補聴器 選び方 デジタル

 

補聴器選び補聴器の選び方のポイントは2つ。
きこえが悪い耳を補助するものですから使用者の耳に「合っている」ことが第一条件ですよね。
使用者の聴力レベルにあった補聴器であることが第一のポイントになります。
聴力レベルが悪い方に軽い人用の補聴器を使用しても満足にきこえません。
反対に聴力低下が軽い人に悪い人用の強力な補聴器をつけたらガンガンして使っていられませんよね。

第2のポイントとして耳の形に補聴器の形状が合っていることです。
また耳の穴の形も人それぞれ違いがあり、大きかったり小さかったり、上を向いていたり下を向いていたりと一人ひとり違いがあります。

この二つがあっていることが絶対条件といっても良いと考えています。
どちらかひとつでも合致しない場合は「合っている」とは言えません。ここで言う「合っている」というのはこの二つの条件が満たされていることを指します。

シーメンス補聴器買い物をするときには品物によっていろいろな選び方があると思います。価格や性能、デザインや使いやすさ、また簡単な使い方か高機能高性能などなど、いろいろな判断基準があります。
では補聴器の選び方はどうでしょうか?
そのためには専門の補聴器アドバイザーに相談して、聴力を測定し、耳の形状をよく見てもらい使用者の耳に「合わせる」ことが大事です。
自分では耳の穴を見ることはできませんし、聴力を測定することもできませんので通信販売などの簡易補聴器では「合わせる」ということは不可能です。
ですので、補聴器選びは対面販売が欠かせません。

自分にとって使いやすい補聴器を選ぶことも大切なポイントです。
操作や調整、消耗部品の交換など自分で細かくやりたい方は、操作等を行うことができる機種を選択することが良いですね。
しかし、現実には使用者の方は操作や調整がうまくできない、もしくは面倒なのでやりたくないという方が多いので、そんな時は簡単で面倒の少ないオートマチックタイプの補聴器が良いかと思います。
現在はオートマチックタイプを選択される方が多数なんですよね。

補聴器選択の大きな違いは耳の穴にすっぽり入れてしまう耳あな式。耳の上に引っ掛けて使用する耳掛式。ポケットラジオのようにポケットに入れてイヤホンだけ耳にいれ、コードがつながっているポケット式。このような形状から自分にとって使いやすい形状のものを選択します。

その次に、どのような機能が必要なのかを絞らなければなりません。
現在のデジタル補聴器には、さまざまなデジタル機能が搭載されている為、使用者がどのようなところで聞き取りに不便を感じているかによって必要な機能も違ってきます。
不便を感じている場面やどのような使用を希望しているかを補聴器アドバイザーに相談し、専門の知識の中から問題解決に役立つ機能を搭載している補聴器を紹介してもらうことが大切です。
必要のない機能がたくさん組み込まれた補聴器を購入しても「宝の持ち腐れ」になってしまいますので理解と納得をしたうえで選択する事が重要ですね。

最近では補聴器のデザインも多彩になっており、アクセサリーのように見せるようなデザイン重視の補聴器、鮮やかなカラーが美しい補聴器、奇抜なデザインが機能をも兼ねている補聴器、など多種多様ですのでオシャレを楽しみながら自分の個性を出し、自分だけのオリジナル補聴器を選ぶことも出来るんですよ。

そして、どんな品物選びにも大きなウエイトを占めるのが価格ですよね。
低価格のものは機能的に低レベルになってしまいますので不満が生じた時に不満を十分に解決できずに我慢して使用していかなければなりません。
なぜこの価格なのかの説明をしっかりと理解し予算内であきらめなければならない機能やデザインがあるかもしれませんが使用していくにあたって問題解決に必要な機能や形状などしっかり補聴器アドバイザーと相談し合って価格にも納得ができるものにしましょう。

コメントを残す