難聴で夏場に補聴器をすると耳の穴が蒸れてかゆくなる方へ【クールな付け心地!】

夏場

夏場

難聴で補聴器をしているけど耳の中が蒸れてかゆくなってしまい、夏場はつけていられないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?だからといって補聴器をしなければ聞こえないしどうしたらいいか困ってしまいますよね。補聴器を頻繁に付けたり外したりしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には通気性の良いタイプの補聴器がありますのでご紹介いたします。蒸れによる補聴器のわずらわしさを少しでも解消したいという方におすすめです。

補聴器を持っていても使わない理由

「難聴になり、数年前に補聴器を購入したんだけど全然使っていないんです。」というご相談をいただくことがあります。実際に補聴器をお持ちの方に行ったアンケートでも、「わずらわしいので使っていない」と回答される方が少なくないようです。具体的になにがわずらわしいのかを調査してみると「補聴器をすると耳がかゆくなる」と回答された方がいらっしゃいます。

補聴器をわずらわしいと思う理由

わずらわしい

日本補聴器工業会JapanTrack2015より抜粋

補聴器を使用するためには、耳の中に物(補聴器)を入れるわけですから、当然使用中は耳穴が塞がれてしまいますよね。その為、耳への通気が悪くなり、人によっては蒸れて不快に感じたり、かゆみを伴うことがでてくるというわけです。

耳がかゆくなりやすい人には通気性のよいタイプの補聴器を

耳がかゆくなるから補聴器を外してしまってはせっかく購入した補聴器がムダになってしまいますよね。体質的に汗っかきの方、耳アカが湿っぽいタイプの方、外でお仕事をされる方、スポーツをされる方などはできるだけ通気性のよいタイプの補聴器を選択していただくことをおすすめします。デメリットとしては通常の補聴器よりも、耳と補聴器とのすき間が多くなる形状になりますので、音が外に漏れやすく、ハウリング(ピーピー音が鳴る)のリスクが上がります。軽度~中度難聴程度の場合は問題ありませんが、補聴器の音量を強くしなければならない高度~重度難聴の方には不向きです。

RICタイプ

りっく

通気こう

こちらは耳かけ型の補聴器となります。耳穴に入れる部分(耳せん)に穴があいています。この穴によって通気性が良くなり、軽い付け心地になります。

イメージ1

 

外マイクタイプ+ディンプルシェル加工

外マイク

ディンプル

こちらは耳の型を採り作成するオーダーメイド耳あな型補聴器です。通常なら補聴器本体内部にあるマイクを、外に出す設計にすることで全体が小型化され耳への圧迫感が減少します。また、ディンプルシェルといって表面をゴルフボールのような加工をすることによって、肌への接触面積を最小限に抑えることができ、従来の耳あな型に比べて通気性がよくなります。

イメージ2

 

COOLタイプ

赤くーる

クール

こちらもオーダーメイド耳あな型補聴器です。従来の耳あな型補聴器よりも耳の中に入る部分を短くすることにより通気性が向上します。

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

 

COOLタイプをもう少し詳しくご紹介します

クールカラー

COOLはシーメンスシグニア社の補聴器で、他社にはない独特の形状をしています。初めて発売されたのは2011年で、当時話題になっていたフィギュアスケートトリノ五輪金メダリスト荒川静香さんのイナバウアーの曲線をイメージさせるということで、商品名もクールビューティーから名付けられたと聞いています。発売当初はシーメンスのイメージキャラクターとして荒川さんが起用されていました。また、2012年にはグッドデザイン賞も受賞しています。2018年現在でも見た目はそのままに、中身の性能はバージョンアップされながら発売を続けている人気商品です。

COOLのメリット
  • 耳穴をふさがない設計なので熱がこもらず蒸れずかゆくなりにくい
  • 耳に物が入るという異物感、圧迫感、閉塞感を軽減する
  • 音がこもらず自分の声が響きにくい
  • 補聴器ではなく、イヤホンをつけているように見えるデザインカラー
  • 耳への装用がワンタッチで簡単
COOLのデメリット
  • 耳穴にすき間があることでハウリング(ピーピー音)が起きやすいので、高度~重度難聴の方には不向き
  • あえて周りに魅せるデザインのため、少しでも目立たない補聴器をご希望の方には不向き
COOLはこんな方にもおすすめです
  1. 軽い付け心地を求めている方に
  2. 補聴器をすると自分の声がこもったり、響いたりして不快な方に
  3. つけてもカッコいい補聴器をお探しの方に
  4. 耳への着け外しがカンタンな補聴器をお探しの方に
COOLの価格

COOLは全部で6機種

 7primaxCOOL \510,000(片耳) 

 5primaxCOOL \360,000(片耳)  

 3primaxCOOL \270,000(片耳)  

 2primaxCOOL \200,000(片耳)  

 1primaxCOOL \160,000(片耳)  

 Sirion2COOL   \120,000(片耳) 

<primaxシリーズについて詳しくはこちらへ>

いなばうあー

 

さらに乾燥機を使うと完璧

補聴器を使用したら乾燥剤の入ったケースへ保管している方が多いと思いますが、汗をたくさんかく季節はそれだけでは充分に乾燥できていないことがあります。より強力に乾燥させるためには、乾燥機のご使用をおすすめいたします。汗や湿気による補聴器の故障予防や、従来の乾燥ケースではできない紫外線ランプによる除菌効果もあります。コンセントをさしてスイッチを押すだけの簡単操作で、乾燥剤の定期的な交換も不要になります。

補聴器乾燥機 D-DryDDRY

<D-Dryについてくわしくはこちらへ>

まとめ

汗をかきやすい季節や、肌がデリケートな方は補聴器をするとかゆくなったり、かぶれてしまったりする方もいらっしゃいます。そのためには通気をよくしたり、肌への接触を最小限にすることで解決することもあります。すでにかゆみでお悩みの方、これから補聴器の使用を考えているけど汗をかきやすかったり、耳アカが湿っぽいタイプの方などは今回ご紹介した機種を参考になさってくださいね。

<関東補聴器へのご予約・お問い合わせはこちらへ>

店舗