老人性難聴で補聴器購入する場合なにか補助はありますか

老人性

老人性

年齢を重ねると音が聞こえづらくなる、いわゆる老人性難聴といわれた場合に補聴器の購入を検討されると思います。そのとき利用できる補助制度として、障がい者の方を対象とした補聴器の補助金制度というものがあります。

補助金制度とは

聴覚の障がい者手帳をお持ちの方を対象に、補聴器購入の際に各自治体より助成を受けることができる制度です。国の定めた障害者総合支援法により補聴器購入基準価格というものが決まっていますのでこれに基づいて支給されます。また、所得の状態にもよりますが、基本的に自己負担金として1割支払う決まりになっています。

補聴器購入基準価格

高度難聴用ポケット型    34200円

高度難聴用耳かけ型     43900円

重度難聴用ポケット型    55800円

重度難聴用耳かけ型     67300円

※一部省略

支給までの流れ

では、実際にどのような流れで支給されるのでしょうか。これは各自治体により多少方法が異なります。申請時に確認をしてください。ここでは、千葉県館山市を例にとって大まかな流れをご説明していきますね。

 

 千葉県館山市の場合
   役場の福祉課へ行き、補聴器支給の申請をします。

後日、判定会というものに行かなければいけませんので、その日にちを決めます。このとき、どこの補聴器店に来てもらうかをご自分で選択します。なるべく補聴器専門店を選ぶと良いと思います。

   市内のIクリニックにて行われる判定会にいきます。

交付を決定する判定員、福祉課の担当者、補聴器店員が立会い、補聴器の使い方等の指導をうけます。ほとんどの場合、その日から支給されますが、支給される補聴器はあらかじめ決められているのでご自分で好きな機種は選べません。基本的にはポケット型補聴器か、耳かけ型補聴器を片耳のみでの支給となります。  

   後日役場より自己負担金についての通知が来ます。

補聴器店へ行き、自己負担金を支払い、役場へ提出する補装具費支給券という書類に捺印をします。

以上で手続き完了です。

自治体によっては判定会がなく、直接補聴器店へ行くところもあるようですので、福祉課などで確認をしてください。また、障がい者手帳をお持ちでない方は、医師による診察等を受け、まずは障がい者手帳交付の手続きをしないといけません。支給までには高齢者の方にとっては長い道のりとなります。

健康保険・医療費控除について

基本的に老人性難聴の方には健康保険は使えず、医療費控除の対象にもなりませんそれらの対象となる場合は、「医師による治療等の過程で直接必要とされて購入した補聴器の購入」であることとあります。つまり、何らかの病気を治すために補聴器が必要だと医師が判断したときに限り保険や医療費控除が使えますですから病院の耳鼻科をとおして補聴器を購入しても健康保険で安く手に入るわけではありません。

介護保険は使えますか

現在は残念ながら適応外ですので介護保険は使えません。

だめ

医療保険はおりますか

公的な制度ではありませんが、一般的に発売されている医療保険にも今のところ補聴器購入に利用できる保険はないようです。しかし、介護施設などで、すでに使用していた補聴器を職員の方が壊してしまったり紛失してしまったときは、その施設が加入している賠償責任保険などで弁償してもらえることもあるようです。

現在の制度

今のところ障がい者手帳を持っていない方にはこれといった保険や助成金の制度はありません。※18歳未満の児童には助成制度あり
イギリスやスウェーデンなどでは福祉制度や公的助成が手厚く、補聴器を装用している方の割合は日本の3倍~4倍も多くいらっしゃるそうです。

日本でも助成制度がさらに広がり、補聴器がもっと利用しやすい環境になっていくといいですね

総合支援法委託契約補聴器専門店

関東補聴器は総合支援法委託契約補聴器専門店に指定されています。公的な制度を使って補聴器を購入する場合、各自治体と一緒になり交付のお手伝いをしています。役場へ申請する際には、関東補聴器でと伝えてください。各自治体により申請の進め方が異なりますので、詳しく知りたい方はお近くの関東補聴器へご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちら>