補聴器のレンタルでお試し検討の方への注意点

補聴器 レンタル 貸出し お試し

補聴器 レンタル 貸出し お試し
補聴器購入前にレンタルして、きこえをお試ししてみたいと思っている方に落とし穴があります。

注意点をアドバイスさせていただきます。

補聴器購入後に失敗したくない

補聴器を購入したが、きこえ方が満足できなかったり、雑音ばかりで失敗したなんてことになってはいけません。補聴器 レンタル 貸出し
そのために購入前にレンタルしてお試し後、購入しようと考える方がいても不思議ではありませんね。

*補聴器の貸出しについてはこちら

補聴器のレンタルには落とし穴があるときも

補聴器レンタルしてすべての方が高評価になることは難しいかもしれません。
なかなか、その理由を突き詰めて考え、説明することがないことは、補聴器専門店としては問題です。

その原因がいくつか考えられますので詳しく説明していきましょう。

こんな落とし穴が

 ・ほとんどの補聴器は耳型に合わせる必要がある
 ・初心者は装着・操作がうまくできず自宅で効果を実感できない
 ・補聴器の音に慣れ、音量アップや微調整が必要である
 ・補聴器はいろいろな要素をトレーニングしながら使いこなす

ほとんどの補聴器は耳型に合わせる事が必要

耳の穴は個人個人大きさが違っていたり、向きが違っています。また、耳の穴が曲がっている方がほとんどですので、既製品のゴム耳栓や既製品の補聴器本体が耳の穴に合う確率は極めて低いのです。
高齢者の耳の穴は、肌の張りが少なくなってきてシワ寄ってきている方が多いので、なおさらうまく耳穴に入れられずレンタルした補聴器の効果を実感できない方がいます。

*ゴム耳栓のリスクについてはこちら

初心者は装着・操作がうまくできず自宅で効果を実感できない

補聴器レンタル貸出しお試し特に初心者の方は、スイッチのON/OFFはもちろん、耳に装着することもできていないためスイッチがOFFのまま装着していたり、スイッチがONでもしっかり装着できていないため補聴器が機能していないことが多数ある。

 

補聴器の音に慣れ、音量アップや微調整が必要である

補聴器の音に慣れていないため、わずかな音でも敏感に感じたり、不快に思うこともあります。補聴器レンタル貸出しお試し

それを防ぐため音量も少々抑えてレンタルしますので、十分な音量を得られないこともあります。本来は、慣れてきたら少しずつ目標としている音量にアップしていく微調整が必要なのです。

 

補聴器はいろいろな要素をトレーニングしながら使いこなせるもの

補聴器レンタル貸出しお試し

補聴器の操作、耳への完全な装着、適切な音量、気になる騒音や不快音の調整などなど段階を踏んで少しづつ、一歩一歩階段を上がるように補聴器を自分のものにしていかなければ快適に使用することは難しいのです。

レンタル補聴器は、十分な設定・調整ではない

補聴器レンタル貸出しお試し上記に記したとおりあなたの耳の状態にしっかり合わせるためには、わずかなお試しでは少々無理があるかもしれませんね。
仮の状態、調整、設定ではレンタルしても「これは良い!」と実感できないこともありますよね。

信頼のおける補聴器専門店と一緒に補聴器ライフを

補聴器レンタル貸出しお試し

補聴器専門店で各種測定をし、調整を合わせてもらった補聴器を試聴し良好な場合は、耳型を合わせたり、慣れてきてからもっと微調整してもらえば、さらにきこえも満足いくものになることでしょう。

*オーダーメイド補聴器についてはこちら

補聴器レンタルのまとめ

補聴器とは、少し試しただけでは、うまくいかない落とし穴があることを理解した上でレンタルしないと、すべての方が高評価になるとはいえません。
そのため、補聴器レンタルをした場合は、2~3日に1度は補聴器店に行き、装着の確認や微調整をしてもらいながら2週間程度、様子を見てみるのがいいでしょう。
1日2日で判断するのは難しいでしょうね。

*関東補聴器のお問い合わせはこちら

コメントを残す