補聴器の種類と一般的な価格相場について【知られていない相場価格!】

補聴器 種類 価格

補聴器 種類 価格

補聴器の種類と一般的な相場価格って意外と知られていませんよね?相場価格を大公開しますのでぜひ参考にしてくださいね。
補聴器は、タイプ(形状)や内蔵している機能などにより大きく相場価格が変わってきます。
大まかにお話しますと5万円程度から50万円程度までとても幅広く設定されています。
相場価格の違いなどを説明していきます。

補聴器にはタイプ(形状)がいくつかあります

補聴器には大きく分けて3つのタイプ(形状)があります。
このタイプ(形状)によっても相場価格が違いますのでまず、この3つのタイプ(形状)を押さえておきましょう。

 耳穴式補聴器
 耳掛け式補聴器
 ポケット型補聴器

この3つが基本です。

補聴器 種類 価格

補聴器のタイプ(形状)特徴

補聴器 種類 価格3タイプの補聴器の特徴を説明します。

補聴器も3種類(タイプ)存在するということは各々特徴があり、用途やニーズが違うのです。なんとなく「こんな感じの補聴器かな。」とあいまいにすることなくこの機会に理解を深めていただけると幸いです。

耳穴式補聴器

耳の穴に中にスッポリと補聴器本体が入ってしまう小型の補聴器です。
あなたの耳の穴の『型』を採取してオーダーメイドで作成します。
周囲から気付かれにくく、耳の穴に差し込むだけで使用できますのでとても人気のタイプ(形状)です。

<補聴器の耳型採取について詳しくはこちら>

補聴器 種類 価格

 

 耳穴式補聴器の利点(メリット)

こんなメリットがあります。

 オーダーメイド作成のためあなたにピッタリ
 周囲から見えない超小型だから両耳使用でも見えない
 鼓膜により近く補聴器が設置されるので音環境も良い
 メガネやマスクに邪魔されることがなく快適

 耳穴型補聴器の欠点(デメリット)

やはりデメリットもあります。

 痩せたり太ったりすると耳の型が合わなくなる
 小型になるため目が悪くなったりすると扱いにくい
 オーダーメイドなので他人に貸してやることができない
 自分の声や物を食べる音などを拾いやすい

このように利点(メリット)と欠点(デメリット)両方ありますので補聴器専門店で良く相談してください。

耳穴式補聴器の相場価格紹介

耳穴式補聴器の相場価格を紹介しましょう。

バリューモデル   約10,000円~約130,000円

ベーシックモデル  約140,000円~約200,000円

スタンダードモデル 約210,000円~約300,000円

アドバンスモデル  約310,000円~約400,000円

プレミアムモデル  約410,000円~約500,000円

 

耳掛け式補聴器

補聴器本体を耳の上に引っ掛け、耳栓を耳の穴に入れて使用するタイプ(形状)。
耳の『型』を採取せずに使用できるオープンタイプなどもあり用途に合わせて幅広くお悩みにお応えできる万能型です。
オシャレなボディカラーや防水加工など多種多様なニーズに合わせて用意されています。

 

補聴器 種類 価格

 耳掛け式補聴器の利点(メリット)

こんなメリットがあります。

 軽い難聴から重度の難聴まで幅広くカバーできる
 低価格のものから存在するので選択肢が多い
 防水機能や充電式など最新機能が続々登場する
 本体カラーが豊富にあるのでオシャレ感覚

 耳掛け式補聴器の欠点(デメリット)

デメリットも理解しましょう。

 耳の上に本体が引っかかるので周囲から見えやすい
 メガネやマスクと干渉し外れる恐れがある
 髪の毛の油や流れる汗が直接補聴器に付くことがある
 装着するのに引っ掛ける作業が難しい

このように利点(メリット)と欠点(デメリット)両方ありますので補聴器専門店で良く相談してください。

耳掛け式補聴器の相場価格紹介

耳掛け式補聴器の相場価格を紹介しましょう。

バリューモデル   約50,000円~約100,000円

ベーシックモデル  約110,000円~約150,000円

スタンダードモデル 約160,000円~約250,000円

アドバンスモデル  約260,000円~約350,000円

プレミアムモデル  約360,000円~約450,000円

 

モデルによる価格相場のちがいとは

モデルによって価格相場が違いますが一体何が違うことによって価格が変わるのでしょうか?
その答えは『性能』です。
性能とは、その補聴器に内蔵されている各種機能のことです。

チャンネル数

チャンネル数とは、その補聴器が音声をどれだけ細かく分解して再生&調整できるかです。
チャンネル数が多いほど音質は滑らかになり、ピンポイントでの音質調整が可能になります。

シーメンス補聴器 プライマックス 評判

雑音抑制機能

周囲の大きな騒音は会話の音声とは周波数が異なります。会話の周波数と違う騒音は補聴器本体が自動的に抑制してくれます。
より強く抑制する・より細かく抑制するなどで雑音抑制機能の良さが違います。

補聴器 スマートホン アプリ

ハウリング抑制機能

補聴器が何らかの原因でピーピー鳴ってしまうことがあります。この不快なピーピー音をハウリングと呼びます。
このハウリングをデジタル機能を駆使して抑制するのがハウリング抑制機能です。
この機能の正確さ・反応の速さ・抑制の強さなどにより性能の良し悪しが違ってきます。

補聴器 種類 価格

このような、補聴器本体に内蔵されている機能が充実しているモデルほど高性能で高価格になってくるのです。
自動車でも安価な自動車も高価な自動車も『走る』ということに関して言えば走ります。
ただ、高性能の自動車はよりスピードが出たり、より燃料を食わなかったり、より静かだったりと…この差がまさに『性能』なわけですね。
補聴器も快適に長時間使用するには、ある一定の性能は備わっていたほうが快適と考えられています。

ポケット型補聴器

携帯ラジオのように補聴器本体をポケットに入れコードでつながったイヤホンを耳穴に入れて聞くタイプ(形状)です。
手元で本体を操作できますので手先に不安がある方でも簡単に扱うことが可能。
古いタイプ(形状)のため各メーカーの開発や商品数が少ない。

補聴器ポケット型ポケッティオ

ポケット型補聴器の相場価格紹介

ポケット型補聴器の相場価格を紹介しましょう。
(ポケット型補聴器は商品数が少なくモデルも分かれていません。)

ポケットモデル 約40,000円~約90,000円

補聴器の相場価格についてのまとめ

補聴器はタイプ(形状)や補聴器に搭載されている機能などにより価格相場が大きく分かれています。
自分にとって使いやすいタイプ(形状)はどれなのか、お悩みを解決に導く性能はどのような性能なのか、希望予算内で最適な補聴器はどれなのか、自分一人ではわからないことばかりですので失敗しないためにも信頼のおける補聴器専門店にきちんと相談して、説明を聞き、納得できる販売店で購入するようにしましょう。

 

関東補聴器は創業30年以上の補聴器専門店です。
経験・技術・知識は当社の強みです。
些細なことでも気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

創業32