補聴器購入に関して補助金はあるのか?

高齢者の補聴器購入に際して、高齢者を対象とした補助金制度は残念ですがないようです。

聴覚障害に認定されて障害者手帳をお持ちの方は補助金制度ではなく、「補装具の交付」という制度があります。
補助金制度と「補装具の交付」を混同される方が多いですね

補聴器の購入費用が市町村で補助してくれると耳にした・・・

補聴器 補助金補聴器を購入しようと検討中の本人はもちろん、その家族も購入するなら補助金制度があれば利用したいと思いますよね。

周囲から「役場で補助があるみたいよ~。」なんて声を聞いたものの直接、役場に聞くのも・・・。

 

補聴器購入費補助金なのか補聴器購入助成金なのか名前すらわからない・・・。

障害者手帳をお持ちでない方は、補聴器の購入時に関して公的な補助金や助成金は原則ありません。

障害者手帳をお持ちの方で「補装具の交付」を受けたい方はお住まいの市区町村の役所に問い合わせてください。
交付方法や手続きの仕方が若干違っているところもありますので。
障害(きこえ方の悪さ)の等級によって、対象となる補聴器を交付してもらえる制度が「補装具の交付」です。

名称は「補装具費支給制度」です!

まずは、障害者手帳の取得が必要

 

s-sinnseitetuduki繰り返しになりますが、聴覚障害で障害者手帳がないと「補聴器の交付」は受けることができませんので、障害者手帳を取得しなければなりません。

障害者手帳取得の手続き方法はこちら

自己負担額が発生する場合や、しない場合など収入などによって違いがありますのでお住まいの役所に問い合わせてくださいね。

障害者手帳を利用し補装具費支給制度を申請する

障害者手帳が取得できましたら役場の福祉課などの窓口で補聴器の交付の手続き申請をします。

補聴器の交付手続きの方法はこちら

「補装具費給付券」が自宅に届いたら「補装具費給付券」を持って補聴器専門店に行ってください。

補聴器の交付を受けることができます。

この「補聴器の交付」の費用を利用して差額購入することを、混同されて補助金とか助成金と勘違いしている方が多いようですね。

補聴器 助成金
障害者手帳がない方の補聴器購入に関して、例外として自治体単位で小額の助成金制度を実施している自治体もあるようですので問い合わせてみることをオススメします。

 

コメントを残す