集音器と補聴器の違いとは

補聴器 集音器 違い 

補聴器 集音器 違い 

集音器は音響機器、補聴器は医療機器、難聴の方が使用するのは「補聴器」です。
補聴器は、難聴度によって機種を選択し音質や機能設定をして使用する医療機器です。
補聴器と集音器を混同している方がいるかもしれませんので説明しましょう。

そもそも補聴器とは

補聴器 集音器 違い 書いて字のごとく、「補聴器」は「聴こえを補助する機器」です。
難聴の度合いも人それぞれです。使用する方の難聴度に合わせ補聴器の機種や性能を合わせ、聴こえを補助していくわけですね。
機能や性能を切替・設定していくことで細かくあなた好みに仕様を合わせ快適に使えるようにできるのが補聴器です。
あくまで、補助していくので健聴者のように完全に元に戻るということではありませんが…。
補聴器にも限界があることを理解しなければいけませんね。

 

医療機器番号がある補聴器

補聴器 集音器 違い 補聴器は医療機器ですので、厚生労働省が認可し医療機器番号が割り振られています。
厚生労働省のほうでしっかりとした手続きや検証をし、医療機器として認められているという証です。
体につけるものはしっかり安全・安心なものでなければいけません。

補聴器は管理医療機器

医療機器の中でも補聴器は「管理医療機器」という中に分類されています。
そのため、補聴器販売には許認可が必要になってきます。許認可がない販売店が補聴器販売をすることはできませんね。

集音器は音響機器

補聴器 集音器 違い 集音器は音響機器です。こちらも書いて字のごとく「音を集める機器」です。
そのため難聴の度合いに合わせることはできません。また、音量出力制限や機能設定などはできず難聴者が「聴こえを補助」するために使用することはできませんね。

補聴器選びの鉄則は「合わせること」

補聴器は、使用者に「合わせること」が大前提です。
合っていないものは、どんな高性能な補聴器でも役に立ちませんので必ず補聴器専門店できちんと相談し、自分に合っている補聴器を購入しましょう。

<補聴器の選び方について詳しくはこちら>

補聴器にはタイプ(種類)があります

補聴器は使用する方に合わせて使いやすいタイプや形状が用意されています。

 耳穴型補聴器
 耳掛け型補聴器
 ポケット型補聴器

<補聴器の種類について詳しくはこちら>

補聴器と集音器の違い まとめ

補聴器と集音器は根本的に機械としての役割が違います。
補聴器は難聴者の方が「聴こえを補助する機器」として使用します。
難聴度やタイプ(形状)耳の穴の形などにぴったり合わせて使用していきます。補聴器 集音器 違い 
使用中も音量や音質・機能設定など再調整が何度でもできますので不具合を調整しながら快適に使用できるよう補聴器専門家と共に聴こえを補助していきます。
集音器は難聴度に合わせることはできない上、耳の穴の形にも合わせられません。
音質や機能設定もできませんので満足いく聴こえにすることは不可能です。

 

聴こえのことや補聴器のことは補聴器専門店でじっくり相談してみましょう。
関東補聴器では最新補聴器の試聴体験も無料で随時開催しています。
気軽に相談してくださいね。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>