中古の補聴器の調整や修理について

中古補聴器 調整 修理

中古補聴器 調整 修理

中古の補聴器は調整や修理ができない可能性もあります。調整や修理ができない補聴器はとても危険ですから中古の補聴器を使用するのは難しいことをご理解ください。
ネットなどで購入を検討している方は、まず補聴器専門店に相談してからにしましょう。

補聴器は調整しないと使用できない

中古補聴器 調整 修理補聴器は使用する方の聴力の状態に調整を合わせなければ使えません。軽い難聴の方に大きすぎる音量調整ではうるさくてかえって耳を傷めます。逆にかなり難聴の方に軽度難聴用の補聴器をしても音量が少なすぎて聞こえてきませんからね。

 

中古の補聴器は調整ができないかも

中古補聴器 調整 修理現在の補聴器はデジタル補聴器になっています。

コンピューターと補聴器を接続して細かく調整を合わせていく品がほとんどです。

デジタル補聴器を調整するため必要なもの

 製造メーカーの調整専用ソフト
 補聴器とパソコンを接続する専用機器
 補聴器を調整するための聴力図
 音合わせや調整に必要な知識・技術
製造メーカーの調整専用ソフト

補聴器を調整するためには、その補聴器の製造メーカーから提供されている専用ソフトが必要になります。メーカーによって全て違いますので各々のメーカーのソフトがないといけません。
また、ソフトにもバージョンがありますのでその補聴器にあったバージョンのソフトでなければダメですね。

補聴器とパソコンを接続する専用機器

補聴器とパソコンを接続するために専用のコードや専用のワイヤレス接続器が必要です。ソフト同様、専用の接続コードや専用機器でないと接続できません。接続できなければ調整はできないことになります。

補聴器を調整するための聴力図

そもそも使用する方の聴力がわからなければ調整はもちろん補聴器を合わせることはできません。補聴器専門店で補聴器を調整するための聴力測定を行い、測定結果に基づいてコンピューターを使って調整していきます。

音合わせや調整に必要な知識・技術

最も重要なのが調整のための知識・技術です。上記3つが揃っていても調整する補聴器技能者の知識や技術がない場合はしっかりとした調整をすることができませんので豊富な知識と確かな技術がある補聴器専門店を選びましょう。

中古補聴器の修理について

中古補聴器 調整 修理補聴器は医療機器の中の管理医療機器に分類されており薬事法という法律の下管理されています。
補聴器メーカーでの部品の保持義務は販売終了後6年間となっています。よって販売終了後6年以上経過している補聴器は故障の際、部品がなく修理できない可能性があります。
なので、中古補聴器は手にしても不具合が出てた場合、修理ができないことが多々ありますから注意が必要です。

補聴器は対面販売が絶対条件

中古補聴器 調整 修理中古の補聴器をネットなどで購入するのはとても危険です。
必ず、補聴器専門店に相談し誤解のない様しっかり説明を聞いて自分に合った補聴器を使用しましょう。
中古品は安いと思っている方もいますが補聴器専門店で相談すればもっと安価で新品の補聴器が手に入るかもしれません。しかもしっかり調整もしてくれ、その後のアフターメンテナンスも行ってくれるでしょう。

関東補聴では各種メーカーの補聴器を多数取り揃えています。
価格・デザイン・機能など何でもご相談ください。
全店に在籍している「認定補聴器技能者」をはじめ補聴器専門アドバイザーがお応えいたします。

*関東補聴器の問い合わせはこちら

中古補聴器 調整 修理

コメントを残す