補聴器の補助金制度として介護保険は使えないか質問ありました

補聴器補助金制度 介護保険

補聴器補助金制度 介護保険

補聴器の補助金制度として介護保険は使えないか南房総館山の方から補聴器専門店の関東補聴器館山店に質問ありました。
介護保険は介護用品に適用され、医療機器の補聴器には適用されません。
そのほかの補助金制度についてもご紹介しましょう。

補聴器は医療機器

介護保険は介護用品に適用されるとお伝えしましたが、補聴器は介護用品ではなく「医療機器」になります。
高齢者の方で介護用品を購入・使用されている方で老人性難聴のため聞こえにお悩みの方もいると思います。
しかし、補聴器は医療機器のため「介護」ではなく「聴覚の身体障害者手帳」を交付されている方に補助制度があるのです。

医療機器の補聴器販売は許認可が必要

補聴器補助金制度 介護保険補聴器は医療機器のため販売するには許認可が必要となりますので、許認可がない店などでの販売は違反となりますので注意が必要です。
特に、インターネットを使った中古品の販売やネットオークションは注意が必要ですからね。
補聴器使用者の方が新しい補聴器に買換えたので古い補聴器をオークションに出品しようとした場合、許認可がなければアウトですから。

介護保険以外の補助制度

補聴器購入に介護保険は使えませんが、先に述べたように「聴覚の身体障害者手帳」を交付されている方には障害等級に応じて「補聴器の交付」を申請することができます。
購入費補助金制度か補聴器の現物支給なのか自治体によって対応が異なります。
お住まいの自治体によって手続き方法が若干違いますので各自治体に問い合わせが必要です。
お問い合わせいただいた、南房総館山地区は補聴器の現物支給交付が基本となっています。

<聴覚障害者手帳による補聴器交付手続き詳しくはこちら>

補聴器の購入には試聴が必要

補聴器を購入するには、必ず試聴が必要です。
試聴をしてどのように聞こえるのか、装用感はどうなのか、どのような種類(タイプ)が使いやすいのかなどなど説明だけではわからないことがありますので、試してみることが必要ですから。

<補聴器の試聴について詳しくはこちら>

介護を受けている方は自宅までの出張訪問可能

介護保険を利用されている方は、介護を受けている方が多いと思いますが関東補聴器では自宅や入所の施設までの補聴器出張訪問サービスを行っていますのでぜひご利用ください。
最寄の店まで出向くことなく、我々補聴器専門店の専門スタッフが直接お伺いしますので安心ですよね。

<出張訪問サービス詳しくはこちら>

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸

補聴器は購入後が重要なんです

補聴器は、購入して終わりではありません。
購入後、数日して慣れてきてから音量・音質を再調整したり、耳への取り付け方法の指導・確認、故障予防のメンテナンスや不具合の解消など補聴器専門家と一緒になって補聴器生活を送っていくことが必要になりますから、販売店選びは最も重要な事柄です。
専門性がない店や販売員、知識・技術のないところでの購入は失敗の元になりますので注意してください。


補聴器の補助金制度として介護保険は使えないか質問ありましたが、結論から言うと使えません。
その理由は、介護保険は介護用品に適用され、医療機器の補聴器には適用されません。
補聴器の交付制度など各自治体単位の補助制度もあるようですから、関東補聴器各店にお問い合わせください。
詳しく、お住まい自治体の手続きも含めお伝えいたします。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取