突発性難聴の原因と改善方法【知っててよかった!】

突発性難聴 原因 補聴器 芸能人

突発性難聴 原因 補聴器 芸能人

突発性難聴で仕事に影響してしまった芸能人の方のニュースをよく耳にします。
先日も堂本 剛さんが入院されましたが突発性難聴の原因と改善方法を紹介しましょう。
芸能人だけでなく、一般の方でも仕事や生活に影響が多く出てしまう「難聴」ですから心配になることもあるかもしれませんが、改善方法などわかりやすく説明しますね。

突発性難聴とは

突発性難聴とは、文字通り昨日まで何ともなかったのに突発的に、突然難聴になってしまう症状のことです。
突発性難聴 原因 補聴器 芸能人耳が詰まったような感覚になり、自然に治るだろうと手遅れになるケースも多々あります。
一般的には、片耳に発症し両耳同時に発症することはないとされ、発症後14日以上経過してしまうと回復の可能性が著しく低下します。
おかしいと感じたら、早急に医療機関を受診して下さい。

突発性難聴の初期症状

 耳が詰まったような感じで聞こえが悪い
 左右どちらかで呼ばれても気が付かなかった
 昨日までなかった耳鳴りがする
 めまいなどと共に聞こえ方がボワッとする

代表的な初期症状の一例ですね。

発症後14日間が勝負の分かれ目

突発性難聴は、発症後14日間が勝負の分かれ目と言われています。
一日でも早く医療機関を受診し、適切な治療を開始すれば回復することが多いので早めの受診が、今後の生活を左右することになりますからね。

突発性難聴 原因 補聴器 芸能人

突発性難聴は自分で判断せず治療

医療機関では、ステロイド点滴や酸素吸入、ブロック注射などが行われます。
めまいや耳鳴りがひどい場合は、入院して治療することもあります。

突発性難聴の原因

実際のところ、突発性難聴のはっきりとした原因はわかっていません。
現在有力な原因は下記の3つです。

 ストレス
 ウイルス感染
 血行障害

このようなことが、引き金になります。

改善方法のひとつが補聴器

治療の結果、聴力の改善がなく難聴による生活に不便を感じるようなった場合は補聴器を使用しましょう。
補聴器で、難聴をカバーすることによって生活の質(クオリティーオブライフ)が改善されるケースが多くありますので諦めることなく補聴器を積極的に検討してみてください。

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険

 

補聴器は調整が命

補聴器は、フィッティング=調整で聞こえ方が良くも悪くもなってしまいます。
特に、突発性難聴のフィッティング=調整には経験と知識が必要となり、加齢による老人性難聴とは全く異なります。
そのため、技術・知識・経験がある「補聴器専門店」を強くおすすめします。

<補聴器の調整について詳しくはこちら>

片耳難聴に有効なクロス補聴器の紹介

クロス補聴器とは、難聴耳に集音マイクのついたクロス送信機をセットし集音し、反対の良聴耳にセットした補聴器に転送して音声を聞く特殊補聴器です。
難聴耳からの音声を聞き漏らすことが減り、ストレスが緩和されます。

片耳難聴 クロス補聴器 ムンプス難聴

<クロス補聴器の価格や性能詳しくはこちら>

突発性難聴になってしまった場合、早急に医療機関で治療を開始してください。
聴力低下で生活に不便が出た場合は、補聴器を上手に使用して生活を改善することが可能です。
補聴器専門店と一緒になって補聴器をうまく利用できるよう協力しましょうね。

クロス補聴器の無料試聴体験も実施中です。ぜひ無料試聴体験をお試しください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

創業32