補聴器の価格の違いとは

なぜ補聴器の価格は違うのか補聴器の価格の違いは性能の違いや機能の違いにより低価格帯から高性能まであります。
また、補聴器メーカーによっても音質の違いや特色があるんですよ!!

補聴器と呼ばれる製品は安価なもので4万程度、高価なもので50円程度まで幅広くあります。
耳穴式なのか耳かけ式なのかによっても価格の差はあります。
ここで気になるのが『なんでこんなに価格の差があるのか』それは性能比よって違いが出てきます。

性能というのはガーガーピーピーするような雑音等を製品の機能によって抑制する有無や度合いが違うことも製品価格の差別化になっています。
また価格の違いは性能だけではなく、音の調整幅と呼ばれる音の調整をどれだけ細かく出来るかも価格の違いで大きく変わります。

例えば、テレビの画質も同じことが言えます。
画質が粗いテレビは見えるけれども粗さゆえに見づらいが、画質の良い4kテレビは画質もきれいで見ていても疲れませんよね。

補聴器はこの音のきめ細やかさや聞きやすくするための機能が多ければ多いほど価格も高額になっていきます。
大前提として、音を合わせる販売店側の合わせる技術・知識がなければいくら高価なものを買っても宝の持ち腐れになってしまいますよね。

一番良い選択としては腕の良い販売店でよい補聴器を使用するのが一番良い方法であるとおもいます。
人によって良い補聴器イコール最高級の補聴器とはなりませんが、自分に必要な音作りが出来る機種は何なのかそれはいったいどの程度の価格なのかをよく見極めて購入するとより安心だと思います。

補聴器の価格に違いを体験し自分自身で納得したうえで補聴器選びをすることをお勧めいたします。

コメントを残す