補聴器の価格と品質は比例しますか?なぜこんなに価格差があるの?【徹底解説シグニア編】

比例

比例

初めて補聴器を購入しようと思ったとき、機種がたくさんあって価格差も大きいですからどの補聴器がいいのか迷うこともあると思います。然ながら補聴器の価格と品質は比例いたします。品質といっても、安いものだとすぐ壊れる、高いものは壊れない、というわけではありまん。補聴器は見た目や材質は同じでも、内部に搭載されている機能の違いによって大きく価格差が生じます。では具体的にはどんな機能があるのか価格と品質についてご紹介いたしますね。

補聴器の価格は5万円~50万円位と幅広い

補聴器の価格は片耳で5万円位~50万円位のものまであります。かなり幅広い設定となっていますが、いずれも聴力測定をしたり、基本的には耳の型を採り、きちんと耳に合わせて作成していきます。そして一般的には片耳15万円~20万円位の補聴器をお使いになっている方が多くいらっしゃいます。ちょうど中間あたりの価格帯といったところでしょうか。両耳につけると倍の価格ですので両耳30万円~40万円ほどということになります。これはあくまで平均的な価格ですが、購入の際はご予算に無理のない範囲で、よりよい補聴器を選択されることが大切です。ちなみに通信販売などで1万円~3万円程度で販売されているものもありますが、こちらは集音器といわれ補聴器とは全く別の商品ですのでご注意ください。

<補聴器と集音器の違いについてはこちらへ>

補聴器の価格の差は性能の違いによるもの

カタログやインターネットなどで補聴器を比較しようと思ったとき、価格は異なるのに見た目は全く同じ場合もありますから違いが少しわかりにくいですよね。各機種ごとに内部に組み込まれている性能が違うわけですが、補聴器には音量調節はもちろん、雑音を抑制する機能や、風の音や反響音を軽減させる機能など様々な性能があります。各メーカーにより機能やその名称は多少異なりますが、今回はシーメンスシグニア社の機能を例にご紹介しますので参考にしてくださいね。

比較

こちらは機能一覧表になりますが、ずらっと細かく書かれていてわかりにくいと思いますので簡単にご説明しますね。こちらでは機能をこえ・雑音抑制・指向性・高機能・学習機能・便利さ・リモコン通信機器7つに分類して表示をしています。大まかな言い方にはなりますが、これらの機能が全て搭載されているものが高価格の補聴器となり、価格が下がるにつれ搭載されている機能が少なくなるということです。

聞こえ
  • 周囲が騒がしい場所でも会話にピントを合わせて聞き取りやすくする機能

聞こえ

  • 聞こえる音の幅を分割して調整できる機能。分割した数(チャンネル数)が多いほど細かい調整が可能。例えとしては写真の鮮明さをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

チャンネル

雑音抑制
  • 食器がカチャカチャあたる音、新聞をめくる音、ドアがバタンと閉まる音など突発的に聞こえる衝撃音を抑制する機能
  • 屋外で風が吹いていると気になるゴーゴー音(風切音)を軽減させる機能

風切り音

指向性
  • 正面にいる話し相手の声を聞きとりやすくする機能
  • 掃除機や車などの動く雑音を追いかけながら抑制する機能
  • 横や後ろの雑音を大幅に抑える機能
高機能
  • 会議室や集会所で発生しやすいワンワンとした反響音を抑える機能
  • 高音域の音を再生することで原音に近い自然な聞き心地を得られる機能
  • 補聴器が自動的に会話用、音楽を聴く用、外出用など環境に合わせた聞こえに切り替わる機能
学習機能
  • リモコンやボリューム調整を繰り返すことで好みの音を学習していき、環境に合わせた音を自動で再現してくれるようになる機能
リモコン通信機器
  • リモコンを使いご自分で音量調整ができたり、テレビの音声を直接補聴器へ届け聞きやすくする機能
  • 片耳難聴用のクロス補聴器に対応

便利

シーメンスシグニア社のprimaxシリーズの場合

primax

さきほどご紹介した機能が搭載されているのがシーメンスシグニア社のprimaxシリーズです。こちらは性能により5段階の価格設定となっています。

<primax耳かけ型の場合>

  • 7primax  \490000(片耳)
  • 5primax  \340000(片耳)
  • 3primax  \250000(片耳)
  • 2primax  \180000(片耳)
  • 1primax  \140000(片耳)

ではどの機種にどのぐらいの性能があるのかを、総合的にわかりやすくまとめたものが下の表になります。例えば、お仕事で会議などにでることが多い方や、どのような環境においても少しでも話しを聞き逃したくない方には全ての機能が強く働く7primaxが必要かもしれません。逆にお家の中での静かな環境で過ごすことが多い方にはそこまで高性能なものは必要ないかもしれません。ご予算やお使いになる方の生活スタイルに応じて機種選択をされるとよいと思います。

機能表

どの補聴器を選択しても大切にしたい点

補聴器の場合は購入したらそこで終わりという商品ではありません。購入時にはきちんとお使いになる方のお耳に合わせたものを作成することはもちろんですが、購入後も音の調整をしてもらったり、補聴器のクリーニングをしてもらったりとアフターケアが大切です。補聴器店とは長いお付き合いになると思いますので、まずはお店選びも大切になさってください。

店

まとめ

音は目に見えないのでどの機種にしたらいいか少し分かりにくい面もありますよね。また見た目もそっくりですから尚更だと思います。しかし価格は安かったけど雑音ばかりが気になって使っていられないということでは困りますし、そうかといって予算オーバーなのに無理して高価格のものを購入してしまったということでも困りますよね。無理なく長くお使いになるには、お耳の状態や普段の生活されている環境などで判断し機種を選択されるとよいと思います。

関東補聴器では、機能やご予算などひとりおひとりの様々なご希望に合わせ、数ある補聴器の中からおすすめの機種をご提案いたしております。補聴器を購入したいけどどれがいいのか迷われているという方は是非お気軽に当社までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取