老人性難聴と障害者手帳について

障害者手帳

障害者手帳

聞こえの不自由な状態を難聴といいますが、病気やケガ、騒音によるものなど原因や程度は様々です。その中で年齢を重ねると少しずつ聞こえなくなる難聴は一般的に老人性難聴と呼ばれています。老人性難聴の場合でも聞こえの状態によっては身体障害者手帳の交付を受けることができます。

障害者手帳を交付された場合

難聴により障害者手帳の交付を受けた場合、障害者総合支援法による補装具費支給制度を利用することができます。補聴器購入の際に費用の一部を負担してもらえたり、あらかじめ決められた補聴器を支給してもらえる制度です。各自治体により制度の内容や手続きの仕方が多少異なりますので、役場の福祉課で確認をしてください。

 

障害の等級

 どれぐらいの聞こえの状態だと障害者と判定されるのですか?

では障害者とされる判定基準をみてみましょう。難聴の障害の場合、聞こえの程度により2級~6級まで等級が分かれています。

等級表

最も重度な状態が2級となります。老人性難聴の場合、一般的には6級・4級・2級のどれかに判定されることがほとんどです。一番程度の軽い等級は6級となりますが、表記されている70デシベルや90デシベルとはどれぐらいの聞こえなのか内容がわかりにくいと思いますのでご説明します。

 

聞こえの程度

難聴は耳の聞こえを測定したときに、25デシベルの音の大きさが聞こえないと軽度難聴、40デシベルが聞こえないと中度難聴、70デシベルだと高度難聴、90デシベルだと重度難聴というように4段階になって区別されています。

聴力レベル

6級とはどれぐらいの聞こえの状態か

判断の基準は2通りあります

 1、両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの(40センチメートル以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)

さきほどの表からもわかるように、70デシベルというと騒々しい街頭の音・2メートルの距離にいるセミの鳴き声などの大きさです。このような音が聞きにくくなっている右耳・左耳の両方が高度難聴の状態です。

 

 2、一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの

これは右耳・左耳どちらか片方が重度難聴で、尚且つもう片方の耳も中度難聴になっている場合になります。
90デシベルというと、騒々しい工場の中・5メートル離れた犬の鳴き声などの大きさです。50デシベルというと、静かな事務所内の音・エアコンの室外機の音などです。左右の聴力差がありますが、両耳とも聴力が低下している状態です。例えば右耳が重度難聴でも左耳が正常もしくは軽度難聴の場合は、基準に該当しませんので障害者手帳は交付されません

 

医者相談

 

障害者手帳の交付手続き

難聴により障害者手帳の交付を希望される場合は以下のような流れで手続きをすすめていきます。

※住民票のある市町村で申込みできます

Step1申込み 役場の障害福祉窓口へ

 「身体障害者診断書・意見書」の用紙を受取りましょう

 障害者判定医を紹介してくれます

Step2判定 病院の耳鼻咽喉科へ

 診察・検診を受けます

 医師が「身体障害者診断書・意見書」を記入してくれます

Step3手続き 役場の障害福祉窓口へ

 「身体障害者診断書・意見書」と「本人写真」を提出します

※各都道府県の身体障害者更生相談所にて内容審査、等級判定が行われます。1か月~3か月くらい時間がかかります

Step4交付 役場の障害福祉窓口へ

 手帳が交付されます

 

手帳交付を希望される場合

 老人性難聴でも判定基準まで聴力が低下してしまっている場合、障害者手帳交付の対象になります

 一番等級の軽い6級の基準としては、両耳とも高度難聴になっている状態、または片耳が重度難聴でもう片耳が中度難聴になっている状態です

 手帳が交付されると補聴器の助成をうけることができます

交付を希望される場合は各市町村の福祉課で手続きをしてくれます

 福祉に関することも関東補聴器へ

関東補聴器は総合支援法委託契約補聴器専門店です。障害者総合支援法により補聴器の支給をうける場合には福祉課窓口にて関東補聴器でとご指定ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

桃