両方の耳に補聴器をつけることをお勧めします

うさぎ

うさぎ

耳は手や足、目と同様に左右両方でバランスをとりながら音を聞き分けています。基本的に両耳に補聴器をつけて音を聞いた方が音の方向や距離感、騒がしい場所での話しも片耳のみの装用に比べ効果がアップしますのでお勧めです。

館山店のお客様からのご相談より

両耳装用にしようかな
10年前に購入した耳掛け式補聴器を片耳に使用しています。当時で25万円でした。最近補聴器の調子も悪く聞きづらいです。自分自身の聴力も落ちてきたように感じています。買い替えを考えているのですが両耳につけたほうがいいですか?また10年前と違い、現在は年金暮らしのため購入予算をおさえたいです。

 

では解決していきましょう

聴力低下と補聴器の寿命

こちらのお客様のお耳の状態としては・・・

 10年前は全体的に軽度難聴でしたが、徐々に聴力が低下していき、現在は中度難聴程度になっている
 右耳と左耳ではどちらもほぼ同じくらいの聴力

 

当初はまだ少し聞きにくい程度だったこともあり、片耳だけの装用をご希望でした。また、装用している時間も、お仕事の会議のときだけ使用するということでした。それが少しづつ聞き取りづらくなり、ここ2~3年は常に補聴器を装用しているという状況です。

 

これらの状況からいえるのは・・・

 在使用している補聴器は軽度難聴用なので、もっと感度の強い中度~高度難聴用の補聴器にする

 補聴器の寿命は5年程度といわれているので、内部部品の性能も劣化している可能性大

両耳装用と片耳装用のどちらにしたほうがいいか

新しい補聴器を試聴していただいた結果、片耳のみでも今までの補聴器よりは聞こえるが、両耳につけるとさらに音に迫力がでて聞きやすいとのことでした。

ではここで両耳装用のメリットについて少しご説明します

 健康な耳の方・補聴器を両耳装用している方・片耳装用している方、それぞれの聞こえ方を表した表です

りょうみみ

※1年間使用後の主観的評価によるデータ(スカンジナビアオージオロジー)

表からみてもわかるように、片耳のみ装用の場合と両耳装用ではそれぞれ効果に差があります。特に、騒がしい場所での聞き取り・音の方向感では大きな効果の違いがありますね。

 

 こちらは耳と脳とのつながりを表しています

脳

両耳から音が聞こえることにより脳でバランスよく処理されます

 

 片耳装用にした場合の耳の変化

聞き取り低下

片耳だけ装用していた場合、補聴器をつけていなかった耳の能力が落ちてしまっているのがわかります。これは聞こえなくなるということではなく、音は聞こえるけどうまく相手の言葉を聞き分けられないという状態です。つまり、聞こえていない状態で何年も経過したため、耳がお休みの状態になってしまっています。ここであわてて補聴器を両耳装用にしても、一度お休みしている耳を回復させるのはかなり難しくなってきます。

 

 補聴器を両耳装用している方の各国の割合

世界の両耳

日本では他国と比べ両耳装用率が低いことがわかります。今後、両耳装用の大切さがさらに広まり、健康保険適用などにより補聴器費用負担の軽減が実現されることも期待します。

 左右とも聴力が残っている場合、両耳装用することで補聴効果が上がることがあります

ご予算について

こちらのお客様は10年前当時で25万円の補聴器を使用されていました。買い替えるとなると、両耳で50万円かかるのかと思い悩んでおられたようです。今回はご予算を少しおさえ、片耳で15万円ぐらいで作れませんか?との事でした。そこでデンマークの補聴器メーカーGNリサウンドのエンヤ4+イヤモールド付きを両耳でご注文いただきました。価格は合計30万円です。現在は10年前に比べかなり補聴器の性能があがっています。音量も力強く、立体的に聞こえるとご満足いただいております。

 

ライフ

今までご使用されていたシーメンスシグニア補聴器の耳掛け式補聴器。軽度難聴用で小さく、音のこもりが少ないタイプです。

エンヤ

今回は両耳にGNリサウンドのエンヤ4の耳掛け式補聴器をお選びいただきました。また、聴力の状態からイヤモールドを作成しご使用いただいております。

両耳装用をおすすめします

補聴器を両耳に装用することにより
 音の方向や距離がわかりやすい
 騒音下での聞き取りが片耳装用に比べよくなる
 左右で音のバランスがとれるので疲れにくい
などのメリットがあります。

例えば、ご予算が30万円の場合、1つ30万円の補聴器を片耳のみにつけるよりも、1つ15万円の補聴器を両耳につけることをおすすめします

ご相談ください

関東補聴器では聴力の状態・ご使用環境・ご予算などのお話しをしていく中から総合的に判断し、お一人お一人に最適な補聴器選びができますようお手伝いしております。是非、最寄の店舗までご来店ください。また各地域において相談会やご自宅まで出張訪問のサービスもございますのでご利用ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

お任せ