補聴器の調整について

 

補聴器の調整の中の自動調整機能を使用すれば面倒な操作はなく補聴器を使用できます。
きこえ方や使い方は何度でも補聴器を再調整できますので気になることは補聴器専門店に相談して調整し解決しましょう。認定補聴器技能者や長期間の販売・調整の技能を持った補聴器専門スタッフが細かく調整してくれます。補聴器 調整

 

 

最新のデジタル補聴器は機能も充実

最近の補聴器はデジタル技術の進歩で補聴器自信が考え最適な音環境を作ってくれます。補聴器調整
やはり補聴器を使用される方は高齢者の方が多いですから調整も自動で、細かくあちこち操作することなく簡単に使用できるものがいいですよね。

 

手の細かい操作が不安な方

年齢と共に細かい手の操作が苦手になってきて、小さな補聴器の操作が不安と思っている方も多いと思います。

目も悪くなってきて小さな補聴器のボリューム調整つまみやスイッチが見えないのでは・・・。

補聴器の調整は私たち補聴器専門家と補聴器自身の仕事

たとえば、騒音が多くなってくると補聴器自信が雑音抑制の機能を「弱」から「強」に自動で切り替えたり、必要以上に大きな音、ドアがバタンと閉まるような音は、ビンッと響かないように制御をかけてくれます。

そのような話を聞いていると自分の思い通りに何でも自動でやってくれそうと勘違いしてしまいますが、そのような「設定」を我々、補聴器専門家がコンピューターを使って補聴器に施すのです。

これが「調整」です。pctyousei-s1

音量の大小、低音・高音の強弱、雑音の抑制度合いなど使用者様の希望に沿うように経験と知識を駆使して「調整」していきます。

自分で細かい操作をされたい方もいますので、そのような方はリモコンを使用して自分で調整ができるタイプもありますので相談してみてくださいね。
補聴器は調整がとても大切ですので間違った調整がない様、補聴器専門店によく相談しましょう。

コメントを残す