補聴器のチューブ交換について

耳掛式補聴器耳掛式補聴器のチューブ交換は定期的にする必要があるのです。補聴器の定期的なチューブ交換と冬場の結露対策など補聴器生活を快適に過ごすためにも補聴器専門店のアフターメンテナンスは欠かせませんね。

耳掛式補聴器は、補聴器本体と耳栓をつなぐのにビニール製のパイプチューブを使用しています。このチューブも古くなると劣化して硬くなり亀裂が入ったり、変色してしまったり、縮んで短くなってしまったりします。

古くなって固くなったチューブに亀裂が入ってしまうとその亀裂から音が外に漏れて音量が十分にきこえなくなったり、音が外に漏れてピーピーなってしまう現象、ハウリングを起こすことがあります。

また、縮んでしまった場合は、突っ張ってしまい耳の穴から耳栓が抜けやすくなってしまいますね。補聴器のチューブ

古くなって固くなったチューブを外そうと力一杯、引っ張ったりすると耳栓や補聴器本体を傷つける恐れがありますので気をつけて作業しなければなりません。

冬場にはチューブの内部に結露が起こることもあります。暖かい室内と冷たい屋外を行き来した
りすると起こります。
ストーブをつけた室内の窓に水滴がつく現象と同じです。

チューブ内に結露が起きるときこえが悪くなりますのでチューブの交換時に結露対策も冬場は必要です。
補聴器のチューブ交換はもちろん、補聴器専門店で定期的に補聴器の状態を確認してもらいましょう!

コメントを残す