骨伝導式補聴器と普通の補聴器の違い

骨伝導補聴器

骨伝導補聴器
骨伝導補聴器とは耳の脇(耳の後ろ側)の頭蓋骨に振動版をあて、音を直接振動として耳の中に届ける補聴器です。
一般的な補聴器と骨伝導補聴器は違いますので解説しましょう。

骨伝導とは

音は、空気の振動が耳から直接入ってくるものと振動が骨を伝って耳に届くものがあります。
耳から空気の振動を直接聞き取る聴力を気導聴力といいます。
頭蓋骨などの骨から振動を耳の神経に送って聞き取る聴力を骨導聴力といいます。
この、骨を伝わって耳の神経に届ける骨導聴力を利用した音を聞き取るシステムを骨伝導といいます。

骨伝導補聴器

骨伝導補聴器とは

音(空気の振動)を振動板に伝えて振動板からの振動を耳の脇(耳の後ろ側)の頭蓋骨に送り直接耳の神経(内耳)に届ける補聴器システムです。高伝導補聴器
メガネのツルに内蔵させて、メガネと一体にするものが大半です。
そのため、メガネだけとか補聴器だけなど修理や修正することができず、不便がでることが多いのです。

 

普通の補聴器とは

通常の補聴器は耳の穴に出音口(スピーカー)を入れて補聴器で増幅された音を鼓膜に伝えます。
マイクから入ってきた音を補聴器本体で大きくして聞かせてくれるのが普通の補聴器です。

骨伝導補聴器

骨伝導補聴器は特殊な補聴器

耳の神経(内耳)などが悪くない方は効果がありますが、骨伝導補聴器は特殊な補聴器です。骨伝導補聴器
耳の穴が何らかの原因で変形したりして耳の穴に補聴器が入れられない方や耳ダレが激しく耳の穴に補聴器が入れられない方など普通の補聴器が使用できない状況にある人が使用するのがほとんどです。

 

老人性難聴と骨伝導補聴器

老人性難聴の場合、加齢により、聴力だけではなく耳の神経(内耳)も老化してきていますので骨伝導で音を伝えても神経(内耳)が思うように機能しない場合がほとんどです。
また、振動板がずれてしまうときこえが落ちますのでピッタリするためきつく押し付け、締め付けますので長時間すると痛くなったりします。

骨伝導補聴器のまとめ

骨伝導補聴器は、特殊な補聴器です。使用条件や使い勝手の問題で要望が少なくなり市場にはほとんど流通することがなくなりました。
特に老人性難聴の方は、耳の神経(内耳)も加齢で老化してきていますので骨伝導補聴器で大きな効果が出ることはありません。

骨伝導補聴器
現在の補聴器はデジタル機能を搭載し、かなり細かな調整やパワーもありますので補聴器専門店で相談し、お試しください。
使用条件などで骨伝導補聴器をお探しの方は、補聴器専門店にお問い合わせください。

コメントを残す