補聴器は値段が高いものなんですか?【補聴器の値段について解説!】

補聴器 高い 値段 

補聴器 高い 値段 

補聴器は、誰でも身近にあるような商品ではないので相場価格がわからない方が多いのも当然です。
身近にない補聴器ですから価格もわからないし、どこで買ったらいいかもわからないという方が多いのではないでしょうか?
補聴器の相場価格は5万円程度から50万円程度までととても幅広く存在します。
購入先も補聴器専門店からメガネ店などいろいろです。
では、補聴器は値段が高いのか購入のポイントから解説していきましょう。

補聴器の価格の違い

補聴器はおおまかに約5万円程度から50万円程度までとかなり幅広く用意されています。
この金額は、片耳の価格ですので両耳に補聴器を使用する場合は単純に2つ分、すなわち×2ということになります。
商品やメーカーによっては、両耳セット価格などの用意もありますので両耳使用の場合は割安なセット商品もありますので補聴器専門店に問い合わせてみましょう。
さて、本題の「補聴器の価格の違い」ですが価格の違いには以下のことが関係しています。

タイプ(形状)の違い
性能・機能の違い
保証の違い

このような違いから価格に違いが出てきます。
この価格の違いについて詳しく解説した記事が下記にありますのでご覧ください。

<補聴器の価格の違いについて詳しくはこちら>

補聴器 種類 価格

自分に合っていない補聴器はだめ

補聴器の取り扱いは、様々なところで行っているようです。
しかしながら、自分に合っていない補聴器を購入してしまった場合、うまく聞こえない・上手に使いこなせないなどの不具合が出てきてしまいます。
そうなってしまうと「ムダに高い買い物」をしてしまったことになってしまいます。
高い高性能な補聴器を購入しても、調整や設定があなたに合っていなければ無用な長物になってしまいます。
そんな失敗をしてしまった方は「補聴器は高いもんだ。」と思ってしまうかもしれませんよね。

補聴器の購入先

補聴器はどのようなところで購入するものなのでしょうか?
取扱いがあるのは以下のようなところではないでしょうか。

補聴器専門店
メガネ店や電気店などの兼業店
耳鼻科など医療機関での補聴器外来
ネットや新聞などの通信販売

このような購入先が考えられますね。

補聴器専門店

専門店ですので知識・技術・経験は最良だと思います。また品揃えに関しても専門店は一番豊富であると思います。
価格に関してあなたにとって無理のない予算内で購入することが可能で、しっかり相談し納得できる値段の商品を購入しましょう。
認定補聴器技能者が在籍し、複数メーカー取扱いの補聴器専門店ならば高額な補聴器をすすめられたなんてことはないと思います。
複数のメーカーからあなたの予算内で適切な補聴器を提案してくれることでしょう。

メガネ店や電気店などの兼業店

認定補聴器技能者が在籍している店舗が望ましいでしょう。また、取扱いメーカーが複数でない場合、あなたの予算に見合った補聴器がない場合がありますのでしっかり相談しましょう。
補聴器担当者が不在の場合、タイムリーに対応できない場合もあるようですので購入前にしっかりした体制になっているのかの確認や購入予算金額を伝えることが大切になります。

耳鼻科など医療機関での補聴器外来

直接、耳鼻科医が補聴器販売するケースはほとんどなく外部の業者に販売委託されているケースがほとんどのようです。
委託されている業者が調整や設定を行うケースが多く、補聴器外来の曜日と時間が決まってるので自分の都合で委託業者にみてもらう事が難しいという側面があります。
遠方から来ている業者だとなかなかタイムリーに対応ができないこともあるかもしれません。

ネットや新聞などの通信販売

通信販売は対面販売ではないため耳の状態や使い方を確認したり、試聴などを行うことが難しく自分にあっている補聴器を購入できることはありません。
安価で気軽に注文できるという手軽さはあるものの失敗する可能性はとても大きいといわざるを得ません。
補聴器はあなたの耳に合わせなければ使用できませんから対面販売が基本です。

補聴器は調整や設定が重要です

補聴器 高い 値段 

補聴器という商品そのものは、どこで購入しても大きな差はないと思われますがあなたに「合わせる」ということに関して差が出てくる可能性があります。
自分に合っていない補聴器は価格がいくらであっても「高いもの」になってしまう恐れがありますよね。
価格が高いか安いかよりも予算内で自分にしっかり合った補聴器を購入することが大切なのです。
そのためには、補聴器をきちんと調整し、しっかりと設定し、うまく使用できるようにサポートしてくれるお店で購入することが重要なのです。

<補聴器購入の流れ詳しくはこちら>

補聴器は価格よりもサービス重視

補聴器 高い 値段 

補聴器という商品は購入して終わりではないのです。
安価な補聴器でも高価な補聴器でも購入後、音量や音質を再調整してもらう必要がありますし、故障や不具合予防のために定期的なメンテナンスが欠かせません。
売りっぱなしの安価な補聴器を選ぶよりも、しっかりと責任を持って対応してくれる補聴器専門店を選ぶほうが価格に見合ったサービスを提供してくれるはずです。

補聴器の金額に含まれるもの

補聴器 高い 値段 補聴器の金額に含まれるものは、補聴器を使用していくために必要なサービス料も含まれています。
そのため、「補聴器は高い。」と思われる方が多いのかも知れませんが、補聴器を使用していくために必要な調整や再設定、メンテナンスや保証、顧客管理などが合算されているのです。

補聴器は高価なものかのまとめ

補聴器という商品は購入して終わりというわけにはいきません。
電化製品やメガネと同様に思われている方がいるかもしれませんが、購入後、音量や音質の調整や機能の再設定、故障予防の保守点検やメンテナンスなど、まるで「かかりつけ医」のように補聴器販売店とお付き合いしていく必要があるのです。
そのコストの大部分などが、補聴器代金に含まれていますので金額的にはある程度の予算が必要となります。
しかしながら、安価な補聴器で自分に合っていない商品は意味がありませんよね。
高価な高性能補聴器でも同様にあなたに合っていなければ意味がありません。
補聴器の購入に失敗してしまう方は「補聴器は高いもの。」という感覚を持ってしまうのかもしれません。
失敗しないためにも補聴器の購入の際には、信頼のおける補聴器専門店に相談することを強くおすすめします。

補聴器 高い 値段 

関東補聴器全店には認定補聴器技能者が在籍しています。
複数メーカー取扱の補聴器専門店ですのであなたの予算に見合った補聴器を提案いたします。
無料の試聴体験も行っていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

創業32

補聴器の価格と品質は比例しますか?なぜこんなに価格差があるの?【徹底解説シグニア編】

比例

比例

初めて補聴器を購入しようと思ったとき、機種がたくさんあって価格差も大きいですからどの補聴器がいいのか迷うこともあると思います。然ながら補聴器の価格と品質は比例いたします。品質といっても、安いものだとすぐ壊れる、高いものは壊れない、というわけではありまん。補聴器は見た目や材質は同じでも、内部に搭載されている機能の違いによって大きく価格差が生じます。では具体的にはどんな機能があるのか価格と品質についてご紹介いたしますね。

補聴器の価格は5万円~50万円位と幅広い

補聴器の価格は片耳で5万円位~50万円位のものまであります。かなり幅広い設定となっていますが、いずれも聴力測定をしたり、基本的には耳の型を採り、きちんと耳に合わせて作成していきます。そして一般的には片耳15万円~20万円位の補聴器をお使いになっている方が多くいらっしゃいます。ちょうど中間あたりの価格帯といったところでしょうか。両耳につけると倍の価格ですので両耳30万円~40万円ほどということになります。これはあくまで平均的な価格ですが、購入の際はご予算に無理のない範囲で、よりよい補聴器を選択されることが大切です。ちなみに通信販売などで1万円~3万円程度で販売されているものもありますが、こちらは集音器といわれ補聴器とは全く別の商品ですのでご注意ください。

<補聴器と集音器の違いについてはこちらへ>

補聴器の価格の差は性能の違いによるもの

カタログやインターネットなどで補聴器を比較しようと思ったとき、価格は異なるのに見た目は全く同じ場合もありますから違いが少しわかりにくいですよね。各機種ごとに内部に組み込まれている性能が違うわけですが、補聴器には音量調節はもちろん、雑音を抑制する機能や、風の音や反響音を軽減させる機能など様々な性能があります。各メーカーにより機能やその名称は多少異なりますが、今回はシーメンスシグニア社の機能を例にご紹介しますので参考にしてくださいね。

比較

こちらは機能一覧表になりますが、ずらっと細かく書かれていてわかりにくいと思いますので簡単にご説明しますね。こちらでは機能をこえ・雑音抑制・指向性・高機能・学習機能・便利さ・リモコン通信機器7つに分類して表示をしています。大まかな言い方にはなりますが、これらの機能が全て搭載されているものが高価格の補聴器となり、価格が下がるにつれ搭載されている機能が少なくなるということです。

聞こえ
  • 周囲が騒がしい場所でも会話にピントを合わせて聞き取りやすくする機能

聞こえ

  • 聞こえる音の幅を分割して調整できる機能。分割した数(チャンネル数)が多いほど細かい調整が可能。例えとしては写真の鮮明さをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

チャンネル

雑音抑制
  • 食器がカチャカチャあたる音、新聞をめくる音、ドアがバタンと閉まる音など突発的に聞こえる衝撃音を抑制する機能
  • 屋外で風が吹いていると気になるゴーゴー音(風切音)を軽減させる機能

風切り音

指向性
  • 正面にいる話し相手の声を聞きとりやすくする機能
  • 掃除機や車などの動く雑音を追いかけながら抑制する機能
  • 横や後ろの雑音を大幅に抑える機能
高機能
  • 会議室や集会所で発生しやすいワンワンとした反響音を抑える機能
  • 高音域の音を再生することで原音に近い自然な聞き心地を得られる機能
  • 補聴器が自動的に会話用、音楽を聴く用、外出用など環境に合わせた聞こえに切り替わる機能
学習機能
  • リモコンやボリューム調整を繰り返すことで好みの音を学習していき、環境に合わせた音を自動で再現してくれるようになる機能
リモコン通信機器
  • リモコンを使いご自分で音量調整ができたり、テレビの音声を直接補聴器へ届け聞きやすくする機能
  • 片耳難聴用のクロス補聴器に対応

便利

シーメンスシグニア社のprimaxシリーズの場合

primax

さきほどご紹介した機能が搭載されているのがシーメンスシグニア社のprimaxシリーズです。こちらは性能により5段階の価格設定となっています。

<primax耳かけ型の場合>

  • 7primax  \490000(片耳)
  • 5primax  \340000(片耳)
  • 3primax  \250000(片耳)
  • 2primax  \180000(片耳)
  • 1primax  \140000(片耳)

ではどの機種にどのぐらいの性能があるのかを、総合的にわかりやすくまとめたものが下の表になります。例えば、お仕事で会議などにでることが多い方や、どのような環境においても少しでも話しを聞き逃したくない方には全ての機能が強く働く7primaxが必要かもしれません。逆にお家の中での静かな環境で過ごすことが多い方にはそこまで高性能なものは必要ないかもしれません。ご予算やお使いになる方の生活スタイルに応じて機種選択をされるとよいと思います。

機能表

どの補聴器を選択しても大切にしたい点

補聴器の場合は購入したらそこで終わりという商品ではありません。購入時にはきちんとお使いになる方のお耳に合わせたものを作成することはもちろんですが、購入後も音の調整をしてもらったり、補聴器のクリーニングをしてもらったりとアフターケアが大切です。補聴器店とは長いお付き合いになると思いますので、まずはお店選びも大切になさってください。

店

まとめ

音は目に見えないのでどの機種にしたらいいか少し分かりにくい面もありますよね。また見た目もそっくりですから尚更だと思います。しかし価格は安かったけど雑音ばかりが気になって使っていられないということでは困りますし、そうかといって予算オーバーなのに無理して高価格のものを購入してしまったということでも困りますよね。無理なく長くお使いになるには、お耳の状態や普段の生活されている環境などで判断し機種を選択されるとよいと思います。

関東補聴器では、機能やご予算などひとりおひとりの様々なご希望に合わせ、数ある補聴器の中からおすすめの機種をご提案いたしております。補聴器を購入したいけどどれがいいのか迷われているという方は是非お気軽に当社までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

補聴器の値段の違いは何でしょうか?【価格の違いに質問殺到!】

補聴器 価格の違い 値段

補聴器 価格の違い 値段

補聴器の値段の違いを質問されることが多いのですが明確に値段の違いを理解されている方は少ないようなので解説しましょうね。
値段の違いは、ズバリ「性能・機能」の違いです。
正確には、その他に、タイプ(形状)の違いや保証の違い、リモコン操作機能やワイヤレス機能など細かく分かれています。
それを総まとめにして「性能・機能」として価格に反映されているのです。
「性能・機能」とは何のことなのかもう少し詳しく説明していきます。

補聴器の価格相場の話

補聴器の価格相場としては、大まかに5万円程度から50万円程度までとかなり幅広く用意されています。
なぜこんなにも価格の幅があるのでしょうか?
この相場価格では、あまりにも抽象的すぎてよくわかりませんよね。
では、もっとわかりやすく細かく分解して解説してみます。

まず、押さえておかなければならないことを下記に書き出します。

 タイプ(形状)による価格の違い
 性能による価格の違い
 機能による価格の違い
 保証やアフターサービスによる価格の違い

この4つは価格の違いを理解するのに必要な事柄です。
順番に説明します。

タイプ(形状)による価格の違い

補聴器には、大きく分けて3つのタイプ(形状)があります。補聴器 種類 価格

耳穴型補聴器
耳掛け型補聴器
ポケット型補聴器

この3つで相場価格が分かれます。
下記に3つのタイプ別(形状)価格相場を公開します。

 

耳穴型補聴器

補聴器 価格の違い 値段

あなたの耳型採取を行い、耳に合わせてピッタリと作成するオーダーメイドの補聴器です。
ひとつづつオーダーメイドで技術者が作成していきますのでコスト面などから極端に安価な品はありません。

10万円前後~50万円前後まで

耳掛け型補聴器

補聴器 価格の違い 値段

耳の上に補聴器本体を引っ掛けて本体から伸びる音導チューブに耳栓を取り付け、耳栓を耳の穴に差し込んで使用していきます。
本体は既製品のため、安価な品から高性能高価格の品まで一番価格幅が広く設定されています。

5万円前後~45万前後まで

ポケット型補聴器

ポケット型補聴器

携帯ラジオのように本体からコードが延びていてコードの先についたイヤホンを耳に差し込んで聞きます。
古くから世に出回っていますので、補聴器というとこの形状を思い浮かべる方が多いかもしれません。
現在は、ニーズが低くメーカーの開発もなく、あまり流通していませんね。

4万円前後~9万円前後まで

このようにタイプ(形状)によっても価格が分かれています。

補聴器の性能機能が価格に反映

先にお話したようにタイプ(形状)で価格が違うことがまず1つです。
そして、現在では補聴器の性能機能が価格に反映されることがほとんどです。
そのため、安価な品は性能・機能も安価なレベルでありますし、高価格な品は高性能高機能になっているといえます。
自分にとって必要な機能はどのような機能なのかを補聴器専門家と一緒に相談していきましょうね。
では、簡単に機能・性能の違いを説明します。

チャンネル数

補聴器は、再生できる音の周波数をどれだけ細かく調整できるのかの細かさをチャンネル数で表します。
例えば24チャンネルなら24個に音を分解して調整&再生できるということです。
チャンネル数が多いほど、音声は滑らかになり細かな音質調整が可能となります。
デジタルカメラの画素数をイメージするといいかもしれませんね。

補聴器 価格の違い 値段

指向性機能

指向性機能とは、ある方向の音声を集中的に強調する機能です。
簡単に例えると顔を向けた前面の音声を強調し、それ以外の音を抑制するのです。
周囲が騒がしい状況でも話者に顔を向けると話者の音声を強調しますので雑音下での聞きとり向上のために欠かせない機能です。
この機能は屋外や複数での会話時には欠かせない機能ですが、機能の精度や強調する幅や距離など技術的にはとても難しい技術ですのでこの指向性機能も価格に反映してきます。

補聴器 価格の違い 値段

ハウリング抑制機能

ハウリングとは簡単に説明しますと補聴器がピーピーと反響音を起こしている状態です。
補聴器が耳からずれて隙間ができたり、音量ボリュームが大きすぎたり、補聴器本体を覆ってしまって反響したりいろいろな要因で起こります。
カラオケのマイクをスピーカーに近づけるとキーンと鳴りますよね?あの現象と同様のことが補聴器でも起こるのです。
そのハウリングを自動で監視し、制御してくれます。
音量ボリュームを下げることなく、音質の変化をなくし、正確に抑制するのには高度な技術が必要になります。
ハウリング抑制機能も精度や強度によって価格に反映されているのです。

補聴器 種類 価格

最新機能は通信機能搭載モデル

そして現在、最新のトレンド機能は通信機能です。
リモコンで補聴器を操作したり、お手持ちのスマートフォンと接続して補聴器を活用したり、テレビの音声を直接電波に乗せて補聴器に送信したり…補聴器自身に電波の送受信機能が搭載され目に見えない形で通信し、音環境を最高の状態にすることが可能なのです。

映像で通信機能を解説していますので下記をご覧ください。

このような機能が補聴器に搭載されているのか、搭載されていてもどれくらいの精度かどのくらいの強度かによって価格が違ってくるのです。

最新おすすめ補聴器

価格や性能面なども考慮して関東補聴器で好評をいただいているおすすめ補聴器を紹介します。

補聴器 価格の違い 値段

商品名  リサウンドリンクス5
メーカー リサウンド
片耳価格 耳穴型190,000円 耳掛け型180,000円

最新の機能・性能を搭載し価格的にも中間的であり快適さにこだわった商品です。
耳穴型も耳掛け型も皆さまから好評の声を多数頂いております。

補聴器 価格の違い 値段

保証制度も価格に反映

補聴器には様々な保証制度が設定されています。
一般的な保証は、故障に対する修理保証です。電化製品などにも付いていますが、購入後、数年以内に故障した場合はメーカー修理が保証されるといった内容ですね。
補聴器の場合も1年~2年程度の保証期間が設定されています。
保証期間の長い商品は保証が充実しているため価格に反映されます。
また、紛失保証やオーダーーメイド補聴器の外観作り変え(再作)なども有料ですが、保証制度に含まれる商品もあります。
そのように保証が充実している商品は、価格に反映しますので高額になってくるわけです。

補聴器 価格の違い 値段

補聴器の値段の違いについてまとめ

 

補聴器の値段の違いについては2つの要素があります。
1つはタイプ(形状)です。各タイプによって大きい、重たい、目立つなどニーズに合わせて開発された結果各々のタイプ(形状)によって価格が違うのです。
また、開発コストや製造コストも含まれますのでオーダーメイドの耳穴型が相場価格としては一番高くなります。
2つ目は、性能・機能により値段が違います。
自動車も同様で、軽自動車から高級外車までいろいろ存在しています。
自動車の使命である「走る」ということだけで言えば、軽自動車でも高級車でも同じですが、より快適な走行をするために性能・機能が違うのです。
より静かに走ったり、より安全だったり、よりパワーがあったり…すべて値段に反映されますよね。
補聴器も「聞こえる」ということだけで言えばどんな品でも聞こえるのですがより快適に、より使いやすく、より便利に…その違いが性能・機能になり値段に反映されているのです。

価格や性能、使い勝手など補聴器のことは補聴器専門家に相談しましょうね。
通販やインターネットでの補聴器購入は危険がありますので注意してください。

補聴器 価格の違い 値段

補聴器の値段や性能機能のことなど関東補聴器に気軽にご相談ください。
関東補聴器では、ホームページにてお得なキャンペーンを開催していますので、お得に補聴器をゲットすることができます。
ぜひお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

創業32

補聴器の種類と一般的な価格相場について【知られていない相場価格!】

補聴器 種類 価格

補聴器 種類 価格

補聴器の種類と一般的な相場価格って意外と知られていませんよね?相場価格を大公開しますのでぜひ参考にしてくださいね。
補聴器は、タイプ(形状)や内蔵している機能などにより大きく相場価格が変わってきます。
大まかにお話しますと5万円程度から50万円程度までとても幅広く設定されています。
相場価格の違いなどを説明していきます。

補聴器にはタイプ(形状)がいくつかあります

補聴器には大きく分けて3つのタイプ(形状)があります。
このタイプ(形状)によっても相場価格が違いますのでまず、この3つのタイプ(形状)を押さえておきましょう。

 耳穴式補聴器
 耳掛け式補聴器
 ポケット型補聴器

この3つが基本です。

補聴器 種類 価格

補聴器のタイプ(形状)特徴

補聴器 種類 価格3タイプの補聴器の特徴を説明します。

補聴器も3種類(タイプ)存在するということは各々特徴があり、用途やニーズが違うのです。なんとなく「こんな感じの補聴器かな。」とあいまいにすることなくこの機会に理解を深めていただけると幸いです。

耳穴式補聴器

耳の穴に中にスッポリと補聴器本体が入ってしまう小型の補聴器です。
あなたの耳の穴の『型』を採取してオーダーメイドで作成します。
周囲から気付かれにくく、耳の穴に差し込むだけで使用できますのでとても人気のタイプ(形状)です。

<補聴器の耳型採取について詳しくはこちら>

補聴器 種類 価格

 

 耳穴式補聴器の利点(メリット)

こんなメリットがあります。

 オーダーメイド作成のためあなたにピッタリ
 周囲から見えない超小型だから両耳使用でも見えない
 鼓膜により近く補聴器が設置されるので音環境も良い
 メガネやマスクに邪魔されることがなく快適

 耳穴型補聴器の欠点(デメリット)

やはりデメリットもあります。

 痩せたり太ったりすると耳の型が合わなくなる
 小型になるため目が悪くなったりすると扱いにくい
 オーダーメイドなので他人に貸してやることができない
 自分の声や物を食べる音などを拾いやすい

このように利点(メリット)と欠点(デメリット)両方ありますので補聴器専門店で良く相談してください。

耳穴式補聴器の相場価格紹介

耳穴式補聴器の相場価格を紹介しましょう。

バリューモデル   約10,000円~約130,000円

ベーシックモデル  約140,000円~約200,000円

スタンダードモデル 約210,000円~約300,000円

アドバンスモデル  約310,000円~約400,000円

プレミアムモデル  約410,000円~約500,000円

 

耳掛け式補聴器

補聴器本体を耳の上に引っ掛け、耳栓を耳の穴に入れて使用するタイプ(形状)。
耳の『型』を採取せずに使用できるオープンタイプなどもあり用途に合わせて幅広くお悩みにお応えできる万能型です。
オシャレなボディカラーや防水加工など多種多様なニーズに合わせて用意されています。

 

補聴器 種類 価格

 耳掛け式補聴器の利点(メリット)

こんなメリットがあります。

 軽い難聴から重度の難聴まで幅広くカバーできる
 低価格のものから存在するので選択肢が多い
 防水機能や充電式など最新機能が続々登場する
 本体カラーが豊富にあるのでオシャレ感覚

 耳掛け式補聴器の欠点(デメリット)

デメリットも理解しましょう。

 耳の上に本体が引っかかるので周囲から見えやすい
 メガネやマスクと干渉し外れる恐れがある
 髪の毛の油や流れる汗が直接補聴器に付くことがある
 装着するのに引っ掛ける作業が難しい

このように利点(メリット)と欠点(デメリット)両方ありますので補聴器専門店で良く相談してください。

耳掛け式補聴器の相場価格紹介

耳掛け式補聴器の相場価格を紹介しましょう。

バリューモデル   約50,000円~約100,000円

ベーシックモデル  約110,000円~約150,000円

スタンダードモデル 約160,000円~約250,000円

アドバンスモデル  約260,000円~約350,000円

プレミアムモデル  約360,000円~約450,000円

 

モデルによる価格相場のちがいとは

モデルによって価格相場が違いますが一体何が違うことによって価格が変わるのでしょうか?
その答えは『性能』です。
性能とは、その補聴器に内蔵されている各種機能のことです。

チャンネル数

チャンネル数とは、その補聴器が音声をどれだけ細かく分解して再生&調整できるかです。
チャンネル数が多いほど音質は滑らかになり、ピンポイントでの音質調整が可能になります。

シーメンス補聴器 プライマックス 評判

雑音抑制機能

周囲の大きな騒音は会話の音声とは周波数が異なります。会話の周波数と違う騒音は補聴器本体が自動的に抑制してくれます。
より強く抑制する・より細かく抑制するなどで雑音抑制機能の良さが違います。

補聴器 スマートホン アプリ

ハウリング抑制機能

補聴器が何らかの原因でピーピー鳴ってしまうことがあります。この不快なピーピー音をハウリングと呼びます。
このハウリングをデジタル機能を駆使して抑制するのがハウリング抑制機能です。
この機能の正確さ・反応の速さ・抑制の強さなどにより性能の良し悪しが違ってきます。

補聴器 種類 価格

このような、補聴器本体に内蔵されている機能が充実しているモデルほど高性能で高価格になってくるのです。
自動車でも安価な自動車も高価な自動車も『走る』ということに関して言えば走ります。
ただ、高性能の自動車はよりスピードが出たり、より燃料を食わなかったり、より静かだったりと…この差がまさに『性能』なわけですね。
補聴器も快適に長時間使用するには、ある一定の性能は備わっていたほうが快適と考えられています。

ポケット型補聴器

携帯ラジオのように補聴器本体をポケットに入れコードでつながったイヤホンを耳穴に入れて聞くタイプ(形状)です。
手元で本体を操作できますので手先に不安がある方でも簡単に扱うことが可能。
古いタイプ(形状)のため各メーカーの開発や商品数が少ない。

補聴器ポケット型ポケッティオ

ポケット型補聴器の相場価格紹介

ポケット型補聴器の相場価格を紹介しましょう。
(ポケット型補聴器は商品数が少なくモデルも分かれていません。)

ポケットモデル 約40,000円~約90,000円

補聴器の相場価格についてのまとめ

補聴器はタイプ(形状)や補聴器に搭載されている機能などにより価格相場が大きく分かれています。
自分にとって使いやすいタイプ(形状)はどれなのか、お悩みを解決に導く性能はどのような性能なのか、希望予算内で最適な補聴器はどれなのか、自分一人ではわからないことばかりですので失敗しないためにも信頼のおける補聴器専門店にきちんと相談して、説明を聞き、納得できる販売店で購入するようにしましょう。

 

関東補聴器は創業30年以上の補聴器専門店です。
経験・技術・知識は当社の強みです。
些細なことでも気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

創業32

 

補聴器と集音器の違いは価格だけ?【何が違うのか徹底解説!】

補聴器 集音器 違い プロンプト

補聴器 集音器 違い プロンプト

補聴器と集音器の違いは価格だけではありません。価格が違うということは、機能や効果などたくさんの違いがあることは容易に理解できますよね。
補聴器は、医療機器であり集音器は音響機器である電気製品ですね。
難聴の方が使用するのは、医療機器である補聴器ですよ。

補聴器は医療機器です

補聴器は、厚生労働省から認可を受けた医療機器になります。
難聴の程度に合わせ適切にフィッティング(調整・設定)されて初めて効果を持つ補聴器は安全に使用できますが、適切にフィッティング(調整・設定)できていない集音器や簡易型補聴器などは、逆に耳に悪影響を与える恐れがありますから注意が必要です。

補聴器 集音器 違い プロンプト

集音器は音響機器である電化製品

補聴器 集音器 違い プロンプト通販やネットで販売されている集音器などは、難聴の程度に合わせるわけではなく専門家が適切にフィッティング(調整・設定)する訳ではないのです。
単なるマイク増幅器と同様で、音響機器である電化製品ですので補聴器とは根本的に違いますよ。

補聴器はフィッティングが命です

どんなに高価で高性能な補聴器でも適切にフィッティング(調整・設定)されていないものは無用の長物になってしまいます。
しっかり調整を合わせた補聴器ならば効果が期待できます。
専門家が耳の状態、生活環境、機能設定など細かく調整することをフィッティングと言います。

補聴器はフィッティングが全てです。

聴力の程度を把握しましょう

まずは、あなたの聴力状態を把握しましょう。
難聴の程度によってどのような補聴器が最適なのか、どのような調整や設定が必要なのかを細かく吟味していきます。
補聴器専門店では、補聴器のフィティングのための聴力測定や言葉の聞き取り測定など各種の測定を行うことができますのでしっかりと聴力状態を把握しましょうね。

聴力レベル

必ず補聴器を試聴

カタログの説明や口頭での説明では補聴器の音質などはわかりません。
実際にご自分の耳で補聴器を装着してどのように聞こえるのか体感することが重要ですよ。
生活音や環境音がどのように聞こえるのか、話し声がどのくらい聞きやすくなるのか…いろいろご自分の耳で確かめてみます。
その上で、気になることや不快な音は補聴器技能者に伝え調整・設定してもらいます。

<補聴器の試聴について詳しくはこちら>

補聴器 集音器 違い プロンプト

 

購入後も再調整や再設定は可能です

補聴器の購入後も家庭や職場で使用した感じで気になることや不快な音は、何度でも調整可能です。
注文・購入したらそれで終わりではなく使っている間で、気になることは補聴器専門店に伝え、再調整をすることでお手持ちの補聴器がもっと快適になることでしょう。

<補聴器の調整について詳しくはこちら>

集音器は調整幅が極端

集音器は、補聴器と違い調整や設定ができないものが多いのが現実です。
仮に調整できる商品でも極端に調整幅が狭く調整したといってもほとんど変化を感じないケースも多々あります。
価格の差は、性能の差というのはこのようなところに現れるわけです。

安価な補聴器も多数取り揃え

補聴器 集音器 違い プロンプト補聴器専門店では、専門店ならではの品揃えで皆様のご要望にお答えしています。
もちろん安価な補聴器も多数取り揃えています。
安価だからと集音器を何台も購入するよりも、きちんと補聴器専門店に相談し自分に合った使いやすい補聴器をお求めになったほうが結果的に良かったということになるかもしれませんよ。

お手頃価格補聴器紹介

関東補聴器で、お手頃家価格ながら皆様から好評の補聴器を紹介しましょう。

商品名 プロンプト
メーカー シーメンスシグニア
価格 50,000円

<2017年8月現在>

補聴器 集音器 違い プロンプト

基本性能を備えたお手頃価格の耳掛け型デジタル補聴器です。
小型軽量に加え、撥水コーティングも施してあり汗や湿気にも強い設計。
カラーも3色から選べ目立ちにくい優れものです。

補聴器 集音器 違い プロンプト

補聴器 集音器 違い プロンプト

 

補聴器と集音器の違いまとめ

補聴器と集音器は根本的に違うことを解説しました。
あなたの聴力や耳の状態に合わせた、きちんとした補聴器をお使いになることをおすすめいたします。
補聴器は、耳に合わせる作業が必要ですから対面販売が基本です。
通信販売やネット購入などは失敗のリスクが多いので補聴器専門店に相談してあなたの予算に見合った補聴器を購入してくださいね。

関東補聴器では、出張訪問サービスも承っております。
店舗まで出向くことなく自宅や入所の施設でも補聴器の相談ができますのでぜひご利用ください。
出張訪問サービスエリアを下記よりご確認の上、お問い合わせくださいね。

<訪問出張サービスエリアの確認はこちら>

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 集音器 違い プロンプト

 

20万円の補聴器と5万円の補聴器の違いについて【機能と価格】

20

20

補聴器のカタログをめくると様々な価格の商品が載っています。例えば20万円の補聴器と5万円の補聴器ではなにが違うのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。これは当然のことですが中身の機能が違います。代表的なものとしては雑音を大きくしすぎないようにする機能や、音質などが挙げられます。ご自身の生活スタイルやご予算に応じて最適な機種を選びましょう。

具体的な違いの一例

今回はシーメンスシグニア社の耳かけ式補聴器を例にご説明したいと思います。カタログには5万円~51万円の商品までずらっと掲載されているのですが、こんなにあるとどれを選んだらよいのかカタログを見ただけではわかりにくいですよね。そこで1番価格の安い5万円の商品とちょうど真ん中位の価格25万円の商品とを比較して、ポイントとなる機能を1~13の項目で表示してみましたのでご覧ください。

25万円の補聴器MOTIONP3primaxの機能

3PX

  1. 全自動ダブルピント調整機能で相手の声を聞きやすくする
  2. 24チャンネルで細かい調整が可能
  3. 自動で音量を心地よい大きさに調節する
  4. 言葉が聞き取りやすくなるように周囲の環境に応じて設定が自動で変化する
  5. 突発的に響く衝撃音を抑制する
  6. 風が吹く音を抑制する
  7. 不快なピーピー音(ハウリング)を抑制する
  8. 両耳装用時に正面の音だけフォーカスする
  9. 雑音の方向以外の周囲360°を聞く機能
  10. 両耳が常に通信しあい聞きやすくする
  11. 高音を聴野に入れて聞き取りやすくする
  12. 環境別に好みの音を記憶し再現する学習機能
  13. リモコンを使ってご自身での調整が可能

 

5万円の補聴器Promptの機能

プロン

  1. 機能なし
  2. 8チャンネルで調整が可能
  3. 自動で音量を心地よい大きさに調節する
  4. 言葉が聞き取りやすくなるように周囲の環境に応じて設定が自動で変化する
  5. 機能なし
  6. 機能なし
  7. 機能なし
  8. 機能なし
  9. 機能なし
  10. 機能なし
  11. 機能なし
  12. 環境別に好みの音を記録する機能
  13. 機能なし

25万円の補聴器に搭載されている機能が、5万円の補聴器になるとほとんど搭載されていません。音声が大きく聞こえるようにはなりますが、周囲の雑音が適度に抑えることができません。うるさく感じるが多いため、全体的な聞こえ方は低下してしまいます。

チャンネル

ご自身にとって必要な機能かどうか

補聴器は購入したらそれで終わりではなく、調整を行いながら使用していくことが大切です。しかしその補聴器が持つ性能によりその後の調整範囲にも影響がでてしまいます。例えば「食器がカチャカチャ当たる音が響いて我慢できない。その音だけ小さくしたい。」と思っても突発音を抑える機能が搭載されていなければピンポイントで小さくすることは難しくなります。逆にリモコンを使ってご自身で音量調整ができる機能があっても、自分ではよくわからないから調整はしないという方には不要な機能になります。その他にも外出することが多い方、会議に出ることが多い方、1日をお家の中で過ごすことが多い方など補聴器を使用する環境は違いますから、ご自身の生活スタイルに合わせた機種を選択されるとよいと思います。

どのくらいの価格の補聴器が売れているの?

いろいろな機能の違いによって価格差があるのはわかったけど実際にはどれぐらいの価格の補聴器を使っている人が多いのかな?と気になったかもしれませんが、一般的には片耳で平均15万円~25万円くらいの補聴器をお使いの方が多くいらっしゃいます。このぐらいの価格の補聴器ですと性能もバランスのとれたものになっていきますので、とくにご高齢の場合は外出の機会も減る方が多いので日常生活において快適に利用されている方が多いと思います。

接客婦人

まとめ

補聴器といっても価格や性能・見た目も色々あってどれを選択したらいいかわかりにくいですよね。安い物ではないから購入を失敗したくないというお気持ちは当然だと思います。どんな商品でも機能と価格は比例していますし、補聴器は耳の状態や生活スタイルによってもおすすめできる機種は違います。補聴器専門店でしたらその方のご予算の範囲でできる限りご要望に沿った補聴器をご提案できると思いますので購入前はよく相談をされてみてください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店

老人性難聴で補聴器購入時に補助制度はありますか?

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸
老人性難聴で補聴器購入補助金などがあるか鉾田市お住まいの方に聞かれました。聴覚障害の障害者手帳を交付されていれば補助制度があります。
老人性難聴でも障害者手帳交付の基準に値する難聴の場合は自治体に手続きをすれば、障害者手帳の交付を受け、補聴器の交付制度を利用できますので説明しましょう。

老人性難聴とは

老人性難聴とは、加齢と共に聴力が低下してきた老化現象のひとつですね。
個人差が大きいものですが、40~50代から始まり50~60代では生活に影響が出てくる方も増えてきます。

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸

聴覚障害の障害手帳

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸きこえに関して身体障害者に認定される場合があります。
指定判定医で診察を受け、自治体に障害者手帳の交付手続きを行います。

 

<障害者手帳交付手続きについて詳しくはこちら>

障害手帳に基づく補聴器の交付制度

障害手帳が交付されますと身体障害者障害程度等級が決まります。
障害程度等級により補聴器の交付を受けることができます。
自治体により補聴器の現物支給か購入費補助なのか違いがありますので必ず自治体に確認してください。

<補聴器の交付手続きについて詳しくはこちら>

補聴器の価格

補聴器の価格もかなり幅広く存在します。
低価格の補聴器は性能も低く高額の補聴器はとても高性能・高機能です。
購入予算に合わせてしっかり補聴器専門家と一緒に補聴器選びをしましょうね。

<補聴器の価格についてはこちら>

出張訪問サービスがあると安心

補聴器出張訪問サービス 老人性難聴 茨城 水戸

老人性難聴の方は、高齢者の方が多いのが事実です。
なかなか補聴器販売店まで出かけていくことが難しい方もいらっしゃいますよね。

 健康に不安があり出かけられない
 介護を受けていたり、していたり
 運転免許を返納してしまった
 バスや電車の数が少ない

などなど…

そんな方の強い見方は「出張訪問サービス」です!

関東補聴器全店で出張訪問サービス可能

関東補聴器全店では、31年前の創業時より出張訪問サービスに力を入れ随時行っています。
最寄の関東補聴器各店に連絡いただければ日時をお約束して自宅や入所の施設にも訪問いたします。

<出張訪問サービスについて詳しくはこちら>

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸

老人性難聴で補聴器購入補助金について制度や手続きについて説明しましたが、専門用語や複雑な手続きでわかりにくかったですかね?
自治体によっても違いがありますので問い合わせいただければゆっくりご説明させていただきます。
気軽に関東補聴器各店に問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器専門店 認定補聴器技能者 茨城 水戸

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸

シーメンスシグニア補聴器のプレミアムとアドバンスの違いとは?

シーメンスシグニア補聴器 価格 性能

シーメンスシグニア補聴器 価格 性能

シーメンスシグニア補聴器のプレミアムとアドバンスの違いはグレード(クラス)の違いで機能や性能・価格などが違います。

チャンネル数や会話強調機能・再生音周波数の違いがあります。
自動車のグレードと一緒で補聴器もグレードがあって、それにより価格や性能が分かれているんです。
プレミアムとアドバンスもグレードの呼び名です。

補聴器もグレードで分かれる

補聴器も同じ商品名であってもグレード(クラス)によって価格や性能が違ってきます。
自動車でもグレード(クラス)の高いものは装備が充実していたり、エンジンが高出力&低燃費だったり…。
補聴器もグレードが高ければ騒音を抑制する機能や会話強調機能が強くなったりします。つまり高性能になるわけです。
したがって、グレード(クラス)の高いものは価格も高くなってきますね。

シーメンスシグニア補聴器 価格 性能

全ての補聴器メーカーで同様の分け方です

補聴器メーカーもたくさんありますが全てのメーカーで同じようにグレード(クラス)別に価格や性能が分かれています。
そのため何が違うのかわからない方が多いようですから必ず補聴器専門スタッフに価格や機能の違いを説明してもらい間違いのない様に補聴器選びをしましょうね。

シーメンスシグニアでは5つのグレード設定

シーメンスシグニアは5つのグレード(クラス)に分かれています。グレードを紹介します。

・プレミアム7

シーメンスシグニアの最上位機種

・アドバンス5

一日中ワンクラス上の聞こえを実感

・スタンダード3

テレビや電話もクリアに聞こえる機能

・ベーシック

基本性能を重視したモデル

・バリュー

シンプル機能をお求め安い価格で

シーメンスシグニア補聴器 価格 性能

*上記の表をクリックすると拡大されます*

補聴器の価格と性能は比例します

性能がよくなるともちろん価格も上がっていきます。
上記の表に示したとおりプレミアム7は性能も最上級ですが、バリューは機能も乏しくなっています。
補聴器専門家と機能面や生活スタイル・お悩みの内容をよく検討して予算内で補聴器選びをすることが大切です。

<補聴器の価格と性能についてはこちら>

シーメンスシグニア補聴器のプレミアムとアドバンスの違いはグレード(クラス)の違いで機能や性能・価格などが違います。
認定補聴器技能者が全店に在籍している関東補聴器であなたに合った補聴器選びをサポートいたします。

<認定補聴器技能者についてはこちら>

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

シーメンスシグニア補聴器 価格 性能

メガネ店の補聴器値段が安いのは

補聴器 メガネ店 価格

補聴器 メガネ店 価格

メガネ店の補聴器値段が安いのは簡易補聴器の可能性がありますね。
簡易型のため細かい調整や設定ができないタイプが多いようで、長く使用していくには少々無理があるのが現実です。
補聴器はあなたの聴力や耳のサイズ、使用環境に合わせて細かく調整して「合わせる」必要があります。

補聴器の値段について

補聴器と言っても低価格の簡易型補聴器から高性能補聴器まで幅広く存在します。
自動車と同じで「走る」ということだけで言えば、低価格の軽自動車から超高級の外車までたくさんありますよね。
安価の軽自動車は乗り心地が悪かったり、エンジン音がうるさかったり、高級車は乗り心地もよく、静かだったり…。
補聴器も値段によって使い心地やうるささなどが違います。

<補聴器の価格についてはコチラ>

メガネ店の安価な補聴器

決してメガネ店の安価な補聴器があなたに合わないというわけではありません。
ただ簡易型の補聴器は、価格に相当する性能しかありませんのでなかなか満足できない方が多いようです…。
しかし、メガネ店でもしっかりと信頼のおける補聴器メーカーを取り扱っている販売店も数多く存在します。
しっかり信頼のおける補聴器メーカーの補聴器は、性能も保証も価格もそれなりになっているものですよね。

補聴器を合わせるとはそもそもなんだろう

補聴器を「合わせる」ポイント

・聴力に「合わせる」
・耳穴のカタチに「合わせる」
・機能設定や調整を「合わせる」
・購入予算を「合わせる」

他にもたくさんの「合わせる」がありますが、上記が代表的なポイントですね。

聴力に「合わせる」

聴力も軽度難聴から重度難聴まであります。また低音が聞きにくいのか、高音が聞きにくいのか音の聞き取りバランスがありますのできちんと聴力を測定しあなたの聴力に「合わせた」補聴器を選ぶ必要があります。
メガネも視力に合わせて選びます。補聴器も同じですね。

補聴器 メガネ店 価格

耳穴のカタチに「合わせる」

耳穴も個人差があり大きい方や小さい方、上向きの方や下向きの方、真っ直ぐな方や曲がっている方…などなど。
耳穴のカタチに「合わせる」必要があります。ゴム耳栓の大・中・小などできちんと合わせるのは不可能です。

あなたの耳型を採取して耳のカタチ通りに作成してしまうのが最も確かです。

<補聴器の耳型採取についてはコチラ>

補聴器 メガネ店 価格

機能設定や調整を「合わせる」

使用環境や生活スタイルによって機能設定を「合わせる」必要があります。会議やサークルなどで使用する場合は雑音抑制機能を働かせたり、屋内の静かな環境時には音量を控えめにしたり…。
適切な音量に調整し、機能設定をして快適に使用できるようにします。

<補聴器の調整についてはコチラ>

補聴器 メガネ店 価格

購入予算を「合わせる」

みなさま購入予算があると思います。無理に高価格な補聴器を購入するのは問題ですし、安くてもうまく使っていけない補聴器では意味がありません。
あなたの購入予算内に「合わせる」ことが必要ですね。

補聴器 メガネ店 価格

補聴器を「合わせる」技術と知識と経験

上記に記したとおり補聴器を「合わせる」には、技術と知識と経験が必要になります。
「きこえ」とはとても繊細で個人的な感覚が多くの部分を占めていますので高度な技術、知識、経験が必要なことは理解していただけると思います。

補聴器 メガネ店 価格関東補聴器は創業30年以上を誇る補聴器専門店です。長年の経験を「強み」にし、確かな技術と豊富な知識で皆さまの補聴器と向き合っています。

 

 

補聴器専門店の補聴器

補聴器専門店は「専門」でやっていますので、評判の良くない補聴器や皆さまのお役にたたない補聴器は提供していません。
特に、通販やメガネ店で取り扱う簡易型補聴器や集音器はほとんど提供していないでしょう。
しっかりとした信頼のおける補聴器メーカーだけを提供し、みなさまに安心して補聴器を使用していただけるようにしています。
そのため、メガネ店に比べると価格では同じにできない理由があります。

補聴器 メガネ店 価格

補聴器専門店の充実した設備とサービス

補聴器専門店は補聴器以外の収入源がないためメガネ店と同じ価格設定は難しいでしょう。
しかし、「専門」ならではの充実した設備を駆使し補聴器のついて全ての事柄を迅速に対応できます。
また、出張訪問サービスや延長保証サービスなどの安心して長いお付き合いができるようなシステムがあります。

<関東補聴器の設備についてはコチラ>

<関東補聴器の出張訪問サービスはコチラ>

補聴器は購入後が大切

補聴器は購入したら終わりではありません。使用している中で音量や機能設定を再調整したり、故障しないようメンテナンスをしたり、耳の状態をよく管理したり…補聴器専門店とあなた、二人三脚で補聴器を「完成させていく」イメージでお付き合いしていくことが重要になります。

補聴器 メガネ店 価格

 

メガネ店の補聴器値段が安いのは、簡易型補聴器の可能性もあります。また、大きな値引きで販売することを優先しその後のアフターサービスがないところもあるようです。
補聴器選びは信頼のおけるお店を選ぶことが最も重要ということですね。

<関東補聴器について詳しくはこちら>

補聴器の価格で大きな値引率の販売店で購入するリスクとは

補聴器 価格 値引き

補聴器 価格 値引き
補聴器の価格の大きな値引率は補聴器店の経営状況を悪くし、かえって皆様にご迷惑をおかけすることになることもあります。
補聴器は購入したら終わりではなく、その後の調整や修正・設定などのアフターフォローが最も大切です。
せっかく補聴器を購入しても調整もできていない補聴器では使って行くことはできません。

大きな値引きは経営を悪化させる

補聴器専門店では、適正な価格で補聴器を販売し、適正なアフターサービスを行い、きこえのお悩みに真剣に向き合っています。
補聴器 価格 値引き大型メガネ店や大型兼業店などでは、補聴器を販売することだけを優先し、適正な対応ができていないところもあるようです。
経費削減という名目で長く担当してくれた人が異動になってしまったり、やめてしまったりなんて事もあるかもしれません。

本当は教えたくない内緒話

補聴器 価格 値引き補聴器専門店は補聴器以外の収入源がないため大型メガネ店や大型兼業店のような大きな値引きができないのが現状だと思います。
大型メガネ店や大型兼業店は補聴器で利益が出なくても他の商品で利益が出ればいいわけですから…。
補聴器の調整やアフターサービスより販売することだけを優先させている店が存在するのも確かです。
そのため、補聴器専門店はしばしば大型メガネ店や大型兼業店と価格比較・値引き交渉されることがありますが、なかなか値引率は同じにできないことがあるのが現状です。

口コミにはでていない本当の話

利益が少ないと経営が厳しくなり撤退してしまったり、他のもので利益を補填をしようとして兼業店になってしまって専門的な技術・知識のレベルが下がってしまうこともあるかもしれませんね。
補聴器 価格 値引きもちろん安くて、良い品を求めるのは誰でも同じです。値引率はお店によって違うと思いますが仕入価格はどこのお店でも大きな違いがないでしょうから値引率が大きい店は利益を削っているのかもしれません。

もしかしたら後々そんなリスクが出てくるかもしれませんね。

補聴器専門店の進む道

関東補聴器では、上記のようなリスクをカバーするための「専門性」を追及しています。
取扱商品の品揃えはもちろん、皆様が望むデザイン・カラー・使い勝手、そして「よいきこえ!」
この「よいきこえ!」とは、補聴器の音作り=調整、に尽きると思います。

 

 

補聴器 価格 値引き調整には豊富な経験と知識、数多くの臨床結果が必要です。
関東補聴器は創業30年以上の歴史を背景に多数の「経験」と確かな「技術」があります。
我々は月に1度、社内での技術研修会を開催し従業員の知識・技術の向上には特にチカラをいれております。
値引率で選ぶか、値引率より「本物の補聴器専門店」で選ぶかは皆様にゆだねるしかありませんね。

補聴器の価格で大きな値引率の補聴器販売店で購入するリスクを皆様にあたえないよう全力で取り組みます。

<関東補聴器の問い合わせはコチラ>

補聴器 価格 値引き