片耳が聞こえない方の補聴器はお試し可能です【試して体感!】

片耳難聴 クロス補聴器 お試しレンタル

片耳難聴 クロス補聴器 お試しレンタル

片耳が聞こえない方専用は、クロス補聴器と呼ばれます。一度、ご自身の耳でお試しになって効果を確かめてから購入を検討してください。
職場や学校など、片耳難聴によりお困りの場面で試してみることで不便が解決できることを体験してください。
クロス補聴器を試してみることで、今まであきらめていたことが解決できるかもしれませんよ。

片耳補聴器を使用するタイミング

片耳難聴の場合、反対の耳はきちんと聞こえているので日常生活でいつもいつも困るというわけではありませんが、必ず不便を感じる場面があるはずです。

 周囲がざわついていると良く聞き取れない
 難聴耳側からの呼びかけに気付かない
 仕事上小声や突発的な指示が聞き取れない
 体をよじってよい耳を前に出すので嫌がられる

このようなことがある方はクロス補聴器をするタイミングですよね。

クロス補聴器の仕組み

クロス補聴器の仕組みは、難聴耳にクロス送信機という集音マイクをつけて難聴側の音を集音し、反対側にある良聴耳につけた補聴器に音声を電波で瞬時に送信し聞きとる方法です。

わかりやすくイラストにしてありますので下記をご覧ください。

片耳難聴 クロス補聴器

 

まずは難聴の程度を把握しましょう

まずは、難聴がどの程度になっているのか把握することが重要です。
医療機関で診察してもらうことはもちろん、補聴器専門店でも補聴器フィッティング(調整)のため聞こえの測定を行います。
測定の結果に基づき補聴器フィッティング(調整)を行い、お試し試聴体験へと移ります。

<初めての方は詳しく解説こちら>

片耳難聴の程度で補聴器を選ぶ

片耳難聴の程度によりクロス補聴器なのか通常補聴器なのか補聴器の選択が変わってきます。
難聴の程度が軽い場合は、難聴耳に通常補聴器を装用することで効果が出る可能性もあります。
難聴の程度も軽度難聴から重度難聴まで様々ですので、どの補聴器でもいいというわけではありませんから信頼のおける補聴器専門店で相談してください。

通常HA クロスHA

片耳難聴の補聴器選び注意点

測定結果に基づいて最適な補聴器フィッティング(調整)を施した補聴器を実際に試聴体験することが重要です。
クロス補聴器を装用して職場や家庭などでどのように音環境が変化するのかしっかり体感していただきます。
音の調整やフィット感の調整など細かくフィッティング(調整)していくことが大切になりますので、技術・知識・経験が十分な補聴器専門店を選びましょうね。

クロス補聴器商品紹介

関東補聴器でご好評いただいているクロス補聴器を価格も含めて紹介いたします。

商品名 フォナッククロスB-13
メーカー フォナック
価格 95,000円

片耳難聴 クロス補聴器

こちらに紹介しているのは、クロス補聴器の送信機にあたる部分ですので、このクロス送信機とセットで受信側の補聴器もセット購入する必要があります。

受信側の補聴器は、それぞれ対応になっている機種を性能や価格で自由に組み合わせることができますが、関東補聴器で好評の受信側の補聴器とのセットですとこのようになります。

送信側送信機 + 受信側補聴器 = セット価格合計

受信側の補聴器に最適なのがビロングシリーズのB30-Pがおすすめです。

商品名 B-30-P
価格 180,000円

片耳難聴 クロス補聴器上記のセット価格に当てはめて実際の商品を計算してみますと

フォナッククロスB-13(95,000円)B30-P(180,000円)

     セット価格合計(275,000円)

 

関東補聴器では、片耳難聴に有効なクロス補聴器のお試しレンタルサービスを行っています。
クロス補聴器を装用して職場や家庭でお試しできます。
2週間無料でレンタルサービスできます!

クロス補聴器は、数に限りがありますので予約が必要になります。
片耳難聴でお悩みの方は、お試しレンタルサービスでクロス補聴器を体験してみてください。

<お問い合わせはこちら>

補聴器 両耳 片耳 おすすめ