ムンプス難聴で片耳が聞こえない方のための補聴器

おたふく

おたふく

ムンプス難聴により片耳の聴力が低下してしまった場合、重症化しやすく、治療をしても大きな回復は見込めないと言われています。片耳が聞こえないことで不便を感じている方にはクロス補聴器という特別な補聴器を使って聞こえを補う方法があります。

ムンプス難聴ってなんですか?

ムンプス難聴とは流行性耳下腺炎<おたふくかぜ>の症状の1つで、耳にウイルスが感染し、聴力が低下してしまう状態です。多くの場合片耳のみに症状があらわれます。

原因は?

おたふくかぜは、ムンプスウイルスに感染することによりおこる病気です。2歳~15歳の子どもに多く発症し、0.2%~1.1%の確率で難聴の症状があらわれます。近年の日本においてはおたふくかぜ患者の200人~400人に1人の割合で難聴を発症しているそうです。

どんな症状?

発熱や耳下腺<耳の下、あごの下など>が腫れた後、4日~18日以内に難聴の症状があらわれることがあります。耳鳴りやめまいを伴うこともあります。お子さんは症状をうまく伝えられないため周囲の大人も気がつかず、小学校就学前健診で初めて聞こえていないことを発見されることも多いそうです。熱や腫れがひいてくると安心しがちですが、おたふくかぜはその後に重度の難聴になることがありますので、気をつけてください。

ほっぺ

治療すれば治る?

病院でステロイドの投与を行うようですが、聴力の回復はほとんど期待できないそうです。

予防方法は?

ワクチン接種が大切です。予防接種によりムンプスウイルスの免疫ができる割合は95%といわれています。後悔しないためにも積極的な接種をおすすめします。接種

片耳が聞こえなくなってしまった場合

病院で治療を行っても、残念ながら聴力が回復しなかった場合、日常生活において以下のように困る場面もでてきます。

 音の方向がわからない<どこから音がしているかわからない>
 聞こえない耳の方から話されると会話ができない
 聞こえたフリをして適当な返事をしてしまう
 周囲が騒がしいと会話が聞き取れない
 授業中や会議中などでは、とくに集中して聞くのでとても疲れる
 聞こえないことを周囲に理解してもらえない

どちらから

クロス補聴器を使って聞こえを助ける

片耳が聞こえない(一側耳難聴)方のためにクロスシステムというものがあります。聞こえない耳側にクロス送信機を装着し、正常な耳側に通常の補聴器を装着して使用していきます。

くろす

これは聞こえない耳が聞こえるようになるわけではありません。聞こえない耳側の音をクロス送信機で受け取り、聞こえる耳につけた補聴器へ伝えます。聞こえる耳では、通常の聞こえ+補聴器を介してクロス送信機から送信されてきた音の両方を聞くことになります。

商品組み合わせ一例

ここではフォナック社の、クロス送信機と補聴器の一例をご紹介します。

 クロス送信機(フォナッククロス)

修正クロス

 

 補聴器(オーデオB)オーデオクロス対応

※補聴器は性能の違いにより4クラスにわかれています

例えば)小さくて目立たないものを希望される場合

・クロス送信機フォナックB-312\95000+・補聴器オーデオB30B-312\180000合計\275000となります

 この価格はあくまで一例ですが、このように送信機と補聴器を組み合わせて使用していきます

まとめ

ムンプス難聴により片耳の聴力が低下してしまった場合、聴力の回復は難しいといわれ、日常生活において様々な不便が生じることがあります。聞こえを助ける方法のひとつとしてクロス補聴器というものがありますので、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?聴力が元通りに治るわけではありませんが、聞こえない耳側でする音を聞き取れる可能性が高まります。

車クロス

関東補聴器へご相談ください

関東補聴器ではフォナック社、シバントス社のクロス補聴器を取り扱っております。どのような感じで聞こえるかお試しになることもできますのでお気軽にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちら>

水戸店