補聴器の価格と品質について

補聴器価格値段

補聴器の価格と品質は比例しています。補聴器の選び方に価格や品質は重要になります。
ただ価格が高い補聴器でもその機能を十分に使いこなせなければ無駄な出費です。かといって低価格のものは品質が低いので相場の価格の補聴器で検討する方が多いようです。

補聴器の品質とは

補聴器の品質とはズバリ!機能&性能のことですね。

デジタル補聴器には様々な機能や性能が搭載されています。

騒音の抑制機能はもちろん、音モレのピーピー音(ハウリング)の抑制機能、電池が終わりに近づくと教えてくれるお知らせ音機能、リモコンで補聴器の音量を操作したり、テレビや携帯電話の音声を直接補聴器に電波で飛ばす、ワイヤレス機能などがあります。

補聴器 機能

補聴器の購入を検討しているが価格がわからない

そもそも、補聴器の価格がどのくらいの相場かわからない。という方は多いんですよね。

テレビや洗濯機みたいに誰でも必ず触れ合う商品ならばいろいろな情報があふれていますが、補聴器は周囲に使用している人もいない、まったく今まで関心がなかったなどで価格を知っている人は少ないんです。

補聴器価格値段

補聴器の相場価格がわからないと資金の準備もできない

商品を購入をするときにレジに並んでから、財布に入っているお金が足りないなんて恥ずかしい思いはしたくありませんよね。

補聴器も購入を検討したら相場を知り、資金を準備しておかないと前へは進めませんからね。

補聴器の相場価格とは

補聴器の価格相場は、耳穴式オーダーメイド補聴器で17~18万円ぐらいです。

補聴器 CT

 

 

 

 

耳掛式補聴器で12~13万円ぐらいが一般的です。

補聴器 耳かけ式

 

 

 

 

 

価格の高い高品質の補聴器は全自動やリモコン使用可能、手厚い保証などがついています。
低価格の補聴器は雑音抑制が弱かったり、調整が細かくできなかったり全体的に保証も薄かったりします。
しかしながら、皆さまの購入予算もありますので補聴器専門店にや予算も相談し予算内で納得できる補聴器を選んでもらいましょう。

補聴器 購入 選び方

 

豊富な知識と技術、経験を持っている補聴器専門店は数あるメーカーの中から最適な補聴器を選んでくれるはずです。

補聴器の価格と品質は比例しますので補聴器専門店に予算も含めてしっかり相談しましょう。

コメントを残す