補聴器の取替え時期ってどのくらい?

補聴器 取替え時期 故障 修理

補聴器 取替え時期 故障 修理
補聴器使用者の方から聞かれました。「補聴器の取替え時期ってどのくらい?」って。
一般的には5年程度が目安といわれていますね。
必ずしも5年で取替えというわけではありませんが、あくまでも一般的な目安です。

補聴器も経年劣化します

補聴器 取替え時期 故障 修理補聴器も年月の経過と共に劣化してきます。精密な機器ですので湿気や脂・温度変化などで外観は綺麗でも内部の見えない部品にサビや腐食が出ているケースもあります。

 

特に劣化しやすい箇所とは

補聴器の中でもレシーバー(スピーカー)と呼ばれる部品は経年劣化しやすい部品のひとつです。
このレシーバー(スピーカー)が劣化してくると出力が低下してくるので音量が足りなくなってきたり、高音域のメリハリがなくなって音が曇って聞こえてきたりします。

補聴器 取替え時期 故障 修理

外部に露出してるマイクも劣化します

補聴器 取替え時期 故障 修理補聴器の外部から音を集音する「高感度マイク」も補聴器の表面に露出しているケースが多いので汗や湿気・脂などの影響を受けて劣化しやすい部品です。
マイクが劣化するとやはり音を十分に集音できなくなるので感度不良になりますね。

 

年月の経過と共に耳の状態や聴力にも変化が

年月の経過と共に耳の状態や聴力にも変化が起こってきます。

 聴力の低下による難聴の進行
 老化による言葉の聞き取り
 音情報を判断する判断能力
 シワなどによる耳穴の変形

 

5年程度で補聴器の取替え時期といわれる理由

5年程度で補聴器の取替え時期といわれる理由は、上記に記載したようなことを加味していると思われます。
補聴器 取替え時期 故障 修理メガネや自動車も一生そのまま使えるというわけにはいかないケースがほとんどですよね。
もちろんメンテナンスを怠るともっと早く補聴器がダメになってしまうことも…。
補聴器専門店でしっかり補聴器の定期的なメンテナンスを行ってくださいね。

 

補聴器の取替え時期は一般的に5年程度が目安といわれています。
補聴器の最新技術は日進月歩で進歩していますので5年前よりも優れた機能や性能を搭載しています。
取替え時期に合わせて最新型補聴器の試聴をしてみるのも良いかもしれませんね。

<おすすめの補聴器紹介はこちら>

関東補聴器では最新補聴器の試聴体験を無料で行っていますので気軽にお試しください。

<無料試聴体験の問い合わせはこちら>

補聴器 取替え時期 故障 修理