オーダーメイド補聴器は耳型採取で目立たない超小型に【耳型採取の技術】

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない

オーダーメイド補聴器は耳型採取を行い、目立たない超小型に作成することができます。耳穴にピッタリ収まりフィットして目立たないためには、耳型採取技術のしっかりした経験豊富な補聴器専門店で採型することをおすすめします。
それぞれ顔が違うように、耳穴も十人十色です。
装着感や目立たないよう小型に作成するためには、耳型採取は必須条件ですね。
耳型採取や目立たないオーダーメイド小型補聴器について解説いたします。

オーダーメイドとは何のこと?

「補聴器をオーダーメイドで作成する。」とはどんなことか?って、ピンっと来ない方もいるかもしれませんね。
補聴器は耳の穴に入りますので、耳穴にピタッとしないとフィットしなく聞こえ方や装用感が悪く満足できないものです。音楽を聴くイヤホンも耳穴に入れてもピッタリせず、ずれてきたり、外れそうで気になったり…なんて経験をお持ちの方は多いんではないでしょうか?
補聴器は、あなたの耳型採取を行いピッタリ合わせて作成することができます。
それが、オーダーメイド耳穴式補聴器なのです。

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない補聴器 耳穴型オーダーメイド 南房総館山

 

最近では、音楽用のイヤホンも耳型採取を行いオーダーメイドできるイヤホンがあります。
イヤモニターと呼ばれ、芸能人がライブなどで耳に着けているのをテレビで見たことがある方もいるかもね。

耳にあわせるためには採型が必要です

オーダーメイドするためには、洋服でも靴でもきちんとした採寸や採型を行ってから作成しますよね。
補聴器も同様ですが、補聴器の場合は耳穴に粘土のような材料を入れて「型」を取ります。
入れ歯や差し歯を作成するのに似ていますが、採型した型に沿って作成していくのです。
そのため、きちんとした耳型が取れていなければきちんとしたオーダーメイド補聴器は出来上がってはきませんね。
オーダーメイドの洋服や靴でも採寸や採型が間違ったりずれていたりした場合は、ピッタリな商品にはなりませんから。

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない

 

耳穴の形は十人十色

それぞれ顔が違うように人間は、みんな耳の穴の形も違います。
耳穴が大きい方や小さい方・上向きの方や下向きの方・曲がっている方や真っ直ぐな方…といろいろです。
女性・男性・高齢者・大人・子供…みんな特徴があります。
また、アジア人や欧米人・黒人でも耳穴型の特徴が違うのです。そのため、耳穴式補聴器は、耳型採取を行いキッチリ合わせることが重要になります。

耳型採取には高度な技術が必要

一言で「耳型採取」といってもこの耳型採取には、とても高度な技術が必要になるのです。
特に補聴器を使う多くの方は高齢者の方ですが、高齢者の耳穴の皮膚は成人と違い、シワやたるみがあり経験豊富な技術者でないと大変苦労します。

適切な深さと材料充填
シワやたるみを計算した圧力
材料が硬化するスピードやタイミング
欠損やひび割れのない仕上がり

このようなことが絶対条件になってくるわけです。

<補聴器の耳型採取の仕方詳しくはこちら>

適切な深さと材料充填

耳の穴は、奥に行くほど皮膚が薄くなり敏感です。適切な深さで採型しないと痛みがあったり大きな事故になる場合もあります。しかし、浅すぎるとしっかりフィットせずポロポロ外れやすくなると共に音口(音の出口)が鼓膜に向かわず聞こえも落ちてしまいます。
そして、型取り材料がしっかりと行き渡っていなければ、同じくフィットせずユルユルになってしまうわけです。

シワやたるみを計算した圧力

シワやたるみがあると型取り材料を入れたときに皮膚が伸びてパンパンになってしまい、今度はキツキツになってしまうのです。そのような型で作成するとキツキツの状態ですから耳に入れていると痛みが出てきます。
材料を充填する際の圧力のかけ方や方向・材料の量など技術が試されます。

材料が硬化するスピードやタイミング

材料はA剤とB剤の2種類を混ぜ合わせて充填します。分量の違いで硬化する速度が違います。また、気温や湿度によっても硬化スピードが違います。
早めに固まったほうがいいのか、ゆっくり固まったほうがいいのか条件によって違ってきますので豊富な経験が必要です。

欠損やひび割れのない仕上がり

上記に述べたことの1つでも完璧にこなせていないと採型した型に欠損やひび割れが起こってしまうことが少なくありません。
完璧な型が取れているからこそ、オーダーメイドなのです。

耳型採取は補聴器専門店

耳型採取は経験豊富で確かな技術がある補聴器専門店が安心かと思います。
外科手術の名医は、手術数で決まるっなんて言われることもありますが月に1回しか耳型採取を行わない店と月に30回行う店では経験数と技術に差が出てくることは当然です。
補聴器専門店は、専門店ですので補聴器以外のお客様は来店しませんから兼業店と違い高い専門性と経験があることがわかります。

目立たない小型補聴器

耳穴式補聴器は耳穴に挿入して使用しますので、装着してしまうと耳穴に隠れて周囲から気付かれることはないでしょう。
補聴器を使用していることを知られたくないと思う方が多いようですが、耳穴に装着してしまえば髪の毛で隠すことなくほとんどわからないように馴染んでしまいますよ。
装着した感じは、下記の写真のようになりますね。

注)耳の形や難聴度によってサイズに個体差があります。

補聴器 種類 価格

人気の超小型補聴器の紹介

関東補聴器で人気の目立ちにくい極小耳穴式補聴器を紹介します。

メーカー シーメンスシグニア

商品名  プライマックス2 CIC/CIC312

価格   200,000円

突発的な強大音や金属的な不快音を緩和する抑制機能を搭載。
極小サイズでありながら、音量調整やメモリー切替可能なリモコン操作も可能。
お手持ちのスマートフォンを補聴器調整用のリモコンとして使用することもできる優れもの!

<プライマックス2シリーズ、機能など詳しくはこちら>

目立たない補聴器 超小型 

極小オーダーメイド補聴器は耳型採取が重要のまとめ

目立ちにくい極小のオーダーメイド耳穴式補聴器を作成するためにはあなたの耳型採取を行い、耳穴に合わせて作成することが必要です。
そのため、耳型採取には出来上がりの補聴器の良し悪しを決める要素が含まれています。
完璧な耳型でないと満足のいくオーダーメイド補聴器を作成することは不可能です。
きちんとした耳型を採取するためには、豊富な経験・確かな技術・しっかりとした知識が必要ですので、信頼のおける補聴器専門店で耳型採取を行うことを強くおすすめいたします。

 

関東補聴器は補聴器のみならずオーダーメイドイヤホンのイヤモニターの耳型採取も行います。
全スタッフが研修制度をクリアし、社内トレーニングを行っておりますので安心です。
創業30年以上補聴器専門店としての歴史を背負い研鑽を積んでおります。
気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

 

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない