補聴器の購入は介護保険は使えないの

補聴器 介護保険

補聴器 介護保険
補聴器の購入代金は介護保険を使うことはできません。
現時点では介護保険適用外となっております。
補聴器は医療機器のため適用外で、介護保険は介護用具に適用されます。
また、補聴器は年齢や介護に関係なく使用される方もいます。

他に補助金とか助成金がないのか気になる方に説明いたしますね~。

補聴器購入による公的な補助金について

補聴器を購入したいが購入時に公的な補助金とか援助金などがないか質問されることがありますので解説します。

 

 聴覚障害の障害者手帳を交付されている方は「補聴器の交付」を受けることができます。

障害者手帳の交付の手続きについてはこちら

 障害者手帳をお持ちの方や交付を受けた方は最寄の役場で「補聴器の交付」の手続きをします。

補聴器の交付の手続きについてはこちら

 

補聴器 介護保険

 

自治体によって補聴器の現物支給交付か差額販売可能かは違います。

自治体に確認が必要です。

 

 

補聴器の価格に予算が足りない

補聴器の購入を検討中の方も多いかもしれませんが、予算的にいろいろあることと思います。

援助金や補助金を使って少しでも負担を少なくしたいと思うのは当然ですが、聴覚障害の障害者手帳を交付されている方以外は大きく公開されていません。

しかし、自治体によって障害者手帳がなくとも、補聴器購入時の領収書を提出すると小額の助成金が出る自治体もあるようです。

お住まいの自治体に確認することを強くおススメします!補聴器 補助金

 

 

補聴器購入予算や制度を補聴器専門店に相談

補聴器の値段やコストをいろいろ調べるのは、とても大変ですし難しいですよね。

いろいろ調べていくと、いろいろな情報があって補助金があるとか、ないとか・・・。

わからなくなってきますよね。また、難しい言葉が多くて理解しにくいですよね。

お住まいの自治体によって対応も様々ですからココでひとくくりに記すのも難しいんですよ~。

いろいろ説明しましたが、やっぱりよくわからないことが多いですよね~

そんな方は、お住まい近所の補聴器専門店に補聴器購入予算も含めて制度などを相談してみましょう。

 

 関東補聴器へのメール問い合わせはこちら

 

補聴器の値段も低価格から高額までいろいろ

補聴器を使用している方は高齢の方が多数でありますが、元気に自転車やバイクに乗って活動的に過ごしている方も多いですよね~。

介護保険も必要ないほど元気ハツラツの人もたくさんいます。

s-gennkihaturatu-s1
最近では、補聴器の価格も低価格のものから高額のものまでたくさんあります。
年々、技術や開発が進んで低価格の補聴器でもいろいろな機能を搭載した補聴器も発売されていますので、補聴器専門店に相談してみてください。
皆さまの予算に応じた補聴器を提案してくれるはずです。

補聴器の価格についてはこちら
関東補聴器でも豊富な品揃えで皆さまのご要望にお応えしています。

補聴器の種類についてはこちら
また、関東補聴器 各店舗まで出てくるのが困難な方は訪問出張サービスも実施していますので電話やメール、FAXにて最寄の関東補聴器 各店にお問い合わせください。

訪問出張サービスについてはこちら
補聴器の購入は、現時点では介護保険適用外となっております。

コメントを残す