加齢による難聴の方に知ってほしいカクテルパーティー効果について【騒がしい場所だと聞こえない】

カクテル

カクテル

カクテルパーティーと聞いて頭に思い浮かぶのは、立食しながら大勢の方があちらこちらで会話を楽しんでいる・・・という感じでしょうか。話し声や笑い声、食器のあたる音など、かなりにぎやかな状況が想像できますよね。でもそんな騒がしい場所でも自分が会話をしている相手の声は聞き取ることができます。このことをカクテルパーティー効果と呼びます。しかし年齢を重ねると、難聴になるのと同様に、このカクテルパーティー効果という脳の働きも低下するといわれているのです。

カクテルパーティー効果ってどんな効果のこと?

カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談をしている環境の中でも、自分に必要な事柄だけを選択して聞き取ることができる脳の働きのこと。

当たり前のことのようですが、日常生活のありとあらゆる場面でこのカクテルパーティー効果は無意識のうちに働いています。

例えば・・・

  • ざわざわした病院の待合室で自分の名前を呼ばれると気付く
  • 音楽を聴いていると、自分の興味のある楽器の音色を聞き取ることができる

人は健康な耳であっても、普段から言葉の一字一句を全て聞き取れているわけではありません。聞き取れなかった音があったとしても、その場の環境や会話の前後の内容から脳が補完をして理解することができています。自分にとって必要な音を脳が選別して、補い処理をしているというわけです。

kaku

騒がしい場所で聞き取れないのは加齢による聴力低下だけが原因ではない

加齢による聴力低下は早い方では30歳代から始まり、年齢が上がるほど難聴者の割合は増加していきます。

30から

また、聴力が低下してしまうこととは別に、弁別能(言葉を聞き分ける力)やカクテルパーティー効果などの能力も低下していくといわれています。

難聴というと耳が悪いということはもちろんなのですが、耳で受け取った音声を、これはなんの音なのか?誰がどんな言葉を言っているのか?ということを理解するのは耳ではなく脳で判断されます。補聴器をつけた瞬間から、昔のようになんでも聞こえるようになるわけではないのは、この脳の働きも影響しています。

難聴になると・・・

  • 家の中など静かな場所では聞こえるのに、外に出ると途端に会話が聞き取れなくなる
  • テレビを観ているとBGMが邪魔してよく聞き取れないことがある
  • 車の中だと周囲の騒音が気になり会話が聞き取りにくい
  • 複数の人が話していると何を話しているのかわからない
  • 突然話しかけられと聞き取れない

電気信号仕組み

 

できるだけ処理能力を助けるためには補聴器の両耳装用を

では、加齢による難聴の方がカクテルパーティー効果などをできるだけ発揮するにはどうしたらよいでしょうか?それは補聴器を両耳に使用することなんです。まずは聴力測定をきちんと行い左右の耳の状態を確認してください。過去に病気を患ったことがなく、単に加齢による難聴の場合は、左右とも同じぐらいに聴力が低下しているケースが一般的です。補聴器は片耳だけではなく両耳に装用して、左右から音が聞こえる状態が最も自然な聞こえ方に近づく方法です。

両耳装用をおすすめする理由

 

 雑音は自分にとって必要のない音だと脳が判断しやすくなる

PN1

 

 音がどこから聞こえてくるのか、方向感や距離感をつかみやすく、音が立体的に聞こえる

PN2

 

 片耳装用より音を大きく感じる

PN3

 

 左右の耳で、それぞれの音の情報を拾い、補い合うので言葉が聞き取りやすくなる

PN4

両耳装用におすすめの補聴器をご紹介します

PHONAK(フォナック) ビロングシリーズ

フォナック社のビロングシリーズは、両耳へつけた補聴器が常に左右で通信し合っているので、環境に合わせた聞こえ方に自動設定をしてくれます。両耳間音声通信技術といって、片耳装用では効果がなく、両耳に同じ機種を装用したときに限り効果が発揮されます。

OS

耳あな型【フォナックバートB】

耳の形に合わせて作成するオーダーメイドタイプの補聴器です。小さくて目立たないものから、操作しやすく幅広い聴力に対応できるものまであります。

PNB

B価格

<耳あな型フォナックバートBについて詳しくはこちらへ>

耳かけ型【フォナックボレロB/オーデオB】

軽度難聴から高度難聴まで対応できます。電池交換のいらない充電式タイプや、携帯電話とつなげて通話や調整ができるタイプなど多機能なものがあります。PNITE

BTE価格

※聴力により別途イヤモールド(耳栓)代がかかることもあります

<耳かけ型フォナックオーデオBについて詳しくはこちらへ>

まとめ

加齢により耳が聞こえづらくなったとき、補聴器をすれば元通りに聞こえるようになる・・・と思われる方も多いと思います。たしかに補聴器を使用すれば聞きやすくなることは間違いありません。でも残念ながら若い頃のように、どんな場面でも全ての会話が聞き取れるようになるとは限らないのです。聴力測定をして同じような結果がでた人同士であっても、言葉を聞き分ける能力や、必要な音を選別できる能力などによって補聴器の効果の感じ方には個人差がでてきます。

また、補聴器を初めて装用したときは、今まで聞こえていなかった音声が聞こえてきますので、うるさいと感じることもあるかもしれません。少しずつ聞こえる状態に慣れることが大切です。その為には、購入後も音の調整をしてもらえるお店を選んでください。通信販売や価格が安いだけを売りにしているお店は避けたほうがよいでしょう。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

 

 

難聴の方が車の免許更新時に補聴器が必要になる場合【前もって準備を】

車

車

年齢のせいか最近聞こえが悪くなってきたから車の免許が更新できないかも・・。難聴になってしまったけど運転してもいいのかな・・。というように、難聴だから車の免許が更新できるか心配なんですというご相談をいただくことがあります。でも、難聴だからといって運転をしてはいけないということはありませんのでご安心ください。ただし検査結果によっては補聴器を装用して運転をしなければいけないという条件がつくことはありますので、難聴の程度によっては補聴器を準備しておくとよいでしょう。

難聴の人に行われる検査について

難聴の検査といっても、病院で行うような細かい聴力検査をするわけではありません。

10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえるか

免許更新時ではこれが基準となるそうです。つまり実際に難聴があったとしても、10m離れた場所から鳴らされたクラクションの音が聞こえれば問題ないということになります。もし聞こえなかったとしても更新のための条件を満たせば運転することができます。

 

クラクションが聞こえた場合

何の条件もなく更新できます。

クラクションが聞こえなかった場合

補聴器をつけてもう一度同じ検査をします。

補聴器をすれば聞こえた場合には、更新はできますが、「運転するときは補聴器を装用する」ということが条件となります。免許証にも【補聴器】と記載されます。

補聴器をしてもクラクションが聞こえなかった場合

臨時適性検査を行い、適性が認められれば更新が可能です。ただし以下の2点が運転するための条件となります。免許証には【特定後写鏡】と記載されます。

  • ワイドミラーの設置をすること
  • 聴覚障害者標識をつけること

ちょうちょ

補聴器は使用せずに運転したい場合

すでに補聴器使用が条件になっている免許証をお持ちの方が、補聴器を使用しないで運転をしたいと希望したときの方法です。こちらもさきほどと同様に臨時適性検査を受ける必要があります。適性が認められれば、補聴器を使用しなくても運転ができるようになりますが、ワイドミラー設置や聴覚障害者標識をつけることが条件となります。

ちなみに免許証の表面には【条件備考欄記載】と記載され、裏面には「補聴器(使用しない場合は特定後写鏡で聴覚障害者標識を付けた重被牽引車を牽引しない準中型車と普通車に限る)等」と記載されます。

臨時適性検査とは

  • 「特定後写鏡を使い安全な運転ができるか」に関する検査
  • 「危険をとらえることができないおそれのある場面での安全運転」に関する講習

主に実車による検査や、安全講習を行います

※条件変更の手続きや検査実施日などは都道府県により異なりますので、詳しくは最寄りの警察署にお問い合わせください。

 

軽い難聴なら補聴器がなくても検査はクリアできるはず

免許更新のための検査をクリアできるかできないかだけで言えば、軽度難聴程度の方でしたら大きなクラクションの音は聞こえるはずですから、問題なくクリアできると思います。ここでの検査は、言葉を一字一句聞きとれるかというような厳しい検査ではなく、ただクラクションが聞こえるか聞こえないかというだけですので、最近少し聞こえにくくなってきたなという程度でしたら心配ないと思います。

下図は難聴を軽度・中度・高度・重度と4段階にわけて表したものです。90デシベルのクラクションが聞こえないということは、高度難聴から重度難聴くらいの聴力低下が起きている可能性があります。難聴がすすめば会話はもちろん、周りでしているいろいろな音も聞こえづらくなっています。気になる方は一度病院の耳鼻咽喉科で聴力検査を受けてご自身の聴力がどのぐらいなのかを把握しておくのも良いと思います。

GNオージオ

 

運転中に音が聞こえないと危険なこともあります

難聴であっても免許の更新ができることはお分かりいただいたと思いますが、安全のためにるべく聞こえている状態のほうが良いことは言うまでもありません。難聴になってしまったことで「運転中に救急車が近づいてきていることに気づくのが遅かった」「車内でラジオをつけていたのでクラクションを鳴らされていることに気がつかず事故になるところだった」などヒヤリとした経験をされた方も少なくありません。聞こえに不安を感じ始めたら、できるだけ補聴器を使って聞こえを補うことは大切です。

車危険

補聴器は時間に余裕を持ってつくりましょう

補聴器は注文してから完成するまでに1週間前後のお時間がかかります。完成後は装用する練習をしたり、音の調整なども行います。また基本的に耳の型を採り作成しますから、出来上がった補聴器を装用してみて、万が一きつかったり、ゆるかったりした場合は作り直すこともあります。入れ歯などの歯型を採るのと同じですね。ですから「明日が免許の更新だから今日ください」というわけにはいきません。聞こえが気になってきたら前もって準備を始めるといいですね。

時間

高重度難聴の方にはパワーの強い補聴器を

難聴がかなり進行されている場合は、補聴器の中でもかなりパワーの強い機種を選択しなければいけません。すでに補聴器をお使いの場合でも、出力の限界はありますので、もっと音量を大きくしたくてもできないということもあります。その場合は高度~重度難聴にも対応できる機種への交換をおすすめいたします。

重度難聴まで適応 リサウンド・エンツォ

EN988

  • 高出力タイプで重度難聴まで対応可能
  • iPhone、iPad、iPodtouchからの音楽や電話がダイレクトに聞こえる
  • スマホを使って細かい調整が可能

EN3D

EN体験

EN

 

障害者手帳があれば補聴器の補助制度があります

聴覚の障害者手帳をお持ちの場合は、補聴器購入時に補助制度が利用できます。手帳をお持ちの方や、まだ手帳は持っていないけどこれから取得したいという方は役場の福祉担当窓口へご相談ください。

<障害者手帳について詳しくはこちら>

62

聴覚障害等級表

まとめ

  • 検査方法はクラクションが聞こえるかどうかで判断される
  • 軽度難聴くらいなら検査すら行わないことも多い
  • 補聴器をつけて運転することが条件として更新されることがある
  • 重度難聴であっても適性が認められれば更新は可能

免許を更新できるか心配されている方には少し安心していただけたのではないでしょうか。しかし、安全に運転するためにはできるだけ聞こえる状態にしておくことも大事ではないでしょうか。「更新できたからいいや」ではなく日頃から補聴器をお使いになっておくこともおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

 

難聴と認知症でコミュニケーションが取りづらいと感じたら【ご家族の方へ】

難聴と認知症

難聴と認知症

「母親が難聴だけど認知症でどうせ話しがわからないから補聴器をしても意味がない。」こんなお話しを聞くことがあります。でも本当にそうでしょうか?たしかに高齢の方、とくに認知症の方の場合は、補聴器をして声が聞こえているにも関わらず、会話の内容が理解できずに周りの方とコミュニケーションが取りづらいことも多いかもしれません。しかし補聴器をしていないと、脳に音の刺激を受けにくい状態となり、さらなる認知機能の低下につながることがわかっています。難聴で認知症の人にこそ補聴器を使ってあげてほしいと思うのです。

難聴は認知症の発症要因のひとつです

現在、日本の高齢者の4人に1人は認知症、またはその予備軍といわれています。そこで政府は認知症施策推進総合戦略として新オレンジプランというものを策定しています。その中で、認知症を引き起こす要素として、加齢・高血圧・遺伝・喫煙・頭部外傷・糖尿病・そして難聴を挙げています。

オレンジ

 

聞こえていないことで起こる悪循環

加齢による難聴は、早い方では30歳代から始まるといわれています。会話がよく聞き取れないことで難聴を自覚されることが多いですが、少しずつ進行している場合はご自身が聞こえていないことに気がついていないこともあります。周りの方からは「声をかけても返事がない」「とんちんかんな返事が返ってくる」「大きな声で何度も同じことを言うのが疲れる」と言われてしまい、だんだんと余計な話しをしなくなってしまう傾向があります。そうなると少しずつ家族や社会から孤立してしまったり、自信や意欲もなくされてしまい、だんだんと認知機能に影響がでるといわれています。

広がり

 

補聴器を使って脳に音を届けるということ

私たちは普段、様々な音が聞こえていますが、何の音がしているのかは意識していなくても一瞬で判断しています。例えば、散歩中に車が近づいてきた音が聞こえれば「危ないから道のはじっこに寄ろう」と思いますよね。音情報が耳に入ると、今聞こえたのは何の音で、どうしたらよいのかを脳で考えているわけです。これが難聴の方になると、耳に入ってくる音情報が極端に少なくなりますので、当然脳で考える機会が減ってしまいます。会話に関しても、相手の声を聞く→何と言ったのか脳で判断する→返事をする、といったことが聞こえないことによりできなくなります。つまり聞こえないままにしておくのは脳が働くチャンスが減るということですので、認知症の方や、その予備軍にとって良くない状態であるといえるのです。補聴器を使って積極的に聞こえを補いましょう。

脳から

 

補聴器は周りの方のサポートも大切です

家の中でも、外出中でも周囲はたくさんの音であふれていますよね。例えば、近くで誰かが新聞をめくっている音、レストランでの食器が当たるカチャカチャ音、エアコンから出る風の音、犬の鳴き声、スーパーマーケット内に流れる音楽。健康な聞こえの方は、よほどの強大音でない限りは聞こえていてもいちいち気になりませんよね。しかし、聞こえない状態が長く続いた方が補聴器をつけるとこのような音が突然聞こえてくるわけです。これを「よく聞こえてうれしい」と思う方もあれば、逆に「うるさい」と感じてしまう方もいます。補聴器は初めてつけたその日から、違和感なく使用できるという方は少ないものです。音の調整を繰り返したり、音を聞くためのリハビリだと思って少しずつ慣らしていくことが大切です。また、周りの方が難聴者と会話をするときは、ゆっくりと分かりやすい言葉でお話ししてあげることも会話を理解しやすいポイントになります。

周り

 

補聴器の基本の使い方

いざ補聴器を使おうと思っても、操作方法が難しいのではないかと心配される方もいらっしゃると思います。ご自身で行う(周りの方がやってあげる)こととしては以下の4つが補聴器の基本的な使い方です。

 補聴器を耳へ装用する・・・いくら補聴器の音を調整しても耳へ入っていなければ聞こえません。落下の心配もあります。初めての方は最初は少しお家の中で練習してみましょう。

 電池がなくなったら交換する・・・電池は5日~15日程度(機種により異なる)で消耗します。なくなったらその都度、交換しなければいけません。

 補聴器の電源を入切する・・・電源を入れっぱなしにしていると電池があっという間に消耗してしまいますから、使用しないときは必ず電源を切りましょう。

 補聴器のクリーニング・乾燥・・・毎日お使いになっていると補聴器に耳アカや汚れ、汗が付着し、聞こえが悪くなることもあります。補聴器店でクリーニングや乾燥などのメンテナンスは行ってくれますが、なるべく清潔を保つには、耳掃除をして補聴器へ耳アカがつかないようにしておくことも大切です。

認知症の方の場合は、ご自身で行うのは難しいこともあるかもしれません。その場合はご家族や周りの方の手助けが必要です。

認知症の方におすすめの補聴器はこちら

初めて補聴器を使用する方や、ご自身では補聴器の管理が難しい場合はできるだけ操作がわかりやすく、面倒の少ない補聴器を選択されるとよいと思います。できるだけ扱いやすい機種にすることで、長くお使いいただける補聴器になるのではないでしょうか。

シーメンスシグニアの充電式補聴器 Cellion 

セリオン表紙

 

おすすめポイント

 持ちやすく、装用が簡単・・・補聴器は小さく目立たない機種もありますが、逆に小さすぎて持ちづらい、耳へ入れづらいということもあります。また紛失防止の為にも、ある程度の大きさがあるとよいのではないでしょうか。また、耳栓部分は耳型をとり作成するオーダーメード耳栓にすれば簡単に耳へ装用でき、ハウリング(ピーピー音)防止にもなります。

補聴器 小さい ずれない 

 

 電池交換不要で細かい作業がいらない・・・補聴器の電池はとても小さく、長くても半月程で消耗してしまいます。電池の交換の仕方がわからなくなってしまったり、予備の電池を買い忘れていたということもあります。また、電池が消耗していることに気付かず補聴器を装用し、全然聞こえないと訴える方も少なくありません。こちらは充電式タイプになっていますから電池交換は不要です。

セリオンランプ

 

 電源のON/OFF作業がいらない・・・一般的には補聴器の電池ケースを開閉することで電源のON/OFFを行います。うまく開閉が行えていないと、電源が入りっぱなしだったり、電源が切れたまま装用していたというケースもあります。こちらは充電台に乗せると自動的に電源が切れ、取りだすと電源が入りますので安心です。

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

 

価格

 

身障者手帳があれば補助制度が利用できます

聴覚での障害者手帳をお持ちの場合は、補聴器購入時に補助制度があります。もちろん認知症の方でも利用することができます。これは補聴器を現物支給される場合と、補助金を支給される場合とがあり、各自治体により異なります。また、補聴器を現物支給される場合は、ご自身で好きな補聴器を選べるわけではありませんのでご注意ください。

<身体障害者の補聴器補助について詳しくはこちらへ>

まとめ

高齢の方は単に耳が聞こえないというだけではなく、聞こえても正確に言葉を聞き分けられない、会話のスピードについていけない、単語の意味が分からないなどといったことが重なり、スムーズに会話が成り立たないことも多いと思います。だからといって聞こえないままにしておいてはコミュニケーションをとることがますます難しくなってしまいます。難聴の方には補聴器を使ってできるだけ音が聞こえる状態にしてあげることが大切です。認知症だからといって補聴器をしても意味がないということはありませんので、可能な限り補聴器をお使いいただくことをおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

メニエール病で難聴になり補聴器を使用しようか迷っている方へ【補聴器の選び方】

メニエール

メニエール

メニエール病とは難聴・耳鳴り・耳閉塞感を伴うめまい発作が繰り返し起きる病です。耳へのダメージが大きく、難聴になってしまいそのまま回復しないことも少なくありません。聞こえないことで日常生活に不便を感じたときは補聴器の使用をおすすめいたしますが、メニエール病による難聴はただ聞こえないというだけではなく、音が響きやすくなってしまうという特徴がありますので、補聴器は慎重な機種選びと調整が必要になります。

メニエール病について

メニエール病という病名を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。最近は芸能人の方が患っているということでも話題になりましたよね。この病気は別名「内リンパ水腫」ともいわれ、なんらかの原因により内耳のリンパ液が過剰に増えてしまうことにより症状があらわれます。

  • ぐるぐると回転するような激しいめまい
  • 難聴
  • 耳鳴り
  • 耳の閉塞感
  • 吐き気
  • 頭痛

なんの前触れもなく上記のような状があらわれてしまうそうです。発作は数分~数時間続き、仕事はもちろん、起き上がることもできない状態となってしまいます。今のところこの病気のはっきりとした原因は不明だそうですが、日々のストレスや疲労、気圧の変化、几帳面な性格などにも影響されるといわれています。

メニエール

難聴が治らないこともある

初めてメニエール病の発作が起きると一時的に耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りがしますが、発作がおさまると回復することが多いようです。しかしその後に発作を何度も繰り返すと、内耳にダメージを受け続けることになります。そうすると病院で適切な治療を受けていても難聴や耳鳴りがそのまま回復しないことがあります。

※内耳とは鼓膜よりもさらに奥にある部分のことをいい、音の振動を電気信号に変えて脳に伝えるための、耳の中では最も大切な器官です。

内耳

メニエール病による難聴の特徴

ひとことで難聴といっても、中耳炎であったり突発性難聴であったり、ケガや加齢のせいであったりと、難聴になってしまった原因により聞こえ方にもそれぞれ特徴があります。メニエール病が原因の場合にも代表的な3つの特徴があります。

 低い周波数の音が聞こえにくくなる

メニエール病の初期の段階では、多くの場合、低い音が聞こえにくくなるという特徴があります。また片耳だけに症状があらわれることが多く、両耳が聞こえなくなるというのは稀です。そしてその後に難聴が進行してしまうと、低い音に限らず全周波数が聞こえにくい状態となっていきます。

どんな聞こえ方かというと・・・

  • 水の中にいるような音に聞こえる
  • こもったような音に聞こえる
  • 耳が詰まったように感じる

 補充現象が起こる

補充現象とは、耳の中にある細胞が聞こえない音を補おうとして必要以上に聴覚が過敏になってしまう現象です。金属音や機械音、テレビの音、子どもの叫び声、車の走行音などが苦痛を感じるほど大きく響いてしまう状態です。

 聴力が日によって変動しやすい

比較的聞こえの良いときもあれば、悪いときもあり聞こえ方が安定しないことがあります。

メニエール病による難聴の方が補聴器を選ぶときに気をつけたいこと

病院で治療を受けても難聴が完治せず、日常生活に支障を及ぼすようになったときには補聴器の使用を検討しなければいけません。前述のとおりメニエール病により難聴になった場合は、聴覚が過敏になっていることが多く、ちょっとした物音でもうるさく感じてしまうことがあります。そして聴力が変動する点も考えると以下のことに気をつけて補聴器の機種を選択するとよいでしょう。

 雑音を抑制する機能・突発的な衝撃音を抑制する機能のついている補聴器を選ぶ。

 聴力の変動に対応できるように、ご自身でもボリューム等の調整ができる補聴器を選ぶ。

 全体的な聴力の低下が起きてしまった場合に備えて軽度難聴~高度難聴までカバーできる補聴器を選ぶ。

 補聴器の調整や慣れには時間がかかる可能性があります。根気よく調整を行いながら少しずつ慣らしていきましょう。その際はできれば補聴器専門店で調整してもらうことをおすすめします。

 通信販売などで販売されている安価な補聴器まがいの商品は、聴力に合っていないことはもちろん、細かな調整はできませんのでご使用にならないことをおすすめします。

メニエール病を患った方へおすすめの補聴器はこちら

  • メーカー:シーメンスシグニア 
  • 機種:シグニアPureNxシリーズ

NX

おすすめするポイント

 言葉を聞き取りやすくするように、周囲環境に応じて雑音を抑制する

 新聞をめくる音、食器のガチャガチャ音、ドアがバタンと閉まる音など突発的に響くような衝撃音を抑制する

ざわざわ食器

 リモコンやスマートフォンを使って環境に応じたボリューム調整が可能

スマホ

 耳掛型のRICタイプなら購入後に万が一聴力が大幅に低下してしまっても一部の部品を交換するだけで対応可能です

 iPhoneをお持ちならテレビや電話の音声が補聴器からダイレクトにきこえる

てれび

シグニアPureNXシリーズの価格

NX価格

<シグニアNXシリーズについて詳しくはこちらへ>

まとめ

メニエール病の患者さんは国内では推定4万人~6万人いるといわれています。聞こえに異変を感じたときはまずはすぐに病院で診察を受けてください。病気による難聴はできるだけ早く治療を受けることが大切です。その後、医師によりこれ以上の聴力回復は難しいといわれ、ご自身で生活に不便を感じ始めたら、補聴器の使用を開始するタイミングです。是非、関東補聴器までお気軽にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

突発性難聴の方に補聴器のおすすめは?【目立たない補聴器を大公開!】

突発性難聴 小型補聴器 おすすめ

突発性難聴 小型補聴器 おすすめ

突発性難聴の方におすすめしたい補聴器は、やっぱり目立たない小型タイプの補聴器です。
なるべく周囲に気づかれることなく難聴をカバーしたいというのが本音だと思いますので目立たないおすすめの補聴器の価格なども紹介したいと思います。
突然、聞こえなくなる突発性難聴になってしまったと難聴をあきらめずに、補聴器による聞こえの改善も可能ですので検討してみてください。

突発性難聴とは

昨日までなんでもなかったのに、突然聞こえなくなってしまう突発性難聴。
耳鳴りやめまいを伴うこともある原因不明の難聴です。片耳のみに発症することが多く両耳に発症することはとても珍しいことのようです。

片耳が詰まったような、変な聞こえ方になった場合は一刻も早く医療機関を受診してください。

突発性難聴の注意しておきたいこと

 おおきなストレス

 ウイルスによる発症

 血流などの不具合

 不摂生な生活

原因は特定されていませんが、このようなことが引き金になることが多いようです。

片耳が聞こえない

突発性難聴は、片耳に発症することが多いのですが、反対の耳は正常のままです。
正常な耳でも日常生活が何とか過ごせるので、「そのうち治るだろう。」とか「仕事や学校があるから後にしよう。」と医療機関を受診するのが後回しになってしまうことも少なくないようです。
しかし、突発性難聴は発症後、2週間が勝負といわれていますので、おかしいなと感じたら早期に受診してください。

突発性難聴 小型補聴器 おすすめ

治療後も聴力回復がなかった場合

適切な治療を行っても残念ながら聴力の回復が見られなかった場合は、聴力を補うために補聴器の使用を検討することになると思います。
難聴の程度がどのくらいなのかによって適合する補聴器が違いますので、補聴器専門店でしっかり相談してください。
補聴器使用の選択肢は2つあります。

難聴耳に補聴器を使用する場合
難聴耳はあきらめて良聴耳で補う場合

この2つがあります。順番に解説します。

難聴耳に補聴器を使用する場合

難聴になったしまった耳の残存聴力があり、補聴器をつけて聞き取りの向上が可能な場合は、もちろん難聴耳側に補聴器を使用します。
その際、気をつけたいのは突発性難聴が原因で加齢性の難聴とは違うので補聴器専門家と共にしっかり試聴を行い、音量や音質・機能設定などを微調整してもらうことが大切です。

目立たない小型補聴器紹介

やはり周囲に気づかれたくないと思う方が多数ですので目立たない小型補聴器を紹介します。

・メーカー シーメンスシグニア
・商品名  プライマックス2PX CIC/CIC312
・価格   200,000円

突発性難聴 小型補聴器 おすすめ

あなたの耳型採取を行い耳穴の形状に合わせてピッタリとオーダーメイドで作成する小型補聴器です。
上記の写真のように耳穴に入ってしまうため目立ちにくく、周囲から気づかれることはないでしょう。
極小の補聴器でありながら、中等度難聴までカバーできますので突発性難聴で中等度難聴まで聴力が落ち込んだ方でも対応可能です。
最大の特徴は「サウンドスムージング」という機能です。
「ちょっとした音がキンキン響く。」「金属音が不快なほど頭に響く。」と訴える方には、最適な機能です。

難聴耳はあきらめて良聴耳で補う場合

難聴耳側の聴力が高度難聴や重度難聴までの聴力になってしまうとなかなか補聴器の効果が難しい場合もあります。
そのような場合、難聴耳での補聴器使用ではなくクロス補聴器という特殊な補聴器を使って難聴耳側の音声を良聴耳側で合わせて聞いてしまうという方法があります。
クロス補聴器システムを検討していくことが必要ですね。

クロス補聴器の仕組み解説

クロス補聴器の仕組みを紹介しましょう。
難聴耳側にクロス送信機というマイク送信機を装着し難聴耳側の音声などをキャッチして、受信側の補聴器に送信します。
良聴耳側に装着した受信補聴器でキャッチして聞き取る仕組みです。
最新と通信技術とデジタル技術の進歩のおかげでできた片耳難聴専用の特殊補聴器なのです。
代表的な極小耳掛け型補聴器RICタイプになりますが、耳の後ろに隠れてしまう小型ですので周囲に気付かれることはありません。

片耳難聴 クロス補聴器

突発性難聴 小型補聴器 おすすめ

クロス補聴器の紹介

・メーカー フォナック
・商品名  クロス B-13
・価格   95,000円

片耳難聴 クロス補聴器

こちらは、送信側のクロス送信機ですので受信側の補聴器とセットで使用します。
受信側の補聴器は下記に紹介します。

・メーカー フォナック
・商品名  オーデオB30-13
・価格   180,000円

突発性難聴 小型補聴器 おすすめ

こちらは、クロス送信機から送信された音声をキャッチし再生する受信機補聴器です。

送信側と受信側とセットで使用しますのでセット価格は

クロス B-13    オーデオB30-13   セット価格
95,000円 + 180,000円 =275,000円

クロス補聴器システムセット価格は275,000円となります。

突発性難聴の方におすすめの補聴器まとめ

突発性難聴になってしまった場合、一刻も早く医療機関で適切な処置を行うことが大切です。
治療後、聴力の回復が難しい場合は補聴器を検討することになると思います。
難聴耳側に補聴器を使用する場合と難聴耳はあきらめて良聴耳を最大限活用する2通りがあります。
どちらのタイプの補聴器を選んだとしても極小タイプになっていますので周囲から気付かれることはないでしょう。
突発性難聴は、加齢による難聴とは違いますので、補聴器の選定や機能設定・音質調整がとても難しい傾向があります。
必ず、経験・知識・技術がしっかりした補聴器専門店で相談し、補聴器使用を強くおすすめいたします。

関東補聴器は30年以上の歴史を背負い経験・知識・技術には自信を持って対応させていただいております。
最新補聴器の試聴体験も無料で受付けていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

 

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

充電式補聴器を茨城で購入するなら関東補聴器へお任せください【簡単設置】

充電茨城

充電茨城

補聴器が欲しいけど使い方が難しそうで購入に踏み切れない。すでに補聴器を持っているけど使いこなせていない。使い方が簡単なものがあれば買いたい。そんなときは操作や装用がしやすい充電式補聴器をおすすめいたします。従来の補聴器に比べ、細かい作業が不要なタイプとなっています。茨城県内で充電式補聴器に興味のある方はまずは関東補聴器へご相談ください。

補聴器を使わない理由

日本補聴器工業会が発表しているJapanTrack2015というアンケートの中に補聴器を使わない理由についての回答がありますのでご紹介します。補聴器を持っていない方が補聴器を使わない理由のトップはわずらわしいからということでした。具体的にどんなことがわずらわしいのでしょうか。これには以下のような回答があったそうです。

  • まだ補聴器が必要と思っていない
  • 補聴器がきつい、痛い、大きすぎるから
  • 補聴器の装着や装着調整
  • 不快な騒音やハウリング等
  • とにかくわずらわしい
  • 周りの人が補聴器はわずらわしいと言っている
  • 価格が高い
  • カッコが悪いし、恥ずかしいし、そう思われたくない
  • 手入れや掃除が面倒くさい
  • 紛失する心配がある
  • 効果が無い
  • メガネと一緒だとわずらわしい
  • 耳の中でブンブン鳴る
  • かゆくなる
  • いちいち電池を換える
  • 汗に弱い
  • その他         

(JapanTrack2015より引用して作成)

このようなわずらわしさを解決するためにはどうしたらいいでしょうか。補聴器は初めてという方のために、まずは補聴器を使用していく上で欠かせない基本的な使い方をご紹介します。

一般的な補聴器を使用するときに行う基本的なこと

  • 電池を交換する
  • 電源をON/OFFする
  • 耳へ装用をする

補聴器はいろいろな機種が発売されていますが、ご自分で行うのはこの3点が最も基本的な使い方となります。中にはご家族や周囲の方にやってもらうという方もいますが、度々行うことですので、なるべくご自身でできることが望ましいですね。

電池を交換する

補聴器は使い捨ての空気電池で作動しています。電池は早いものだと5日程度、長いものでは15日程度(機種や電池のサイズにより異なる)で消耗しますので、その都度新しい電池へ交換しなければいけません。

電源をON/OFFする

電池を入れる部分(電池ケース)を開閉することで、電源のON/OFFをするタイプが主流となっています。補聴器を使わないときは電池ケースを開けておく、使うときは閉めるという作業が必要です。

耳へ装用をする

耳へきちんと入らなければよく聞こえませんし、落下の心配もあります。耳穴式でも耳掛式でもしっかりと耳へ装用することが大切です。

 

細かい作業はしたくないという場合には

補聴器や補聴器の電池は小さいものですから、電池交換などを含め使いこなす自信がなくて購入(使用)することをあきらめてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、使用しているうちにだんだん面倒くさくなってしまったということもあるかもしれません。

  • 手先がうまく動かない方
  • 目が不自由な方
  • 忘れっぽい方
  • 細かいことをするのが面倒、苦手な方
  • 足などが不自由で電池を買いに行かれない方

このような方はできるだけ操作や管理の簡単な補聴器を選択されるといいですね。

そこでおすすめなのがシーメンスシグニアの充電式補聴器です

充電式補聴器 シーメンス セリオン

 

Cellionのメリット

 定期的な電池の交換は不要・・・充電して使用するタイプですので、充電器にのせておくだけで大丈夫です。4時間充電器にのせておくとフル充電され、その後26時間連続使用できます。毎日使い終わったら充電器にのせて、次の日に使うときまでそのままの状態にしておいて問題ありません。電池交換の作業や、電池を買いに行く手間やコストが省けます。また、従来の使い捨て電池の場合のように、交換の仕方が分からなかったり、間違えて破損してしまったりという心配もありません。

セリオンランプ

 

 電源をON/OFFしなくていい・・・充電器に置くと自動的に電源がOFFになり、取りだすと自動的にONになります。電源の切り忘れ、入れ忘れの心配がありません。もし使用している途中で、補聴器の電源を一時的にとめておきたいときは本体についたボタンを押すことで電源ON/OFFすることも可能です。

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

 

 RICモールド(オーダーメイド耳栓)を使えば耳への装用がより簡単に・・・Cellionは通常、やわらかい素材でできた既製の耳栓がついていますが、お使いになる方の耳穴の形によっては装用しにくく、安定しないこともあります。そのような方には耳の型をとり、きっちりと耳に合わせた耳栓を作成することにより、装用が簡単になります。

<耳の型をとるとは?詳しくはこちらへ>

既製オーダー

 

Cellionのデメリット

 耳掛式しかない・・・今のところ耳穴式補聴器の充電タイプはございません。

 耳ダレのある方、耳垢が湿っぽい方には不向き・・・補聴器についた汚れや湿気は故障の原因になります。耳ダレなどに影響をうけにくい通常の耳掛式タイプをおすすめいたします。

 旅行時や数日のお出掛けのときは充電器を持っていかなければならない

 

Cellionの価格

値段

<primaxシリーズの性能についてはこちら>

 

茨城県内で充電式補聴器を購入したい方は関東補聴器へ

今まで補聴器を使ってみたいけどなかなか思い切れなかった方や、現在お使いの補聴器がうまく使えなくてお困りの方は、一度、関東補聴器までお気軽にご相談ください。基本的な操作が簡単な充電式補聴器についてくわしくご紹介いたします。

茨城県内には水戸店・古河店・土浦店の3店舗ございます。最寄の店舗までご来店いただくか、ご自宅や施設への出張訪問サービスをご利用ください。

補聴器専門店 認定補聴器技能者 茨城 水戸

補聴器専門店 認定補聴器技能者 茨城 古河

補聴器専門店 認定補聴器技能者 茨城 土浦

<各店舗へのアクセスはこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

 

NHK連ドラ「半分、青い。」は片耳が聞こえない女性が主人公の物語【片耳難聴について】

半分青い

半分青い

4月からNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の放送が始まります。これは高度成長期から現代までを舞台に、幼い頃病気により片耳を失聴してしまった1人の女性の物語だそうです。過去にも聴覚障がいを持つ方をテーマにしたドラマやアニメはありましたが、片耳だけ聞こえないという設定は珍しいのではないでしょうか。では片耳だけ聞こえないとはどのような聞こえ方でどんな不自由があるのか?片耳難聴についてお話ししたいと思います。

「半分、青い。」とはどんな物語?

連続テレビ小説第98作「半分、青い。」は、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていきます。

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東部の架空の町、東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった・・・。                (NHKホームページより抜粋)

脚本を手がけた北川悦吏子さんも病気により片耳が聞こえないことを公表されていますね。聴力は一度失うと回復しないことも多くあるようです。また主人公のように失聴してしまうと補聴器の効果も見込めないことがあるため、幼い頃から片耳は聞こえないまま生活を送られている方も少なくありません。

片耳だけ聞こえなくなってしまう原因

片耳が聞こえなくなってしまうのにはいろいろな原因がありますが、代表的なものとしては以下のようなことがあります。生まれつき聞こえない方もいらっしゃいますし、両耳とも健康だった場合でもその後、病気やケガなどによって聴力を失ってしまう方もいらっしゃいます。とくに小さいお子さんの場合、なんらかの原因で片耳が聞こえなくなってしまっているのに、もう片方が聞こえているため周囲の大人も気がつかないことがありますので注意が必要です。また、聴力が低下した場合は一日でも早い治療が必要といわれていますので聞こえに違和感を感じたときはすぐに病院へいきましょう。

  • 先天性の片耳難聴
  • おたふくかぜによるムンプス難聴
  • 突発性難聴
  • 中耳炎によるもの
  • 聴神経腫瘍によるもの
  • 音響性外傷によるもの
  • 事故による外傷によるもの
  • 内蔵疾患からくる難聴

 

片耳が聞こえないとどのような不自由があるか

当社にお越しくださる成人のお客様の中には、原因はわからないけど物心ついたときには片耳が聞こえなかったという方がいらっしゃいます。子どもの頃から聞こえなくて不自由を感じることもあったけど、特に聞こえ改善のための対策をすることもなく今まで生活されてきたそうです。そしてこの方と同じような状況の方はたいへん多くいらっしゃいます。片耳だけ難聴ということは、もう片耳は正常ですから全く聞こえないわけではありませんし、見た目でもわかりませんから周囲の方も気がつきません。そのため、グループで話しをしていても自分だけ聞こえず話しに入りそびれてしまったり、大切な場面で聞き返すことができなかったりなど様々なご苦労があるようです。

片耳難聴だと・・・

  • どこから音がしたのかわからない
  • 聞こえない耳の方から話されると会話ができない
  • 聞こえたフリをして適当な返事をしてしまう
  • 周りが騒がしい場所だと会話が聞き取れない
  • 授業中や会議中などにはとくに集中して聞くのでとても疲れる
  • 聞こえないことを周囲に理解してもらえない

 

片耳難聴の方には障がい者手帳がありません

現在の日本の制度では片耳難聴の方には障がい者手帳は交付されません。また補聴器を購入される場合の補助金制度なども今のところなく、全て費用は自己負担となります。

聴覚障がいの基準について

聴覚で障がい者手帳が交付されるのは両耳が難聴になっていることが条件となっています。難聴の程度により6級・4級・3級・2級と等級が別れています。

62

上の表は少しわかりにくいと思いますので、一番等級の軽い6級の内容をざっくり言いますと

  1. 両耳とも高度難聴になっている
  2. 片耳が重度難聴になっていて、もう片耳も中度難聴になっている

ということです。ですから片耳は重度難聴でも、もう片耳が正常な場合は障がい者とはなりません。

 

聴力レベル

 

片耳だけ難聴の場合でも補聴器を使用するべきか

片耳だけ難聴になっている方が補聴器を使用するかどうかは、日常生活を送るうえでご本人がどの程度不自由を感じているかによって決めていただくとよいと思います。片耳難聴の方は、多くの場合、静かな場所で1対1で会話をしているぶんにはとくに問題なく聞こえています。それとは逆に、騒がしい環境での会話であったり、話しをしている人が聞こえない耳側にいるときなどは聞き取りに苦労を感じることがあります。必要に応じて補聴器を使うというのも聞きやすさを改善する1つの方法です。

(例1)日常生活に不便を感じることはない 補聴器は必要ありません

(例2)授業中や会議中など大事な場面で聞こえなくて困ることがある   一般的な補聴器又はクロス補聴器を必要に応じて使用する

(例3)日頃から聞きづらいことが多くて困っているが難聴の程度が重く通常の補聴器では効果が見込めない 片耳難聴専用のクロス補聴器を使う

片耳難聴の方が補聴器を使用する際は、補聴器専門店でよく相談をし、日常生活での補聴効果を体感してから購入することをおすすめいたします。

 

クロス補聴器とは片耳難聴者のための補聴器です

フォナッククロス

補聴器をつけたくても難聴が重症化していて補聴器の効果が見込めないという方には、クロス補聴器という片耳難聴専用の補聴器もあります。こちらは特殊な補聴器ですので、一般的にはあまり知られていませんが、片耳難聴者の聞こえを補助する方法のひとつです。

仕組み

片耳難聴 クロス補聴器 ムンプス難聴

  • 難聴の耳へは・・・クロス送信機を装用する
  • 正常な耳へは・・・補聴器を装用する

クロス補聴器の仕組みは上のイラストのように

  1. 聞こえない耳側でしている音をクロス送信機で集音する
  2. それを電波により聞こえる耳へつけた補聴器へ届ける
  3. 補聴器から聞こえない耳側でしている音が聞こえてくる

クロス補聴器をつけても聞こえない耳が聞こえるようになるというわけではありません。聞こえない耳側の音を良い方の耳で聞くということですので、良い方の耳では通常の聞こえと、聞こえない耳側でしている音の両方を聞くということになります。

クロス補聴器で改善できること
  •  聞こえない耳側からの生活音や会話音が聞こえる
  •  聞こえない耳側から話しかけられても気付きやすい
  •  聞き間違いや聞き逃しが減る
  •  騒がしい場所や車の中での会話が聞き取りやすくなる
  •  数人での会話が聞き取りやすくなる

 

クロス補聴器をしても改善できないこと
  •  どの方向から音がしているのかは分かりづらい

 

クロス補聴器の価格

現在クロス補聴器を販売しているのはフォナック社、シーメンスシグニア社、ワイデックス社の3メーカーとなっています。ここではフォナック社を例にご紹介します。

耳掛け型の場合、送信機は¥95000です。これは聞こえない耳へつけます。これと聞こえる耳へつける補聴器も必要です。補聴器は¥180000~となりますので、両方合わせると¥275000~ということになります。

耳穴型の場合ですと、送信機は¥120000。補聴器は¥188000~となりますので、合わせて¥308000~ということになります。オーダーメイドになるため耳掛け型に比べ多少価格が高くなります。

クロスビロング

 

クロス補聴器の試聴レンタル

クロス補聴器はその特殊性からお使いになる方により効果の感じ方が違います。購入する際や、購入するかわからないけどちょっと試してみたいという場合は、可能であればレンタルをさせてもらいましょう。実際に職場や学校、近所でのお買い物など普段生活をしている場所でお使いになってみるとよいと思います。

当社でももちろんクロス補聴器のレンタルを行っております。どんな感じで聞こえる?操作は難しい?など気になることは体験していただくのが一番です。お試しになりたい方はお気軽に関東補聴器までご予約・ご相談くださいね。

 

まとめ

片耳難聴は、聞きづらいということを周りの方になかなか理解してもらえず不便を感じている方がたくさんいらっしゃいます。来月からのNHKドラマにより、多くの方が片耳難聴について知るきっかけになるかもしれませんね。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

 

補聴器専門店が補聴器を販売する前に耳鼻科での診察をおすすめする場合【禁忌8項目】

禁忌

禁忌

補聴器専門店がお客様に補聴器を販売する前には必ず耳の状態を確認いたします。そしてその状態によっては補聴器を作成する前に病院の耳鼻咽喉科での診察をおすすめする場合があります。その理由としては、補聴器を販売するにあたり耳の病気を見落とさないためや、事故防止のための「禁忌8項目」というものが定められているためです。補聴器を安心して購入するために大切な内容となっていますので参考になさってください。

補聴器販売店が遵守していること

初めて補聴器を購入しようと思ったとき、病院に行ったほうがいいのか?それとも直接補聴器販売店に行くべきなのか?迷う方もいらっしゃると思いますが、結論からいいますとまずはどちらに行かれても構いません。例えば直接販売店へ行かれたとしても、補聴器を販売する場合には「禁忌8項目」というものが決められており、販売者はそれを遵守しています。お客様との問診の中でこの禁忌8項目に該当すると判断した場合には、購入前に医師の診察をお受けになるようおすすめしています。その目的としては以下の2点になります。

  • 病院で治療を受ければ回復する可能性のある難聴を見逃さないため
  • 耳が変形している方が補聴器を作成する際の耳型採型の事故防止のため

安静に

「補聴器販売に関する禁忌8項目」の内容

補聴器販売店ではお客様が以下の項目に1つでも該当する場合は、補聴器購入前に耳鼻咽喉科での受診をおすすめしています。

補聴器販売に関する禁忌8項目

1.耳の手術を受けたことがある 過去に耳を手術している場合は、外耳道が変形していることがあり、耳型採型や傷跡にも注意が必要となるためです。

2.最近3ヶ月以内に耳漏があった 耳漏とは耳ダレのことです。なんらかの原因で耳ダレがでている場合は治療が必要な場合があるためです。

3.最近2ヶ月以内に聴力が低下した 突然聞こえが悪くなった場合は、突発性難聴や中耳炎などの病気が疑われるためです。

4.最近1ヶ月以内に急に耳鳴りが大きくなった 難聴者は普段から耳鳴りがしているという方も多いのですが、今までとは違い突然耳鳴りが大きく聞こえるようになった場合は原因解明と治療が必要な場合があるためです。

5.外耳道に痛みまたは、かゆみがある 治療を優先します。

6.耳あかが多くたまっている 外耳道をふさいでしまうほどたくさんの耳あかがある場合は除去をお願いしています。

7.聴力測定の結果、平均聴力の左右差が25dB以上ある 右耳と左耳の聴力に大きく差がある場合は原因解明と治療が必要な場合があるためです。

8.聴力測定の結果、500、1000、2000Hzのいずれかの聴力に20dB以上の気骨導差がある 治療により聴力が改善できる場合もあるためです。

 

 

補聴器装用に支障がないと判断されたらいよいよ購入です

禁忌8項目に該当し、その後耳鼻科での治療が終了したときや、治療の必要はないと診断されたらいよいよ補聴器装用開始です。もう一度販売店へ行き、耳の状態に適した機種を選択されるとよいと思います。耳ダレの出やすい方や、聴力の状態などによっておすすめできる補聴器も変わりますので、販売店へ相談してみましょう。そして購入後は販売店にて音の調整を行ったり、補聴器のクリーニングを行ったりとアフターケアも大切になりますから、ご自身が行きやすい場所にあったり、出張訪問サービスのある補聴器専門店を選ばれるとよいと思います。

せっきゃく

耳の状態に適した補聴器とは

補聴器は各メーカーより様々な形状や性能のものが発売されていますが、どれでもいいという事はなく、聴力・生活スタイル・耳の病歴や手術歴・ご予算など様々なことを考慮し機種を選択していきます。

耳あな型
  • 耳の型をとり作成する。耳穴にすっぽり収まり目立たないオーダーメイドタイプの補聴器
  • 軽度難聴から高度難聴まで対応可能
  • 価格は片耳10万円~50万円程
  • 耳の手術をしたことがある方は外耳道が変形しているため作成できない場合があります
  • 耳ダレの出る方や耳垢が湿っぽい方にはおすすめしません。補聴器に耳ダレ等が付着し故障の原因となります。

FN耳穴

 

耳かけ型
  • 耳穴式に比べ大きいため目立つが、取り扱いはしやすい
  • 軽度難聴から重度難聴まで幅広く対応
  • 価格は片耳5万円~50万円
  • 装用感の良いタイプや充電式タイプなど多機能
  • 左右の聴力に大きく差がある場合や、片耳だけ難聴の方向けに作られている特殊なクロス補聴器もあります

FN耳掛け

 

まとめ

「初めて補聴器を購入するときは耳鼻科に行ってからのほうがいいでしょうか?」とご質問をうけることがありますが、必ず病院に行かなければいけないと決まっているわけではありません。しかし耳の状態などによっては補聴器販売店より受診をすすめられることもあります。そのときはより安心して補聴器をご使用になるために、面倒でも一度病院に行かれるとよいと思います。また、今回ご紹介した禁忌8項目にどれも該当せず、単に加齢により聞こえが悪くなったという方や、過去にすでに診察を受けて「これ以上は治りません」と言われたことがある方は、信頼できる補聴器専門店で購入を検討されるとよいと思います。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

補聴器がピーピーとハウリングして困っている方へ【原因と対策法】

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器がピーピーとハウリングして困っている方が意外と多いんですよね。このピーピー音は使用者本人だけでなく周囲の人にもストレスになりますからしっかり原因を把握し、対策したいものです。
会社の上司やいつも一緒にいるパートナーの補聴器がピーピーとハウリングしていると周囲の方もどうしたらいいのか困ってしまいますよね。
なぜ補聴器がピーピーとハウリングするのか、どうしたら防げるのか解説しましょうね。

ピーピー音の正体はハウリング

ハウリングとは、スピーカーから出力された音をマイクが拾い、その音をまたスピーカーが再生するということを繰り返すと起こる現象のことをいいます。
カラオケをやる時にスピーカーにマイクを近づけるとピーっと反響音が起こりますよね。
これが、ハウリングです。
補聴器にもマイクとスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)が内蔵されていますので、このカラオケで起こるハウリングのリスクはあるのです。

補聴器で起こるハウリングの仕組みとは

補聴器は、マイクで拾った音声を大きく増幅してスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)から出力して耳の中に届けます。
このとき、耳穴に入った音が補聴器と耳穴の隙間から外に漏れて、また補聴器のマイクに入ってしまうと起こるのです。
そうです。
補聴器が耳からずれたり、隙間があいているとピーピー音、ハウリングが起こるのです。

パートナーの補聴器がハウリングしていたら

パートナーの補聴器がハウリングしていたら、補聴器がずれてしまっている可能性が高いのです。
そのままにしていて、自然にハウリングが収まることはありませんので使用者本人に教えてあげてください。
動いたり、触ったりしたためか補聴器がずれていると思われますのでしっかり装着しなおすように促すと良いでしょう。
きちんと耳穴に収まればハウリングは解消されますからね。

耳から外した補聴器がハウリングしている

よく補聴器使用者のご家族から質問されることですが、「外した補聴器が、机の上やケースの中でピーピーとスゴイ音を発している!」っと。
これは、補聴器の電源が入ったままになっているからです。
電源が入っていればスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)から増幅された音が出ていますのでマイクで拾ってしまいハウリングがおきます。先に解説した通りですから。
こんな場合は、きちんと電源を切りましょうね。

ハウリングの仕組みやハウリングが起こってしまったときの解消法を解説しました。

ただ、そもそもハウリングが起こらないようにすることが必要ですよね。
ハウリングを起こさないようにする対策法を、いよいよ紹介します。

そもそもハウリングさせない対策法

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策上記で解説したようにハウリングの原因は補聴器が耳穴からずれて音が外に漏れることで発生します。
では、補聴器がずれないようにすれば、ハウリングは起こらなくなります。
ずれないようにするためには、どのようにしたら良いのでしょうか。

耳型採取のオーダーメイド

耳穴からずれないようにするのに最も効果的な方法は、耳型採取を行い、自分の耳の形にあわせてピッタリ合わせて作成してしまうオーダーメイドです!
入れ歯に例えられることが多いのですが、ピタッと耳穴に収まります。
耳の穴は、大きな方や小さな方・曲がっている方や真っ直ぐな方・上向きな方や下向きの方…などなど十人十色です。
出来合いの補聴器やゴムの耳栓などでは、ずれてしまうことは容易に想像がつきますよね。

<補聴器の耳型採取について詳しくはこちら>

補聴器の耳型採取は重要

補聴器はカラオケの機材のような大きさではなく、超小型です。
小型であるためスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)とマイクの距離はとても近くにありますからハウリングのリスクはとても高いのです。
そのため、補聴器の耳型採取は、ハウリング回避のためにも、とても重要になってくるのです。

耳型採取には高度な技術が必要

耳型採取には、とても高度な技術が必要になります。
この型の取り方ひとつで、補聴器のハウリングリスクや聞こえ方、装用感などが決まってきます。
経験や技術がある補聴器専門店できちんとした耳型採取を行って、補聴器を作成することを強くおすすめします。
通信販売や店頭に並んでいる補聴器を安易に手にすると失敗する恐れもありますから注意してくださいね。

<通信販売の補聴器のリスクについて詳しくはこちら>

最新のデジタル技術でハウリングを抑制

最新のデジタル補聴器は、ハウリングを抑制する機能が搭載されています。
この機能を使うことでハウリングのリスクを軽減し、機械的な機能で抑制することもできるのです。
補聴器専門店で補聴器の微調整や機能設定を行ってくれますので、ハウリングのことは遠慮なく相談し、機能設定を微調整してもらうことも必要ですからね。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

 

オーダーメイド耳穴式補聴器紹介

関東補聴器で人気のオーダーメイド耳穴式補聴器を紹介しましょう。

メーカー シーメンスシグニア
商品名  プライマックス1 MC/MC312
価格   160,000円

シーメンス シグニア おすすめ補聴器補聴器 耳穴型オーダーメイド 南房総館山

あなたの耳型採取を行い作成するオーダーメイドです。
サイズも小さく耳穴に装着してしまえば、周囲から気付かれることはないでしょう。
軽度難聴から高度難聴まで対応できる幅広さも人気の理由。
もちろん、ハウリング抑制の機能も搭載していますので、機能設定とオーダーメイドでハウリングのリスクを極限まで抑えます。

耳掛け式補聴器はオーダーメイド耳栓

耳掛け式補聴器では、耳に入る耳栓を耳型採取を行い、オーダーメイド耳栓イヤモールドにすることで耳からずれることを防ぐことができます。
耳掛け式補聴器は、耳の上に補聴器本体が乗っかっていますので、動いてずれてしまうことがよくあります。
イヤモールドを使用することで耳栓がピッタリ収まって、ずれることを防止してくれます。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

オーダーメイド耳栓イヤモールド紹介

関東補聴器は自社ラボ(工場)完備ですので耳型採取からイヤモールド作成まで最速で作成可能です。
創業30年以上の歴史を背負い、専門技工士による匠の手技で作成するイヤモールドは皆さまから高い評価と支持をちょうだいしております。
お好みのカラーを選ぶこと(無料)もできますし、修正や再作もタイムリーに対応可能です。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

価格 10,000円

最寄の関東補聴器各店で耳型採取を行い、ご注文いただけます。

耳穴も加齢と共に変化します

耳穴も加齢と共に、シワがよってきたり、皮膚がたるんできたりして変化してきます。
痩せたり太ったりしても耳穴は変形しますが、オーダーメイドした補聴器でも耳穴の皮膚の変化などでずれてくることがありますので、定期的に補聴器専門店で補聴器のメンテナンスも含めて観察&管理していくことが必要になってくることでしょう。
購入後、数年経過している補聴器は、オーダーメイドしたものでも合わなくなってハウリングが起こってくることがありますので注意が必要ですからね。

補聴器のハウリング対策についてまとめ

補聴器がピーピーするハウリングは、本人も含め周囲の方もとても不快ですよね。
原因は補聴器が耳からずれて音が外に漏れてしまっているからです。そのままにしていてもハウリングは収まりませんので周囲の方が気付いた時は、キッチリ耳に入れなおすように促してあげるとよいと思います。
そして、そもそも耳穴からずれないようにするのが最大の対策法ですよね。
そのためには、耳型採取を行い、耳穴にピッタリ合わせたオーダーメイドで作成することが最善の方法です。
信頼のおける補聴器専門店で耳型採取を行い、オーダーメイドで作成してもらいましょうね。

関東補聴器は30年以上の歴史と経験を持つ補聴器専門店です。
聞こえの悩み、補聴器の悩みは気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

職場の健康診断で聴力検査を受けたら1000Hzと4000Hzで所見ありとの結果にショック【補聴器装用開始のキッカケ】

10004000

10004000

職場の健康診断で聴力検査を受けたことはあるでしょうか。検査では1000Hzと4000Hzの音が聞こえるかどうかを測定しますが、その結果所見ありとなり再検査をすすめられることもあります。聞こえにくさを感じていなかった方は意外な検査結果にドキッとしますよね。すでに日頃から聞こえにくさを感じ始めていた方には、やっぱり聞こえていないのか・・・とショックを受けることもあるかもしれません。しかしご自分の今の耳の状態を知ることは大切なことです。今回は診で行う聴力検査についてと、その後に補聴器の装用を開始するタイミングについてお話しをしたいと思います。

健康診断で行う聴力検査の基準について

通常聴力検査は静かな防音室で行われます。そして的に職で実施する健康診断では1000Hzと4000Hzという2種類の音が聞こえているかどうかを測定します。(施設により測定方法が異なることもあります。)これは職場における労働者の安全と健康を守り労働災害を防止することを目的とする「労働安全衛生法」という法律で定められています。基準としては1000Hzと4000Hz(ヘルツ=音の高低)の音が30dB(デシベル=音の大きさ)以下で聞こえれば正常と判断されます。

  • 1000Hz:日常生活で最もよく使われている音の周波数。
  • 4000Hz:1000Hzに比べ高い音。工場や工事現場など大きな音がしている環境に長時間いると、4000Hz付近の聴力だけが低下することがある。また、加齢に伴う難聴は高い周波数から聞こえにくくなることが多い。いずれも自覚症状がないことも多いため、難聴の早期発見のために実施する。

人間ドック

公益財団法人日本人間ドッグ学会ホームページより引用

検査の結果が所見ありならまずは耳鼻咽喉科へ

健診ではご自身では気付かなかった難聴が発見されることがあるわけですが、すでに普段から聞こえにくいと感じていた方にとっては病院へ行ったり、その後に補聴器を使い始めるきっかけになることも多いようです。いずれも難聴の自覚症状の有無に関わらず、所見あり(異常あり)との結果でしたらまずは病院の耳鼻咽喉科での診察をお受けになることをおすすめいたします。

こんな症状ありませんか?

チェック

聴力は30歳代を境に衰えはじめる

例えば加齢により老眼になるのと同じように、とくに耳の病気がない場合でも聴力は年齢と共に低下をしていきます。もちろん個人差はありますが、聴力は一般的に30歳代を境に衰えはじめるといわれています。そして周波数の高い音から徐々に聞こえにくくなるのが特徴です。難聴というと高齢者がなるものというイメージを持たれている方も多いと思いますが、加齢による難聴は実際にはもっと早くに始まっているということになります。

30から

健診では1000Hzと4000Hzの音がそれぞれ30dB以下で聞こえれば正常と判断されます。上の表で示されているように、補聴器の装用を検討する目安のレベルは30dBとなっています。30dBとは時計の秒針の音ぐらいの大きさと言われ、普通の会話音は60dB程度の大きさとされています。

sm

加齢による難聴ではない場合

加齢によること以外にも難聴の症状には様々な原因が考えられます。これらは治療により改善することもありますし、残念ながら改善しない場合もあるようです。下記のように年齢が若い方でも難聴になる可能性はあります。心当たりのある方はなるべく早めに適切な治療を受けることが大切です。

  • 水、異物、過度な耳アカが詰まっている
  • 職場などで大きな音のする環境にいることが多い(騒音性難聴)
  • イヤホンやライブで大音量の音楽を聴いたことによるもの(音響性外傷)
  • ストレスによるもの
  • 病気によるもの(中耳炎、突発性難聴、メニエール病など)   …など

医師に聴力の改善は難しいと言われたら補聴器を検討しましょう

病院に行き再検査を受けたらやはり聴力が下がっていた場合に、医師より「とくに治療の必要はない」「これ以上は回復しません」「年のせいですね」などの診断を受けられた場合には補聴器の装用開始を検討するタイミングです。もちろん生活に支障がない場合は無理に補聴器をつける必要はないと思いますが、日頃から聞き間違えがあったり、ご家族から聞こえていないのでは?などと指摘されることがある場合は早めの補聴器装用をおすすめします。

<補聴器の早期装用のメリットについて詳しくはこちらへ>

軽度の難聴には小さく目立たない補聴器があります

最近の補聴器は小さく目立たないタイプのものが主流となっています。補聴器を使用してみたいけど目立つのはイヤだ、つけている事を人に知られたくないというお気持ちの方も多いと思います。そこで軽度難聴で初めて補聴器をお使いになる方におすすめの補聴器をご紹介いたします。

耳穴型 CICタイプ
  • メーカー:フォナック
  • 商品名:バートV-10NWO
  • 価格:¥180000(片耳)

バートV耳穴にぴったり収まるので補聴器をつけていることを周りに気付かれないタイプ。とにかく目立たないことを重視する方へおすすめです。

B-10

<フォナックバートVについて詳しくはこちら>


耳掛け型 RICタイプ
  • メーカー:シーメンスシグニア
  • 商品名:PURE312Nx
  • 価格:¥270000(片耳)

NX312

小さく目立たないことはもちろん、高機能搭載。音のこもり感が少なく、自然な聞き心地で装用感のよいタイプ。

RIC画像

<シグニアPURE312Nxについて詳しくはこちら>

まとめ

健康診断の聴力検査で難聴が発見されることはよくあります。ただしその難聴が軽いものなのか、それよりも重い状態なのかは再検査でもっと詳しい検査をしないとわかりません。1000Hzだけ所見ありだったり、1000Hzも4000Hzも両方所見ありだったりと個人差はありますが、難聴の疑いのある場合はそのまま放置しないようにしましょう。また残念ながら回復の見込みのない難聴だった場合には、補聴器を使用し聞こえを補うという方法がございます。難聴が悪化してからいよいよ補聴器をご使用になるより、できるだけ早期に装用すればその効果も大きいことがわかっています。健診をきっかけに補聴器をしてみようかなと思ったときは是非関東補聴器までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>


耳穴式補聴器 専門店 耳型採取