補聴器の聞こえ方は

補聴器 聞こえ方

補聴器 聞こえ方
補聴器の聞こえ方は、機械を通して音を増幅して聞きますから生の耳で聞く音とは違いマイクを通したような機械的な音質に聞こえると言う方が多いですね。
慣れるのに時間がかかる方もいますが、ほとんどすぐ慣れる方が多数です。
補聴器専門店では無料試聴などを実施していますので実際に補聴器を装着して音を聞いてみるといいですよ。

*補聴器の試聴についてはこちら
貸出しサービスも行っていますので自宅で生活音を聞いてみるのもいいでしょう。

*補聴器のレンタルの注意点についてはこちら

補聴器は生の耳とは少し違います

補聴器 聞こえ方補聴器をつければもちろん今まで聞こえていなかった音が聞こえてきますから最初は戸惑うかもしれません。
メガネも見えにくい視力を矯正して見えるようにしますよね。補聴器も聞こえにくい聴力を矯正して聞こえやすく大きくしてくれますので、聞こえすぎてしまえばうるさく感じますし、小さければ効果を感じないこともあります。
そのため、少しづつ補聴器の音量(ボリューム)に耳を慣らしていって慣れてきたら少しづつ音量(ボリューム)を上げていくのが得策です。

補聴器の音質や音量に少しづつ慣れていく

部屋の大きさや部屋の造りによっても音環境は違ってきます。onnsitunare
交通量が多い道路に面したお家にお住まいの方もいれば、静かな山の中にお住まいの方もいますので条件や音環境は皆さま各々違います。
補聴器は購入してすぐ満足いくわけではなく微調整を繰り返しながら好みの「音」に合わせていくことがとても大切です。

補聴器の聞こえ方は調整が可能です

音量だけでなく音質も調整できますので、高音や低音など専門知識を持った補聴器専門店で「音作り」をしてもらうと好みの聞こえ方に仕上げることができると思います。
現在のデジタル補聴器はコンピューターであなたの聞こえに細かく調整を合わせる事が可能ですから満足いく「音作り」をしてもらいましょう。

*補聴器の調整についてはこちら

補聴器 聞こえ方

補聴器調整は専門技能者の職人技

補聴器の聞こえ方は、補聴器専門店の技術によってお好みの音に仕上げてもらうことが大切です。
豊富な「知識」と確かな「技術」がないと補聴器を調整することができません。
「経験」も豊かな補聴器専門店ならば、あなたの要望にも応えてくれると思います。

*認定補聴器技能者についてはこちら

補聴器 聞こえ方

補聴器専門店は「知識」「技術」「経験」の3要素が揃っていますので安心して補聴器調整を任せられるでしょうね。
補聴器の聞こえ方は、生の耳とは聞こえ方が違いますのであなたの耳で試聴し、細かく調整をあわせてもらうことが大切ですね。

*関東補聴器のお問い合わせはこちら

コメントを残す