耳掛け式補聴器の突然故障する原因

耳掛け式

耳掛け式

先日、耳掛け式補聴器をご使用中のお客様が、外出中に突然故障してしまったとご来店されました。突然聞こえなくなる原因として一番多いのは、補聴器内部に汗や皮脂汚れ、水分が入り込んでしまう場合です。

補聴器はとてもデリケート

補聴器は肌に密着して使用しますから、汗や皮脂、湿度の影響を大きくうけます。今回のお客様は外出中だったため、汗をかいておられました。その汗がたまたま音の出入口をふさぐ状態で付着してしまい、音が聞こえなくなっていたのです。すぐに専用の機械で汗を取り除き、真空乾燥をしたら元通りの聞こえに戻りましたので一安心です。汗だけでなく、皮脂や耳垢などが入り込んでも突然聞こえなくなることがあるので、気を付けないといけません。ジョギング

冬場によくある場合

寒い冬の日に耳掛け式補聴器が聞こえなくなる原因に、結露によることがあります。補聴器本体と耳栓をつないでいるチューブに結露が起きて水滴がたまり、音がまく伝わらなくなります。この場合もチューブを交換し、乾燥させればすぐに改善することがほとんどです。けつろ

日頃から清潔に

補聴器を汗や水で濡らしたままや、汚れたままにしておくと内部がサビてしまい、それを放置すると部品が腐食して正常に動かなくなります。ここまでいくと完全に故障ということになるので、メーカーへ修理に出さないといけません。

普段から補聴器や耳をきれいにしておくことが大切ですねせっきゃく

聞こえなくなったときは

耳掛け式補聴器は汗や汚れなどの詰まりにより、一時的に聞こえなくなってしまうことが主な原因です。補聴器のクリーニングや乾燥をすることで、すぐに直ることも多いですから、まずは補聴器店でみてもらってくださいね。

予防するには

このようなトラブルを少なくするためには、日頃から補聴器店でメンテナンスを受けてもらうと良いと思います。関東補聴器では定期的なメンテナンスをおすすめしています。いつでも点検・クリーニングを行っていますので是非ご来店くださいね。お店まで来られない方は、ご自宅への訪問もしていますのでご利用ください。

<出張訪問サービスの問い合わせはこちら>