新オレンジプランより難聴と認知症

補聴器 難聴 認知症 新オレンジプラン

補聴器 難聴 認知症 新オレンジプラン

「難聴も認知症の危険因子」厚生労働省発表(2015年1月)
難聴になると認知症のリスクが高くなるなんてショッキングな報告が厚生労働省から発表されました。(新オレンジプランより)
超高齢化社会ニッポンに迫る身近な問題「認知症と難聴」のことをお話しましょう。

難聴も認知症の危険因子

新オレンジプラン (認知症施策推進総合戦略)では、認知症発症の危険因子に「加齢、遺伝性のもの、高血圧、糖尿病、喫煙、頭部外傷、難聴等」をあげており、難聴が認知症の発症要因の1つとしています。

難聴も自覚があれば

難聴の早期診断、早期発見、そして補聴器による聴覚補償は、認知症の発症予防につながるかもしれませんね。
気になる方は耳鼻科などで診断してもらい補聴器専門店にご相談ください。

補聴器 難聴 認知症

*参考文献:サラウンド・サウンドニュースNO32より引用

難聴は周囲が先に気づく

加齢による聞こえづらさは、徐々に低下してくるため本人よりも周囲が先に感じることが多いんですよ。

 テレビの音が大きすぎる
 何度も「えっ」よく聞き返す
 電話の通話がわかりづらい
 ちょっと離れると話がわからない

こんなことありませんか?

難聴は生活にも暗い影が

難聴になると聞き違う頻度が増したり、まるでケンカをしているような大声になったり…聞き返すうちに自信を失い、後ろ向きな考え方や生き方に傾きかねません。
家族や友人との交流が次第に面倒になり精神が低迷し、認知症につながっていく可能性があるかもしれませんね。

補聴器 難聴 認知症

*参考文献:サラウンド・サウンドニュースNO34より引用

補聴器がきこえのサポートをします

脳は常に耳から入る音の刺激を受け、日々音を聞くトレーニングをしています。この刺激がなくなると音を聞く力やコミュニケーション能力も低下していくでしょう。
補聴器を使用し、音を聞き、多くの人と語らい充実した生活が送れるようにサポートすることができるでしょう。

補聴器 難聴 認知症

*参考文献:サラウンド・サウンドニュースNO31より引用

補聴器 難聴 認知症きこえについて・補聴器について気になることがありましたら関東補聴器に気軽にご相談ください。
最新補聴器の無料試聴体験も随時行っていますのでお試しください。

<関東補聴器のお問い合わせはこちら>