補聴器と集音器の違い

よく補聴器と集音器の違いってなに?と聞かれたりします。
見た目も同じようなのでわからない人も多いと思いますが、簡単に言うと読んで字の如く、補聴器は聴こえを補助する機器で、集音器は音を集める機器となります。
しかし実際は似ているようで全くの別ものになります。

roujin_ninchisyou_man

補聴器と集音器

ちょっと難しくなりますが、補聴器は厚生労働省から医療機器と認定されたもので、
薬事法で定められた管理医療機器と言う分類のもので、効果や安全性など一定の基準をクリアしたものになります。
聞こえづらいと言っても耳の検査をすると、聴こえの度合や人によって低い音が聞きづらい人や高い音が聞きづらい人、また聞きづらくなった原因などさまざまなんですよね。
補聴器は使う人1人1人の聴力や使用環境などに合わせて音量や出力、さまざまな音質の調整をしていきます。

一方の集音器は医療機器ではありませんし、ボリュームで音量の上げ下げが出来る程度のものだったりしますので、形は似ていても全くの別ものなんですよ。

集音器のリスク

間違った使い方や必要以上に大きな音が出ていたりすると余計耳を痛めたりすることもありますので、集音器ではなく補聴器を付けることをお勧めします。

コメントを残す