補聴器の価格は一般的にいくらなのか

補聴器を購入する時は価格が一般的にいくらなのかを知って補聴器 価格おくことは重要ですよね。補聴器は耳掛式補聴器・耳穴式補聴器・箱型補聴器(ポケットタイプ)で価格も大きく違います。
耳掛け式補聴器ですと5万円くらいから40万円くらいまであります。耳穴式補聴器(オーダー)は耳の型を採り1つづつオーダーで使用者あわせて作成しますので最低でも9万円くらいかかり
ます。最高ですと50万円くらいまであります。最後にポケットに入れて携帯ラジオのようにイヤホンを耳入れて使用しイヤホンにコードがついているようなポケットタイプは3万円くらいから10万円くらいまであります。

これは方耳の値段ですので両耳使用の場合は2個分になります。

値段の違いは「性能」の違いです。

価格の低いものは性能も低いので騒音が響いても制御できなかったり調整する幅が狭く満足な音質にならなかったり、また外観が大きく目立って重量もあり装用感がいまひとつであったり・・・。

高価格のものは高性能ですので騒音の抑制も強くかかったり、全自動で調整を切り替えてくれたり、調整の幅も広く柔軟に使用者の音質に対する要望にも応えられるでしょう。リモコンなどをつかってテレビや電話の音声を電波で直接補聴器に送信して耳元で聞こえるようにできる無線機能なども搭載しています。

実際にはあまり安くもなく、高くもなく、真ん中あたりの価格帯、性能でお使いになっている方が多数かと思います。
耳かけタイプですと10万円~15万円ぐらい、耳穴(オーダー)タ補聴器 価格イプですと15万円~20万円ぐらい、ポケットタイプですと6万円ぐらいですかね。

 

メーカーによっても価格は少し違いますし、性能も違いますので一概には当てはまらないこともあるかと思いますが・・・。

 

使用者の方の使用スタイル、お悩みの状況で必要な性能・機能
はありますのでしっかり専門家に相談して予算と性能・機能を検討して購入されたほうがいいですね。

コメントを残す