充電式補聴器の利点と欠点を良く理解しましょう【価格や特徴も徹底解説!】

充電式補聴器 欠点 利点

充電式補聴器 欠点 利点

最新の充電式補聴器にも利点と欠点がありますので正しく理解して上手に補聴器生活に役立てましょうね。
電池の交換不要ですから電池代はかかりませんし、面倒な取り替える手間も必要ありません。
大きな利点は、電池に関する面倒なことが一気に解消できる点ですね。
しかし、欠点もありますね。
充電忘れでは、補聴器が作動しませんので注意してくださいね。
充電式補聴器の欠点と利点について解説していきましょう。

充電式補聴器の大きな利点

充電式補聴器の大きな利点は、何と言っても電池が必要ないことですね。
小さな電池の交換は、面倒だという声をよく聞きますから。
充電式補聴器の利点(メリット)を挙げてみましょう。

 面倒な小さな電池の交換が必要ない
 電池を買いに行く手間がいらない
 交換する使い捨て電池の値段の心配がない
 交換した後の電池の処分が必要ない

このようなことが挙げられますね。

面倒な小さな電池の交換が必要ない

補聴器は、小さいものですので必然的に電池サイズも小さいのは当然です。しかし、補聴器使用者の多数が高齢者の方々です。
年齢と共に目が悪くなってきたり、手先がおぼつかなくなってきたりして小さな電池を交換するのは不安になる方が多いのも事実ですね。
そんな不安を解消できるのが充電式補聴器です。
充電器にセットすれば、充電できますので面倒な小さな電池の交換が必要ないのです。

充電式補聴器 欠点 利点

電池を買いに行く手間がいらない

電池がなくなってしまっては、補聴器が作動しませんから手持ちにストックしてある電池がなくなってきたら電池を買いに行かなければなりません。
天候が悪い日もあったり、買いに出かける交通手段がなかったり、足やヒザが痛く出かけるのが大変だったり…。
充電式補聴器は、電池交換の必要がありませんから電池を買いに行く手間がいらないのです。

充電式補聴器 欠点 利点

交換する使い捨て電池の値段の心配がない

交換する電池も少し余分にストックしてお手持ちに用意しておかなければなりません。
もちろん電池は購入するわけですからコストは、気になりますよね。価格の安い電池を探したり、どこのお店においてあるのか調べたりと値段も気になるところです。
充電式補聴器は、電池交換がありませんから交換する使い捨て電池の値段の心配がないのです。

充電式補聴器 欠点 利点

交換した後の電池の処分が必要ない

交換した電池はまとめて処分しなければなりません。
自治体が定める分別ゴミとして処分したり、補聴器専門店に使用済み電池として処分をお願いしたりしていますよね。
充電式補聴器は、電池交換がありませんので交換した後の電池の処分が必要ないのです。

充電式補聴器 欠点 利点

充電式補聴器は、今までの面倒だったことが解消されるのです!

充電式補聴器の欠点

充電式補聴器の欠点もみてみましょう。
利点ばかりではなく欠点も理解しておく必要があるはずです。

 内蔵充電池も劣化してくる
 充電を忘れると補聴器の電源がはいらない
 外泊の際は、充電器も持ち運ぶ必要がある

上記のようなことですかね。

やはり、欠点よりも圧倒的に利点(メリット)にほうが多いですよね。

内蔵充電池も劣化してくる

充電式補聴器に使用される充電池(バッテリー)も一生もつ訳ではありません。
自動車のバッテリーも携帯電話のバッテリーも時期が来たら交換が必要です。
充電式補聴器の充電池(バッテリー)も充電するたびに劣化してきます。そして、使用できる時間がだんだん短くなってきます。
使用時間が短くなり使用するのに不便を感じたら充電池(バッテリー)も交換が必要になります。補聴器専門店で相談してください。

充電式補聴器 欠点 利点

充電を忘れると補聴器の電源がはいらない

充電式補聴器の電源は、充電池ですので充電を忘れると補聴器が作動しませんね。
補聴器を使用し終わったら、充電器に差し込むことをお忘れなく!
就寝時に充電器に差し込んでおけば朝目覚めた時には充電完了ですからね。
しかし、ほぼ全てのメーカーが急速充電可能になっていますので30分充電すれば5時間~7時間ほど使用できるようになっています。

充電式補聴器 欠点 利点

外泊の際は、充電器も持ち運ぶ必要がある

旅行や外泊の際は、補聴器と一緒に充電器も持ち運ばないと充電することができません。
充電式補聴器の充電器は、各メーカーとも片手に収まる手のひらサイズですですから持ち運ぶことに問題はないと思います。
通常の補聴器も就寝時には、ケースに保管すると思いますが充電器のサイズは、その保管ケースに電源コードが付いたようなイメージですから持ち運びに困ることはないでしょう。

充電式補聴器 欠点 利点

最新の充電式補聴器も欠点はあります

上記で示した通り、最新の充電式補聴器にも欠点がありますのでしっかり理解しておきましょうね。
どんなものでも完璧なものはありません。
しっかり欠点を理解して対策をしていれば恐れることはないのです。

充電式補聴器 欠点 利点

充電式補聴器の欠点対策法

欠点の対策法を考えてみました。

内蔵充電池の劣化対策法

充電式補聴器にもメーカー保証期間というものが設定されていますので保証期間が切れる直前にメーカーへ内蔵充電池の交換を依頼すれば無料で充電池が交換できますので対策できます。
関東補聴器では、皆さまの補聴器保証期間をコンピューター管理していますので保証期間の期間満了前には当社より通知が行きますので保証期間満了忘れはありません。

充電式補聴器 欠点 利点

充電を忘れると補聴器の電源がはいらない

就寝時には必ず補聴器を充電器に差し込む習慣をつけ、使用後、適当に放置しないよう日々意識しましょう。
それでもお出かけ前に充電忘れに気付いた時は、身支度をしている30分ほどの急速充電で対策できます。

充電式補聴器 欠点 利点

外泊の際は、充電器も持ち運ぶ必要がある

充電器は、コンパクトな小型サイズです。持ち運び用のキャリングケースも用意されているメーカーもありますのでキャリングケースに入れて持ち運べば邪魔にもならず、忘れることもないでしょう。

充電式補聴器 欠点 利点

欠点対策をふまえて充電式補聴器紹介

欠点対策法を紹介しましたが、この欠点対策法を踏まえたおすすめの充電式補聴器を紹介しましょう。

充電式補聴器 シーメンス セリオン

商品名  セリオン2PX
メーカー シーメンスシグニア
価格 243,200円(片耳)

<充電式補聴器セリオンの性能など詳しくはこちら>

 内蔵充電器の劣化対策法をふまえて

セリオンは、4つのグレードとも2年間の無料保証がありますので2年経過直前にメーカー保証にて内蔵の充電池を交換します。
その後3年間は問題なく使用できるとすれば購入後5年間は料金の負担もなく、普通に使用することができます。

充電式補聴器 欠点 利点

 充電を忘れると補聴器の電源がはいらない

置くだけ充電の簡単充電です。充電器についているランプでどのくらい充電されているかを目で見て確認できますので安心です。
また、充電忘れに気付いた際は、30分の急速充電で7時間使用可能ですからお出かけ前の身支度の際、充電器に30分差し込めば大丈夫ですね。

充電式補聴器 欠点 利点

 外泊の際は、充電器も持ち運ぶ必要がある

セリオンの充電器はとてもコンパクトサイズです。
タバコの箱1つ分の大きさしかない充電器ですから持ち運ぶのにも苦労はありませんよ。
また、メーカーより付属のキャリングバックが付いてきますのでキャリングバックにて持ち運んでください。

充電式補聴器 欠点 利点

充電式補聴器の利点と欠点まとめ

充電式補聴器はとても便利な反面、充電忘れをしてしまうと使用できないという欠点があります。
そのような欠点をしっかり理解し、上記の欠点対策を実行していただき快適に充電補聴器を使用してくださいね。
皆さまが快適に充電式補聴器を使用できるよう、欠点の対策法やおすすめの充電式補聴器を紹介させていただきました。

関東補聴器では、良い聞こえの補聴器はもちろん上手に補聴器を使いこなしていく問題の解決などにも力を入れて皆さまと二人三脚で補聴器生活をサポートさせていただきます。

ぜひ気軽にご相談ください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

創業32