補聴器を購入する際には耳鼻科に行くべきか

耳鼻咽喉羽化補聴器をご検討されている方は耳鼻科への受診をお勧めいたします。
聴力低下や聞きづらさを感じて補聴器を検討しているのであれば聞きづらくなった原因を調べる必要があります。
医学的に治療をすれば改善するものであれば補聴器を付ける必要がありませんので耳鼻科で対応しましょう。

補聴器を作成する際に、禁忌8項目の厳守規定があります。
その8項目に該当する方は耳鼻科の診断を受けたからの作成になります。
もちろん補聴器専門店で耳鼻科の紹介を実施していますので、補聴器が初めての方はご来店頂きご説明いたします。
お客様より『耳鼻咽喉科に受診すると補聴器外来に回される。病院と提携している補聴器屋さんで購入しなくてはいけないのか?』等の質問をされます。
あくまでも補聴器外来は耳鼻科と提携している補聴器販売店が入っているので、必ずそこで購入しなくてはいけないなんてことはありません。
補聴器は音の調整やメンテナンスが非常に大切なので、自分の行きやすい場所にあるということが一番大事です。
もちろん補聴器の知識や技術があるところ限定ですよ。補聴器を購入するとき
購入したいと考える店があるのであれば『私は近くの○○で購入します』と一言あれば問題ありませんよ。
耳鼻科の先生も補聴器を付けて満足して頂けるようになれば幸いと考えておりますので自分の所で買いなさいとは言わないですから安心して下さい。

補聴器をご検討されている方は耳鼻科への受診をお勧めいたします。

 

コメントを残す