補聴器の中古品ってあるのか

補聴器 中古品

補聴器 中古品補聴器の中古品は残念ながらありません。
一人ひとりの方に合わせて音や形を作成しているので使用できないんですよ。
しかし中古品とは少し違いますが型落ち商品の商品は販売店によっては定価よりもお求めやすく価格設定するケースも有ります。

なんで中古品がないのか

薬事法違反インターネットでは「補聴器 中古」と検索すると出てきますが、集音器のような電化製品は中古で売っているケースもあるようですね。
しかし、補聴器は薬事法で管理医療機器(クラスⅡ)に指定されていますので販売資格がない者が販売するのは違法行為担ってしまいます。また、一人ひとりの聴力に応じて専門家と形や音の調整を加えていく必要があります。

中古のように安いのはないのか

インターネットの普及や補聴器需要に伴い、より安く購入したいと考える人がいても何ら不思議ではありませんよね。
補聴器は先程も述べたように中古品がありません。しかし、型落ち商品は販売店によっても定価より価格を下げて販売するケースもあるようですね。
補聴器も型落ちとはいえ高額なものもあるのでしっかり専門家と話し合って決めることをお勧めいたします。
ここで注意しなければいけないのは、補聴器は日々進化していき常に皆様にとって聴きやすい音を追求してより快適に補聴器を装用いただけるように開発されています。
中古品は新製品に比べ快適性・音質等のクオリティが劣ることも十分理解した上で購入するとよいと思います。

補聴器を購入する上で一番大切なこと

補聴器店選び補聴器を購入する上で一番大切なことは「音の調整」と「どこで買うか」です。
補聴器はお求めやすい価格から高額なものまで幅広く存在します。
しかし最後は人の手で調整を行い、販売店側が音を作り上げていきます。
残念ながら「どこで買うか」によって「音の調整」様々違い、信用できる販売店探しをできなければいくら良い補聴器を購入しても満足できること難しいといえます。

良い販売店とは

良い販売店とは、補聴器に関する調整技術や補聴器の知識を兼ね備えている販売店が理想ですね。
1つの目安として「認定補聴器技能者」です。
もう一つは、みなさんの聞こえに対して真剣に向き合ってくれているかどうかです。
調整技術と言っても、1回の調整で満足させられる腕のある人は殆どいません。
なぜなら、音を調整するのは私達ですが、実際にお使いになるのはお客様自身なので私達が良いと思った調整でもお客様が気に入らなかったら満足度は低くなってしますので、お使いになって何度か調整してようやく皆様から良い評価をいただけるのです。
補聴器は購入して終わりではなく、購入してから始まりなので良い販売店を皆様の目で見極めていただけるとよいですね。

まとめ

49a2b778570d04bd2688f3a7125ba4fc_s補聴器の中古販売は残念ながらありませんが、皆様の聞こえの悩みを真剣に捉え、精一杯サポートしてくれる販売店で購入できれば今まで不自由を感じていた会合や、友達との会話も一つの楽しみに生まれ変わると思います。
私達も良い販売店と選んでいただけるように日々精一杯のサポートに力を注いでいます。
ご相談や補聴器の試聴等も随時行っておりますのでお気軽におお問い合わせください。

コメントを残す