災害に備える ~難聴の方とその家族の方のための防災のヒント~

災害備え 補聴器

災害備え 補聴器

 

この度の西日本豪雨により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復旧と皆さまの健康を心よりお祈り申し上げます。

 

関東補聴器 スタッフ一同

 

災害は誰にでも遭遇する可能性があり、それは本当に突然やってきます。時として私たちの想像をはるかに超える力で、私たちの暮らしを脅かし、平穏な日々を奪ってしまうこともあります。

そんな「もしも」に備え、耳の不自由な方とその家族の方に、ぜひ知っておいてほしい防災のヒントを補聴器店の視点からお届けします。

「もしも」のときに聞こえてないと、どんなことに困るのか

もし実際に大規模な災害が起きたとき、聞こえていないと以下のような問題が考えられます。

●警報音や避難指示が聞こえず、災害の状況や避難場所についての情報が得られないため逃げ遅れてしまう。

●離れた場所にいる家族などと連絡を取り合うのが難しくなる

●避難所での大切な案内や災害の被害状況などの情報が得られない(避難所での放送や呼びかけなどが聞こえず、食事の配給などの援助がなかなか受けられないなど。)

●周囲とのコミュニケーションがうまく取れない。

●補聴器や人口内耳などに使用する電池の入手が困難になる。

災害に備える

補聴器や人口内耳を使っている方をはじめ難聴のある方は、いざというときのために、非常用持ち出し袋の中に以下のものを追加していただくことをおすすめします。

 補聴器・人口内耳などの電池

災害備え 補聴器 

 バッテリーや充電器、使用可能な古い補聴器

災害備え 補聴器災害備え 補聴器

充電式補聴器Cellionの充電器は、コネクターの形状が合うものであればスマホ用充電器で対応できますが、あくまでも緊急時の一時的な対処法ですので、長期間の使用はおすすめできません。

 

 聴器の簡易型乾燥ケース

災害備え 補聴器

 補聴器脱落防止ストラップ

災害備え 補聴器

 電話お願い手帳

耳の不自由な方のコミュニケーション支援としてNTT東日本・NTT西日本が発行しており、各支店のお客様窓口や地方自治体や福祉団体で配布されています。災害備え 補聴器

 

 障害手帳やお薬手帳
 筆記用具やメモ用紙、ホワイトボードなど。
 助けを呼ぶための笛やブザーなど。

普段からの備え

自分でできる準備
 補聴器やスマートフォンなど情報を得るために必要なものは、いざというときにすぐ持ち出せるように常に身近な場所において置くようにしましょう。(保管場所は家族にも伝えておきましょう
 非常用持ち出し袋を用意しておきましょう。
 避難時に支援が必要な場合は、住んでいる地域の自治体が作成する「災害時要支援者名簿登録制度」登録をしておきましょう。
 支援を受ける際に配慮してほしいことを書いた「ヘルプカード」を作成しておくと良いでしょう。
 日頃から地域の防災訓練などに参加しましょう。
周囲の人と相談しておくこと
 避難を呼びかける指示、警報、サイレンがあった場合は、個別に知らせてもらえるよう近所や周囲の人にお願いしておきましょう。
 補聴器や人口内耳が壊れてしまったとき、情報伝達・取得をどうすれば良いか、周囲とあらかじめ相談し決めておきましょう。
 家族と話し合って、災害が起きたときの連絡手段や集合場所などを決めておきましょう。

まとめ

難聴の程度や状況は様々なため、災害などの非常時にどんなことが不自由なのか、またどんなサポートを必要としているのかなどは、他人もそうですが家族であってもなかなか伝わりにくかったりするものです。「もしも」のときに備え、事前の準備とともに日頃から家族で話し合っておくこと、また近所や周囲の方にも状況を伝えておくなど、コミュニケーションをとることを心がけましょう。

 

 

補聴器・付属品やアクセサリーなど、補聴器のご相談はお近くの関東補聴器へ

災害備え 補聴器