骨伝導補聴器はどんな人が使うの?

骨伝導補聴器は

骨伝導補聴器は

以前より、骨伝導補聴器は私の耳に合いますか?というご質問をうけます。骨伝導補聴器は中耳炎により鼓膜のない方や、生まれつき耳の穴がない方、耳の骨がうまく動かなくなる耳硬化症の方など伝音難聴の方に適しています。加齢による難聴の場合は感音難聴であることが多いので骨伝導補聴器は合いません。購入前にはご自分の聴力の状態を知ることが大切です。

難聴の種類

耳の中は、外耳・中耳・内耳にわかれています。どの部位に障害が起きるかで難聴も3つのタイプにわかれます。

耳の構造

耳の構造

伝音難聴とは

音を伝達する外耳から中耳のどこかに障害があるために起こる難聴。中耳炎や鼓膜の損傷・病気などが原因。医学的に治療できるケースもありますが、回復しない場合は補聴器を使って聴力を補います。

感音難聴とは

音を感じる内耳もしくは内耳以降の神経回路の障害により起こる難聴。加齢や病気、長時間騒音下にいたことが原因。医学的な治療は難しく、難聴レベルや周りの状況によっては、補聴器を使っても聞き取りが困難なケースもあります。突発性難聴、メニエール病による難聴、騒音性難聴なども感音難聴に含まれます。

混合性難聴とは

伝音難聴と感音難聴、両方の原因によって起こる難聴。加齢による老人性難聴は、混合性難聴になっているケースが多くみられます。

骨伝導補聴器とは

普段私たちは、鼓膜を振動させて音を伝える気導音と、骨を通じて音を伝える骨導音の両方で音を聞いています。骨伝導補聴器は骨導音を利用しています。一般的な補聴器と異なり、耳の後ろにある骨(乳様突起)に直接振動を伝えて内耳から脳に音を伝達します。

形状と仕組み

メガネ型(スターキー社)メガネ型装用

カチューシャ型(スターキー社)

カチューシャ型装用

メガネ型、カチューシャ型ともに耳の後ろに振動板をあて骨に振動を伝えます。その後、頭蓋骨を通じ内耳へと伝達され音を感じることができます。カチューシャ型は主に小児に使用されることが多いです。

骨伝導仕組み

スターキー社ホームページより引用

特徴

 耳をふさがない形状なので自分の声がひびかない
 装用しているうちにズレてしまうのでその都度直さなければならない
 耳の後ろの骨に強めにあてる必要があるため、装用時間が長いと痛くなる
 長期間使用すると補聴器をあてている部位がへこんでしまうことがある

 

骨伝導補聴器を使用している人の割合

日本国内における2016年の補聴器出荷台数は561557台となっています。このうち骨伝導補聴器(メガネ型)は438台でした。骨伝導補聴器は特殊な補聴器ですので使用している方の割合も少ないことがわかりますね。

出荷台数

 

骨伝導で音を聞いていた作曲家ベートーベン説明2

まとめ

骨伝導補聴器は内耳の機能は正常だが、音を伝える部分(外耳・中耳)に障害がある場合の難聴に適した補聴器です。加齢が原因のいわゆる老人性難聴の場合は音を感じとる部分(内耳)の障害のため、骨伝導補聴器は適していません。一般的な補聴器のご使用をおすすめします。

骨伝導笑顔

関東補聴器へご相談ください

関東補聴器ではおひとりおひとりの聴力の状態に合わせ、最適な補聴器選びができますようお手伝いいたします。まずはお気軽にご来店ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

創業32