補聴器と集音器の違いは価格だけ?【何が違うのか徹底解説!】

補聴器 集音器 違い プロンプト

補聴器 集音器 違い プロンプト

補聴器と集音器の違いは価格だけではありません。価格が違うということは、機能や効果などたくさんの違いがあることは容易に理解できますよね。
補聴器は、医療機器であり集音器は音響機器である電気製品ですね。
難聴の方が使用するのは、医療機器である補聴器ですよ。

補聴器は医療機器です

補聴器は、厚生労働省から認可を受けた医療機器になります。
難聴の程度に合わせ適切にフィッティング(調整・設定)されて初めて効果を持つ補聴器は安全に使用できますが、適切にフィッティング(調整・設定)できていない集音器や簡易型補聴器などは、逆に耳に悪影響を与える恐れがありますから注意が必要です。

補聴器 集音器 違い プロンプト

集音器は音響機器である電化製品

補聴器 集音器 違い プロンプト通販やネットで販売されている集音器などは、難聴の程度に合わせるわけではなく専門家が適切にフィッティング(調整・設定)する訳ではないのです。
単なるマイク増幅器と同様で、音響機器である電化製品ですので補聴器とは根本的に違いますよ。

補聴器はフィッティングが命です

どんなに高価で高性能な補聴器でも適切にフィッティング(調整・設定)されていないものは無用の長物になってしまいます。
しっかり調整を合わせた補聴器ならば効果が期待できます。
専門家が耳の状態、生活環境、機能設定など細かく調整することをフィッティングと言います。

補聴器はフィッティングが全てです。

聴力の程度を把握しましょう

まずは、あなたの聴力状態を把握しましょう。
難聴の程度によってどのような補聴器が最適なのか、どのような調整や設定が必要なのかを細かく吟味していきます。
補聴器専門店では、補聴器のフィティングのための聴力測定や言葉の聞き取り測定など各種の測定を行うことができますのでしっかりと聴力状態を把握しましょうね。

聴力レベル

必ず補聴器を試聴

カタログの説明や口頭での説明では補聴器の音質などはわかりません。
実際にご自分の耳で補聴器を装着してどのように聞こえるのか体感することが重要ですよ。
生活音や環境音がどのように聞こえるのか、話し声がどのくらい聞きやすくなるのか…いろいろご自分の耳で確かめてみます。
その上で、気になることや不快な音は補聴器技能者に伝え調整・設定してもらいます。

<補聴器の試聴について詳しくはこちら>

補聴器 集音器 違い プロンプト

 

購入後も再調整や再設定は可能です

補聴器の購入後も家庭や職場で使用した感じで気になることや不快な音は、何度でも調整可能です。
注文・購入したらそれで終わりではなく使っている間で、気になることは補聴器専門店に伝え、再調整をすることでお手持ちの補聴器がもっと快適になることでしょう。

<補聴器の調整について詳しくはこちら>

集音器は調整幅が極端

集音器は、補聴器と違い調整や設定ができないものが多いのが現実です。
仮に調整できる商品でも極端に調整幅が狭く調整したといってもほとんど変化を感じないケースも多々あります。
価格の差は、性能の差というのはこのようなところに現れるわけです。

安価な補聴器も多数取り揃え

補聴器 集音器 違い プロンプト補聴器専門店では、専門店ならではの品揃えで皆様のご要望にお答えしています。
もちろん安価な補聴器も多数取り揃えています。
安価だからと集音器を何台も購入するよりも、きちんと補聴器専門店に相談し自分に合った使いやすい補聴器をお求めになったほうが結果的に良かったということになるかもしれませんよ。

お手頃価格補聴器紹介

関東補聴器で、お手頃家価格ながら皆様から好評の補聴器を紹介しましょう。

商品名 プロンプト
メーカー シーメンスシグニア
価格 50,000円

<2017年8月現在>

補聴器 集音器 違い プロンプト

基本性能を備えたお手頃価格の耳掛け型デジタル補聴器です。
小型軽量に加え、撥水コーティングも施してあり汗や湿気にも強い設計。
カラーも3色から選べ目立ちにくい優れものです。

補聴器 集音器 違い プロンプト

補聴器 集音器 違い プロンプト

 

補聴器と集音器の違いまとめ

補聴器と集音器は根本的に違うことを解説しました。
あなたの聴力や耳の状態に合わせた、きちんとした補聴器をお使いになることをおすすめいたします。
補聴器は、耳に合わせる作業が必要ですから対面販売が基本です。
通信販売やネット購入などは失敗のリスクが多いので補聴器専門店に相談してあなたの予算に見合った補聴器を購入してくださいね。

関東補聴器では、出張訪問サービスも承っております。
店舗まで出向くことなく自宅や入所の施設でも補聴器の相談ができますのでぜひご利用ください。
出張訪問サービスエリアを下記よりご確認の上、お問い合わせくださいね。

<訪問出張サービスエリアの確認はこちら>

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 集音器 違い プロンプト