしたり、ボワーンと詰まったような感じになったりして耳がきこえにくくなったことはありませんか?それは強大音を聞いたことにより内耳という部分が傷ついてしまった状態です。治療をしても難聴や耳鳴りなどが完治しないケースもありますので注意が必要です。これからライブや夏フェスなどへ行く予定のある方は万全の対策をしましょう!!

若い人に増加する音響外傷

大きな音を聞いた後に耳が聞こえにくくなることを、音響外傷といいます。これは耳の蝸牛という器官の中にある細胞が強大音によってダメージを受けると発症する感音難聴です。音の振動によって細胞が破壊されるのですから、こわいですよね。ほかにロック難聴・ヘッドホン難聴などとも呼ばれていて、ライブ中にスピーカーの近くにいたときや、ヘッドホンやイヤホンで長時間音楽を聴いたときなどに多く発症しています。

<安全とされる音の大きさと時間>

世界保健機構WHOは耳にとって安全とされる音の大きさと、聴いている時間の目安を発表しています。これによると携帯音楽プレーヤーでは最大音量で4分以上聴き続けると聴覚に障害が起こる可能性があり、ロックのライブでは28秒以上でも危険とされています。いずれも短時間で耳にかなりの負担がかかってしまうということですね。

WHO安全とされている曝露量の目安

  • 85デシベル(車の騒音)→8時間
  • 90デシベル(芝刈り機)→2時間30分
  • 95デシベル(中型オートバイ)→47分
  • 100デシベル(車のクラクション・地下鉄)→15分
  • 105デシベル(最大音量の音楽プレーヤー)→4分
  • 110デシベル(耳元で聞く大声)→1分30秒
  • 115デシベル(ロックのライブコンサート)→28秒
  • 120デシベル(ブブセラ)→9秒

どんな症状がでるの?

実際に音響外傷をうけた場合、以下のような症状がでることが多いようです。

  • 片耳または両耳に発症する
  • 耳が詰まったような感じがする
  • 高音だけ・低音だけなど特定の音が聞きにくい
  • 音が二重に聞こえる
  • 耳鳴りがする
  • 耳の奥が痛い
  • めまいがする

過去にこのような症状があった方、今現在に心当たりのある方は音響外傷かもしれません。

耳がどうなってしまったの?

では音響外傷により耳がダメージをうけたとはどんな状態なのか、簡単にご説明しますね。

<耳の構造>

耳の構造

耳の奥の内耳部分に蝸牛という器官がありますね。よくカタツムリなどと呼ばれる部分です。この器官の中には有毛細胞という、たくさんの毛のような細胞があり、音を脳に伝えるとても大切な働きをしています。この細胞が強大音によりダメージをうけると、音が聞こえない・聞こえるけどなにを言ってるか言葉の判別ができない・耳鳴りがするなどの症状があらわれます。

 

<有毛細胞がダメージをうけた状態>

有毛細胞

WIDEXホームページより引用

症状が軽かったり、まだ初期段階のうちは、数時間したら治った・一晩寝たら治ったということもあります。しかし、重症の場合や、なんの治療もせず放置してしまった場合は細胞が死んでしまい、治療をしても効果があらわれないこともあります。

過去の症例

耳鼻咽喉科の先生方が公開した音響外傷についての資料がありますので引用してご紹介いたします。

 

音響の曝露による急性難聴

ーコンサート難聴の聴覚障害とその治療についてー

村井和夫、樋口明文、小原能和、小野寺耕、浅野義一、立木孝(岩手県医科大学耳鼻咽喉科学教室)村川康子(柏の葉クリニック)

ここでは音響外傷の患者さん28名の症例をまとめてあります

症例1

ほとんどの方がロック音楽を聴いたあと、耳鳴りを訴えているのがわかりますね。コンサート開始5分で耳の異変を感じた方もいらっしゃるようです。そして下記の図はコンサート会場でのスピーカーとの位置関係を表しています。スピーカーに近い方の耳に障害がでています。また真ん中あたりにいた方は両耳に障害がでてしまっています。スピーカーの近くはたいへん危険なことがわかります。

スピーカ位置

症状がでてしまったら

難聴や耳鳴りなどの症状がでて、数時間たっても改善しない場合はなるべく早く病院の耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。医師の治療により回復する場合も多くあります。時間がたてばたつほど回復の可能性は低くなってしまいますので、症状がでたときは1日でも早く、どんなに遅くても2週間以内には病院で診てもらいましょう。治療方法としては、ビタミン剤やステロイド剤などの服用、重症の場合は入院となることもあるようです。

 

すぐHPへ

なにか対策はありますか?

ライブにはよく行くけど耳はなんともなかったり、キーンと耳鳴りがしたけどすぐ治ったりと、人によってはあまり影響を受けない方もいらっしゃいます。はっきりとした理由はわかっていないようですが、そこには過労・ストレス・飲酒などが音響外傷を誘発する原因になっているそうです。また、過去に音響外傷になった方の中には、再発してしまうことも多いようです。そうならないためにできる限りの対策をすることが大切です。

  •  スピーカーから離れた場所で聴く
  •  睡眠不足や体が疲れているときは控える
  •  飲酒をした状態でライブに行かない
  •  適度に休憩をとり耳を休ませる
  •  ライブ中は耳栓をつける

当社オリジナル耳栓ご紹介

強大音が耳に負担をかけることはお分かりいただけたと思います。でも大好きな音楽を聴きたいし、ライブも行きたいですよね。最近ではそんなときの新常識として耳栓をしてライブを楽しむ方が増えています。耳栓といってもまったく音が聴こえなくなるわけではなく、適度にボリュームを落としながら聴覚を保護します。ライブを楽しむ方はもちろん、ライブ会場で働いている方、パチンコ店・工場・工事現場など騒音の大きい環境で働いている方などにもご使用いただいています。

みみせん

耳の型をとり作成しますので、右耳用・左耳用と区別されています。市販の耳栓ではズレたりしてうまくフィットしない方、より遮音効果の高いものをご希望の方、おしゃれできれいなカラー耳栓がほしい方におすすめですよ。

 

まとめ

大きな音を聞いた後に、耳の異変を感じた場合はすぐに治療を受けましょう。一度失った聴力は二度と戻りません。難聴や耳鳴りだけでなく、聴覚過敏など後遺症が残ることもあります。きちんと対策をして、大切な耳を守りながら音楽を楽しみましょう。

らいぶみみせん

 

さいごに

ライブへ行く際の必須アイテムとして、当社オリジナルオーダーメイド耳栓のご使用を検討されてみてはいかかでしょうか?くわしくはお気軽に認定補聴器専門店の関東補聴器(水戸店・土浦店・古河店・宇都宮店・千葉店・館山店)までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

創業32