シーメンスシグニア補聴器クールのメリットをご紹介

クール見た目

クール見た目

補聴器は様々なタイプがありますが、シーメンスシグニア補聴器が発売しているクールという補聴器のメリットとしては、従来のタイプに比べ音声のこもり感や耳への圧迫感が少なく取り外しも簡単。デザインも個性的な、あえて見せるタイプの補聴器ですのでご紹介します。

クールの特徴

難聴になり初めて補聴器をお使いになる場合、今までなにも入っていなかった耳に物を入れるわけですので、人によっては異物感や補聴器から聞こえる音声に強い違和感を感じる方もいらっしゃいます。そのような方向けに開発された補聴器がCOOL<クール>です。斬新なデザインで耳穴式補聴器の新しいカタチとして人気があります。そして購入者の5人に1人が50歳代以下という若い世代の方からも支持されています。

COOL

ワンタッチで耳への装用が簡単

小さすぎずつかみやすい形状になっているので、手先がうまく動かせない方でも耳への出し入れがしやすい。

こもり感・圧迫感が少ない

耳の奥まで入らない構造なので、音声がこもったり異物が入っている違和感が少ない。また不快な蒸れが軽減し耳がかゆくなりにくい。クール

風切り音防止

補聴器についたマイクを耳のくぼみに隠した設計なので風が吹く音が気にならない。

適応聴力

軽度難聴~中度難聴のお耳をサポートします。聴力測定をしたときに、下図の水色と青色の範囲にグラフがきていれば適応範囲となります。クール適応聴力

豊富なカラーバリエーション

 耳の中に入る部分。装用中は外から見えません。

クールカラー
 外から見える部分。3色あります。

フェースプレートカラー

お好きな  を組み合わせて作成します

幅広い価格設定
Insioprimax7COOL-COOL13    \510000   48チャンネル

Insioprimax5COOL-COOL13    \360000   32チャンネル

Insioprimax3COOL-COOL13    \270000   24チャンネル

Orion2COOL-COOL13       \160000   16チャンネル

Sirion2COOL-COOL13       \120000   16チャンネル

チャンネルとは性能の違いのひとつを表しています。大きく5段階に分けて価格設定がされています。

<Insioprimaxシリーズの性能についてはこちら>

 

アニメクール

体験談

千葉市にお住まいの48歳女性のお客様が実際にクールをお使いになってみた感想です

気に入っています
以前耳鼻科にてカナルサイズの補聴器をすすめられ使用していましたが、自分のしゃべる声が響いたり、耳に密着している感じが不快でした。それに比べクールは音のこもり感が圧倒的に少なく着け心地に満足しています。また風の強い日に補聴器をつけて外を歩いても風の音があまり気にならなくなりました。補聴器に見えないデザインも気に入っています。

 

長さ比較48歳

たくさんのメリット

クールの特徴としては

 音のこもり感・異物感・圧迫感が少ない
 耳への着け外しが簡単
 風切り音が少ない
 見た目がカッコいい
 通気がよく蒸れないのでかゆくなりにくい

などたくさんのメリットがあります。ただし高度難聴・重度難聴の方には音量不足やハウリングの問題がありますので残念ですが使用は難しいと思います。

COOLあります

関東補聴器ではシーメンスシグニア補聴器のCOOLを取り扱っています。初めて補聴器を使う方、補聴器装用時に自分の声がこもってお悩みの方、おしゃれな耳穴式補聴器をお探しの方などにおすすめの商品です。ご購入を検討されている方や、興味をお持ちの方はお気軽に当社までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちら>

お任せください