補聴器を使用中の高齢者の方の悩み

補聴器 高齢者 悩み

補聴器をつけている高齢者の家族(母親・父親・祖母・祖父等)話しかけるとき、補聴器で十分大きくなっていますので、大声で話すと大きくなりすぎてガンガン音割れをしてかえってわかりづらくなってしまいます。補聴器専門の資格や技能が豊富な専門店に話し方を相談してみてください。

顔をみて、口元を見せて、普通の声で、ゆっくり話をする、とわかりやすくなりますよ。

聴力の状態が悪くなればなるほど、聴力だけではなく言葉の解析能力(語音弁別能)も悪くなりますから、聞こえていても言葉として判別しにくくなってきます。

補聴器は問題なくしっかり出来ていても、音を聞くということと、言葉を理解するというのは同一ではないのです。

聴力はさほど悪くなくても言葉の解析能力(語音弁別能)が悪い方もいますし、聴力はかなり悪いのですが言葉の解析能力(語音弁別能)はいい方もいます。

補聴器が言葉を判断、理解するわけではなく、あくまで音を大きくして聞こえやすく耳の中に伝達する機器です。

その音を耳の神経が脳に伝え、脳で理解していくわけですので、補聴器でできる事も限界があるということです。

他の補聴器を次々買い替えても無駄使いになってしまうこともあるので、今お持ちの補聴器を購入店でしっかり見て補聴器 高齢者 悩みもらい、耳の状態を測定、再調整、部品の交換や修正で間に合うのかを相談しましょう。

最適な状態に補聴器を調整して上質なコミュニケーションが取れるように

お手伝いさせていただきたいと思います。

補聴器をつけて大きな声を出されると響いて何をいっているのかわからないとお悩みの方、会話する
時のコツは・ゆっくり・はっきり・顔を見て・ですね!

コメントを残す