補聴器ではテレビが聞こえない方のためにできました!【これで解決】

補聴器では

補聴器では

補聴器をお使いになっている方の中には補聴器をしていてもテレビが聞こえなくて困っているとお聞きすることがあります。その原因としてはテレビそのものの特徴からくるものや、お部屋の反響音、お耳の状態など様々な理由が考えられます。そこで今までの補聴器ではテレビが聞こえない方のためにつくられた新しい補聴器ができましたのでご紹介します。

なぜテレビが聞こえないのか

補聴器をしていると通常の会話はある程度聞こえているのにテレビになるとなにを言っているのかさっぱりわからないということはありませんか?みなさんが口を揃えておっしゃるのはNHKのニュースはよく聞こえるが、ドラマやクイズ番組などは、音は聞こえても言葉がはっきりしないということです。毎日テレビを楽しみにしている高齢者の方はたくさんいらっしゃるかと思います。しかしきちんと補聴器の調整をしてもらっても、残念ながら全ての方がどんな番組でもはっきりと聞こえるようになるわけではありません。それにはいくつかの理由が考えられます。

理由その1 デジタルテレビの特徴によるもの

以前に普及していたアナログブラウン管テレビに比べて、現在のデジタル液晶テレビはとてもきれいな映像になり、音声も迫力や臨場感がありますよね。しかし画面を薄型化したため内蔵スピーカーも小型化されたり、テレビの後ろ側から音声がでるようになっていたりします。健康な耳の人にとっては立体感のある音声として聞こえますが、難聴の方にとってはたいへん音声が聞き取りにくい傾向になってしまいました。

てれび

理由その2 テレビからの距離や反響によるもの

当然のことですが、テレビからの距離が離れるほど聞こえにくくなりますよね。一般的には2~3メートル離れて視聴される方が多いようです。そうするとテレビから発せられた音声と一緒に周りでしている様々な生活音が入り聞きづらくなります。またお部屋のつくりによっては音が反響しやすいこともあり聞きにくくなってしまいます。

理由その3 言葉の聞き取り能力の低下によるもの

ではニュースは聞こえるのにドラマやバラエティ番組はわからないというのはなぜでしょうか。それはお使いになっている方の、音声や言葉を聞き分ける力がどれだけ残っているかに関係があります。音声は耳だけで聞いていると思いがちですが、実は耳は音声を集めることを主な働きとしています。集められた音はその後脳に送られ、脳において言葉を聞き分けたり話しの内容を理解していきます。耳で音を集めただけでは相手がなにを言っているのかはわかりません。脳では一瞬のうちにその音が自分にとって重要な音声なのかそうでないのかを振り分けたり、誰が話しているのか、なんと言っているのか言葉を聞き分けたりしています。しかし年齢を重ねると、個人差はありますが誰しも耳の細胞も脳も老化していきます。するとうまく言葉を聞き分けられなかったりお話しのスピードについていけなくなってしまうのです。

オーティコン
ニュース番組はアナウンサーが正面を向き、ゆっくりはっきりとした話し方をします。また、その他のよけいな音楽などもありませんので、とても聞き取りやすいのです。対してドラマやバラエティ番組などは、俳優さんの話し方もそれぞれ違いますし、1度に複数人が話すこともあります。また効果音なども重ねて流れることもありますよね。そうすると脳でうまく音を分解して聞き分けることができず、補聴器をして十分な音の大きさになっていても音は聞こえるけどなにを言ったかわからないという状態になってしまうのです。

(ニュース番組は・・・)

ニュース番組

アナウンサーはわかりやすいように、ゆっくりはっきりとした話し方を訓練されているので聞き取りやすい

(ニュース以外の番組は・・・)

クイズ

クイズ番組やドラマなどは早口だったり複数の人が話していたり、BGMなども重なり言葉が聞き取りにくい

テレビが聞こえていないと

ご本人からのお悩み

・テレビを観てもなにを言っているのかわからないのでつまらない
・いつも字幕でみている
・テレビのボリュームを上げると家族にうるさいと言われてしまう
・家族がみている音量では聞こえないのでいつもひとりでみている

ご家族からのお悩み

・隣近所までテレビの音が聞こえてしまっている
・テレビの音が大きすぎるので同じ部屋にいると頭や耳がおかしくなりそう
・本人に言ってもボリュームを下げてくれないので耳栓をつけて過ごしている

このようにご本人がテレビを楽しめないことはもちろん、ご家族にも大きな負担となっていることも少なくありません。

テレビが聞きやすい補聴器

では少しでもテレビを聞きやすくする方法はないでしょうか?そんなお悩みから発売されているのがシーメンスシグニア社のPure13BTという商品です。

13BT合わせ
耳掛けタイプの補聴器で、テレビの音声を補聴器へ電波で飛ばして聞くことができます。これは補聴器から直接テレビの音声が聞こえるようになりますので、周りの雑音や反響音にジャマされることがありません。そして音の大きさも調整ができますので、テレビのボリュームはそのままで、補聴器のボリュームだけを調整すればご自分の好きな音量で聞くことができるようになります。つまり、テレビのボリュームは小さいままなので、ご家族にうるさいと言われてしまったり、外までテレビの音が聞こえてしまうようなことはなくなります。

では使い方を簡単にご説明します

使い方1 どうやって電波でとばすの?

ストリームラインTVというものを使いテレビの音声を補聴器へとばします。初回だけテレビと接続してしまえば、その後に面倒な設定等は必要ありません。

13BTストリーム

使い方2 テレビ用に切り換える

こちらの補聴器は環境に合わせた聞こえ方のプログラムを設定することができます。通常はもちろん普通の補聴器として使用できます。そしてテレビを観るときは補聴器の背中にあるボタンをポチーッと押すとテレビ用に聞こえ方が切り換わるのです。

例えば・・・

  • プログラム1 通常の会話用
  • プログラム2 テレビ用

と設定したとします。補聴器は電源を入れると自動的にプログラム1になるように設定されます。普段はこちらで使用してください。そしてテレビを観るときには背中のボタン又はリモコンを押すとプログラム2のテレビ用へと変更します。テレビを観終わったらもう一度ボタンを押すと元のプログラム1に戻ります。操作の仕方としてはとてもわかりやすい仕様になっています。

ボタン2

 

使い方3 どんな感じで聞こえるの?

イメージとしては昔からあるイヤホンコードをテレビに直接さして聞いたときのような聞こえ方です。イヤホンコードですと、テレビからの音声が消えてしまい、イヤホンをしている人にしか聞こえませんよね。この補聴器ではコードはなく、電波で飛んできますから、テレビの音は消えません。ですからご家族と一緒に視聴できます。またテレビとの距離が遠くても音量はそのままで聞こえます。当たり前のことですが、耳が悪くない人でもテレビから離れれば離れるほどテレビの音声は小さくなっていきますよね。それがこの補聴器でしたら、最大15メートル離れても音量が変わることなく聞くことができます。つまりテレビから2メートル離れた位置で観ても、15メートル離れた位置で観ても音の大きさは変わらないのです。さすがに15メートルも離れてテレビを観る方はいないとは思いますが、今まで聞こえなくてついテレビの近くにいた方は、もっと離れても視聴できるようになると思います。

距離

 

テレビをみているときに話しかけられたら気付きますか?
テレビ用とはいっても、テレビの音声だけではなく周りの音も聞こえる状態になっています。ただテレビの音声を中心とした聞こえ方になっていますので、テレビが楽しくて集中しているときは気が付かないこともあるかもしれませんね。
実際にお使いの方のご購入までの流れ
(館山店・78才男性・耳掛式補聴器を4年使用中)

H29.8.2ご来店 今の補聴器は通常の会話はとくに問題ないが、テレビの音声がよく聞こえないのでついボリュームを上げてしまうと娘さんにうるさいと怒られてしまう。
店内テレビにてPURE13BTを両耳に試聴。とてもよく聞こえる。ご予算の面で検討。

H29.8.10ご来店 接続の仕方、操作の仕方をご説明。もう一度試聴し、やはりよく聞こえるとのことで、両耳にPURE13BT3Primaxをご注文。

H29.8.19ご来店 お店にて納品。再度、操作の仕方、ストリームラインTVの接続の仕方をご説明。

H29.8.30ご来店 操作方法にも慣れてきて、ご家族と一緒にテレビをみる時間が増えてきたとのこと。プログラム切り換えボタンが少々押しづらい。耳に掛けた状態で切り換えをしているため、その都度耳から外して手元でボタンを押していただくか、リモコンを使い切り換える方法をご提案。もう少し練習されてみてどうしても必要性を感じたら今後リモコン使用をご検討とのこと。


テレビが今までに比べよく聞こえるようになり、なによりご家族と一緒に観れるようになったことがうれしいと、全体的に大変ご満足との評価をいただきました。

 

PURE13BTのお値段

  • ストリームラインTV \30240(送信機)

↓補聴器本体は以下の3機種よりお選びいただけます↓

  • 7Primax \500000(片耳)48チャンネル
  • 5Primax \350000(片耳)32チャンネル
  • 3Primax \260000(片耳)24チャンネル
  • ※両耳装用の場合でもストリームラインTVは1台のみで対応可能
  • ※聴力の状態によっては別途イヤモールド代が必要です
  • ※リモコンをご使用になりたい場合は別途リモコン代が必要です

聞こえのイメージ

送信機であるストリームラインTVはどの機種でも必要となります。補聴器は性能や保証の違いにより3機種ございますが、上記の価格は1台分の価格となります。例えば3Primaxを両耳でご使用になる場合は、

ストリームラインTV30240円+補聴器260000円×2台=550240円

ということになります。

プレゼント2

まとめ

毎日テレビを観るのを楽しみのひとつにされている方はたくさんいらっしゃるかと思います。難聴の方は通常は補聴器をつけてみていることが多いと思いますが、人によっては補聴器をしていてもお耳の状態やお部屋の環境などにより残念ながらテレビがよく聞こえないこともございます。PURE13BTはそんな方のために、テレビを少しでも楽しめるようにつくられた補聴器です。もちろんテレビを観るとき以外は普通の補聴器としてもご使用できます。いつもの補聴器ではテレビが聞きづらいと感じている方、テレビのボリュームが大きすぎて困っているご家族のみなさんは是非検討されてみてはいかがでしょうか?試聴体験実施中ですので、お近くの関東補聴器までお気軽にご来店、ご相談くださいね。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

nettowa-ku