中古のもらい物の補聴器でも合うのか

中古の

中古の

お客様から、中古のもらい物の補聴器があるのですが私の耳にも合いますか?とご相談がありました。中古の場合、まずお答えを一言でいいますと、ずばり合いません。合わない補聴器は耳をいためるおそれもありますから使用しないでください。

 

なぜ合わないのですか?

必ず聴力測定をし、音量などの設定をしています

軽い難聴の方もいれば、重い難聴の方もいます。そして聴力が悪くなればなるほど補聴器の音量も大きくなっていきます。まだ少し聞きにくい程度なんだけど・・・という方に重度難聴用の補聴器をつけたらうるさくてとても使用できません。逆に、かなり聴力の低下している方に軽度難聴用の補聴器をつけても音が小さすぎてしまい、よく聞こえません。

補聴器は基本的に耳の型をとって作成してあります

お使いになる方の耳の形通りに作ってありますので、他の方の耳に合うわけがないのです。無理やり耳に入れると、痛くなったり、逆にゆるくてすぐに耳から落っこちてしまったりします。耳の形も人により様々なのです。

聞こえのレベル・耳の形や大きさは人それぞれ違うからですね

BTE

それでもどうしても使ってみたい方へ

そうは言っても、ちょっとだけ試してみたい、自分で購入するのは高額で買えない・・・という方に、中古でも使用できるかもしれない方法を1つだけお教えしますね。

耳掛式補聴器の場合

これは補聴器本体を耳の上に掛けて、耳栓を耳穴の中に入れて使うタイプです。この場合は、
 補聴器店で聴力測定をしてもらい、音量などきちんと自分専用に設定し直してもらう
 耳の型をとってもらい自分専用の耳栓(イヤモールド)を新しく作ってもらう
この2点を行えば、中古の補聴器でも使用できる可能性があります。
ただ、補聴器によって出せる音量に限界はありますから、聴力の状態によっては使えない場合もあります。

<自分専用の耳栓とは>

耳穴式補聴器の場合

こちらは耳の型をとり、補聴器全体を耳の穴にすっぽり入れるタイプです。こちらは残念ですが、完全オーダーメイドで作られているので、他の方が使用できる方法はありません。

専門家からのおすすめ

補聴器は肌に密着して使うので、中古ですと感染症など衛生面での問題もありますから、あまり使用のおすすめはしません。また、もらい物をそのまま使用することも、音量が合わなかったり、耳が痛くなったりしますからやめましょう
どうしても使ってみたいときは、音の再設定をします。もらった補聴器のメーカーを取り扱っているお店でないとできませんので、事前に補聴器専門店へ問い合わせてみましょう。

 

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

取り扱いメーカー

関東補聴器では、シーメンス・シグニア補聴器、PHONAK、GNリサウンドを取り扱っています。
聴力測定、調整、耳型作成はいつでも行っております。まずはお気軽にご相談くださいね。

<シーメンス・シグニア補聴器のご紹介>

<PHONAK補聴器のご紹介>

<GNリサウンド補聴器のご紹介>