関東補聴器館山店より補聴器修理の原因報告

補聴器 館山 故障修理

補聴器 館山 故障修理

関東補聴器 館山店より補聴器の故障修理の原因報告がありましたので公開いたします。
皆さまも補聴器の取り扱いで注意しなければならないことですので細かく説明いたします。

補聴器の故障原因はいろいろあります

補聴器も使用上の注意を怠ると故障することがあります。もちろん故障した場合は補聴器専門店にお持ちいただければメーカーで修理品として修理してもらうことができますので安心してください。

 ・汗や水分、汚れによる故障
 ・電池交換時の扱い方による故障
 ・落下など衝撃による故障
 ・年数経過による劣化など自然故障

上記はほんの一部ですが、故障には多種多様な原因があります。

故障防止のために定期点検

故障防止のためにも、補聴器専門店で定期的にメンテナンスや点検を受けることをおすすめします。

補聴器 館山 故障修理

関東補聴器 館山店の故障原因

電池交換時の取り扱いによる故障

電池を交換する際は、電池の表と裏をよく確認し逆向きにならないようによく注意して交換してください。
また、電池は補聴器本体の電池ケース(電池ホルダー:受け)にしっかりとセットしてから閉めるようにしてください。
電池が表と裏、逆向きだったり、しっかり電池ホルダーに収まっていないのに無理やり閉めたりすると故障する恐れがあります。

電池ホルダーにきちんと電池を装着

写真の通り電池ホルダーにしっかり、きちんと表裏を合わせてセットしてから閉めます。

補聴器 館山 故障修理

間違って補聴器本体に電池をねじ込む

写真の通り電池ホルダーではなく、補聴器本体に電池をねじ込んでしまいそのまま電池ホルダーをギュッと閉めてしまうと故障してしまう可能性があります。

補聴器 館山 故障修理

間違っているのに電池ホルダーを閉めた結果

間違っているのに電池ホルダーを閉めてしまった結果、電池ホルダーの一部が破損してしまいました。もう一度、やり直してみても破損した部分が引っかかり電池ホルダーはしっかり閉まらなくなりスイッチが入りません。

補聴器 館山 故障修理

メーカーで破損した電池ホルダーを交換してもらうために数日間預かることとなってしまいました。

まとめ

電池交換時の注意点

 電池は表と裏、逆向きにならないよう確認してください。
 電池ホルダーに向きを合わせて確実にセットしてください。
 閉める時は必要以上に強い力で閉めないでください。

注意をしていても間違えてしまったり、よく見えなかったりと失敗することもありますので補聴器の不具合を感じたら関東補聴器 各店にご連絡ください。

*関東補聴器 各店はこちら

安心してください。関東補聴器では安心サポート宣言の精神のもと皆さまの補聴器生活をお手伝いします。

補聴器 館山 故障修理

コメントを残す