骨伝導式の補聴器とは

骨導式補聴器

骨導式補聴器

骨伝導補聴器とは音を直接耳の脇の頭蓋骨に振動として伝え、聞くことができる補聴器です。特殊なケースの補聴器です。
現在では、ほとんどの補聴器メーカーで製造していませんので目にすることは珍しいですね。
骨に振動版をしっかりつけないといけないため、ヘッドバンド型か眼鏡型になります。
耳の脇の頭蓋骨にぴったり当てないとならないため、長く押し付けていると痛くなってきたり、ずれてしまうと聞こえが悪くなったりとなかなか実用的ではないようで、要望が少なくなって製造されなくなりました。

ほとんど流通していない骨導式補聴器

骨導式補聴器は音を振動に変え骨に響かせて聞かせる補聴器です。

聴力には空気の振動を鼓膜で捉える気導聴力と、骨に響いて聞こえる骨導聴力があります。

骨に響く音を直接、聞こえの神経がキャッチして聞き取りますので聞こえの神経が悪くない方が使用できる特殊なタイプの補聴器ですが、特殊なケースなため勘違いしてよく聞こえると思っている方もいるかもしれません。

老人性難聴の場合は、気導聴力も骨導聴力も両方とも聞こえが悪くなっていますので骨導式補聴器を使用しても格段に良く聞こえるということはありません。

現在のデジタル補聴器では音量(パワー)も音質も昔とは比べ物にならないくらい進化していますので、骨導式補聴器の出番も激減しました。

デジタル補聴器には耳穴式補聴器、耳かけ式補聴器、ポケット型補聴器と形状も価格もいろいろありますので補聴器専門店に相談してみましょうね。補聴器 骨導式補聴器

骨伝導式の補聴器は現在、ほとんど流通していません。特殊なケースの補聴器です。

コメントを残す