補聴器がピーピーと鳴ってしまう

補聴器がピーピーと鳴ってしまう事をハウリングと言います
これは、何らかの原因で補聴器からの音が耳から漏れてしまい、その漏れた音を補聴器が拾って増幅し音を出し、またその音が耳から漏れてを繰り返すとこのピーピー音になります。

     
この音は結構耳ざわりな音で、使用者本人や周りの方も気になってしまいますよね

hotyouki-m

 

ハウリングの原因とは

ハウリングを起こす原因もいろいろあるんですが、いくつか挙げると耳の中の状態(耳垢が耳の中に詰まっている)や、補聴器本体の故障、音の大きさや調整の問題、耳掛形であれば耳型や耳栓の問題、耳穴形であれば型のゆるみなどたくさんハウリングに繋がる原因があります。これは一例でこの他にもいろいろ原因はあるので、チェックしないといけない所はまだまだありますよ。

デジタル補聴器のハウリング抑制機能

補聴器のデジタル技術を駆使してハウリングを抑制する機能が補聴器本体に組み込まれた補聴器も多数あります。

最近の補聴器はハウリングを抑えてくれるハウリング抑制機能が付いているものが増えていますので、昔に比べるとハウリングもしづらくなってはいますが、根本的な原因を解消しなければハウリングが抑まらない場合がたくさんあります。

耳掛式補聴器の耳栓によるピーピー音

市販のゴム耳栓を使用している方は耳の穴の形にぴったり合わず隙間から補聴器の音が外にもれてピーピーすることがあります。

耳の穴にぴったり合っていませんからデジタル機能のハウリング抑制機能を使ってもハウリングを抑えることは難しいでしょう。補聴器 ハウリング

 

耳掛式補聴器のピーピー音抑制の必需品は特注耳栓(イヤモールド)

あなたの耳の型を採って耳型通りに特注で耳栓を作成してぴったり合わせるので隙間があくことも防げ、隙間がない分音量感もばっちりです。

耳から抜けてくることもなく、入れ歯と同じようにぴったりしますので違和感も少なく快適です。

補聴器ハウリング

 

関東補聴器では、自社ラボ(工場)を併設していますので当社オリジナルで特注耳栓(イヤモールド)を作成することができます。専門の技工士が匠の技で作成しています。

オシャレな色をつけたカラーイヤモールドをはじめ、お好みの形に仕上げることができます。価格は1つ10.000円です。

イヤモールドの注文、修正や修理もメーカーに出すことなく、すぐ関東補聴器の自社ラボ(工場)でできますのでスピーディー。

補聴器のハウリングを抑えるには知識と技術・経験が必要

ただ、ハウリングの原因をちゃんと突き止めて対処できるかは残念ながら補聴器を販売しているお店のレベルや対応した販売員のレベルによって違ってしまいます。
私達は補聴器専門店としてお客様に快適に補聴器を使って頂く為に、関東補聴器の各店で経験した症例を社員全員で共有し日々の調整や接客に役立てています。

 

もしご使用中の補聴器がピーピーと鳴ってしまうようでしたら、一度補聴器販売店にご相談してみるのがいいですね。senmonten-m

コメントを残す