片耳が聞こえない方にクロス補聴器の値段【価格や特徴を大公開!】

片耳難聴 クロス補聴器 価格

片耳難聴 クロス補聴器 価格

片耳難聴の方に有効な補聴器のことをクロス補聴器といいます。
通常の補聴器と違い片耳難聴専用に開発されていますので、片耳難聴でお悩みの方はあきらめずにぜひお試しください。
今まで片耳難聴でも補聴器の効果がなくあきらめていた方も多いかもしれませんが、デジタル技術と通信技術の進歩で素晴らしいクロス補聴器が開発されました。
価格や特徴について解説いたします。

片耳が聞こえない

片耳難聴の方は、加齢性の難聴と違い何か大きな原因があるはずです。

 おたふく風邪ウイルスによるムンプス難聴
 事故や怪我や治療による後遺症
 先天性による片耳失聴
 強大音(爆音)のダメージによる音響外傷
 原因不明の突発性難聴

このほかにも何かしらの原因がありますので医療機関で診断してもらうことが重要です。

補聴器の効果がない難聴

完全に聴力を失ってしまうことを「失聴」といいます。
聴力を失ってしまうと補聴器をつけても耳は全く反応しませんから効果はありません。
わずかに残った聴力でも特定の周波数のみ反応する場合や音感が全くおかしくなってしまった場合は補聴器の効果は期待できないのであきらめて、残った片耳で不自由をしながら生活されている方がいるのも事実ですよね。

残った片耳を活用するクロス補聴器

聞こえている良聴耳に難聴耳側の音を転送して、ひとつの耳で補っていこうと考えられて開発されたのがクロス補聴器です。
難聴耳側の音声を拾うことができるので今までと違う音環境に驚かれることでしょう。

クロス補聴器の仕組み

難聴耳側にクロス送信機といわれている「高感度集音マイク」を装着します。見た目は補聴器と同様です。
このクロス送信機で音を拾います。
反対側の良聴耳に受信補聴器を装着します。
クロス送信機で集音した音をワイヤレスで受信補聴器に送信して聞き取る仕組みです。
受信補聴器は、耳穴を塞がないオープンタイプですので良聴耳の聞こえは邪魔しません。

片耳難聴 クロス補聴器 ムンプス難聴

クロス補聴器の特徴

クロス補聴器の特徴を挙げてみましょう。

 難聴側の音が聞こえるので広がりを感じる
 難聴側からの呼びかけや聞き返しが減る
 聞こうとするストレスから開放され楽
 機器自体が極小のため周囲に気付かれない
 ワイヤレス通信のため電池消耗が早い
 送信受信補聴器セットのため出費がある
 良聴耳にも装着するので面倒

良い面と悪い面の特徴を挙げてみました。

このような特徴がありますが、難聴耳側の聞こえが得られるということは今までにない感動があるはずです。
ご使用者の方々は、みなさんクロス補聴器を体験すると感動するようです。そんな場面を何度も見てきました。

クロス補聴器の価格

クロス補聴器もメーカー各社いくつか発売していますが関東補聴器で好評のクロス補聴器を紹介します。
価格・性能・使用感など高評価をいただいております。

メーカー フォナック
商品名  フォナッククロスⅡ-13
価格   90,000円

上記はクロス送信機の価格だけですので受信側の補聴器の価格もプラスされます。

片耳難聴 クロス補聴器 価格

受信側補聴器 フォナックオーデオV30
受信側価格  150,000円

片耳難聴 クロス補聴器 価格

 

送信機 90,000円 + 受信補聴器 150,000円 = 240,000円

関東補聴器で好評を頂いている補聴器の価格を含めた紹介でしたが、上記以外にも各メーカーにもクロス補聴器の用意がありますので価格を含め気軽にお問い合わせください。

片耳難聴用クロス補聴器のまとめ

片耳難聴度であきらめていた方もクロス補聴器をお試しください。
最新の技術開発のおかげで素晴らしい片耳難聴用のクロス補聴器が登場しました。
片耳難聴でお悩みの方の強い味方になってくれること間違いなしです。

関東補聴器ではクロス補聴器の体験レンタルも受付けていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

聴覚障害2級 仕事 目立たない補聴器