補聴器使用者が時々誤解されてしまうこと【補聴器は万能ではない】

補聴器 誤解 聞こえ方 苦悩

補聴器 誤解 聞こえ方 苦悩

補聴器を使用すれば、普通の健聴者と同じようになると思っていられる方が多いようですが、補聴器は「聴こえを補助する機器」ですので当然限界はあります。
周囲の人たちに、時々誤解されることがあるというお話しを伺う事がありました。
難聴の程度や言葉を聞き分ける能力(語音弁別能)や判断能力などにより効果に違いがあります。
補聴器の能力を最大限に引き出し、使用者の満足度をあげ、コミュニケーションの援助をするための補聴器調整には適切なフィッティングと細かな調整と測定が必要です。
難聴や補聴器に対する理解が深まると誤解も少なくなるかもしれません。解説してみましょう。

難聴の程度に合わせた補聴器

難聴には「程度」があります。
軽度難聴・中等度難聴・高度難聴・重度難聴と大きく分けると4つに分けられます。

GNオージオ

この難聴の「程度」によってどの補聴器が適切か選定して使用していく必要があります。
補聴器ならば、何でも良いというわけではなく難聴度に見合った補聴器を使用することが第一条件です。

<補聴器の選び方について詳しくはこちら>

難聴の種類

難聴には「程度」のほかに「種類」もあります。
伝音性難聴・感音性難聴・混合性難聴と大きく分けて3つの種類に分けられます。

老人性難聴 補聴器選び方

この難聴の「種類」によって補聴器の音質調整や機能設定が違い適切なフィッティングが必要になります。
補聴器を適切に調整し、機能設定を施すことで補聴器は最大限の効果を発揮するのです。

<難聴の種類について関連記事はこちら>

見落としがちな言葉を判断する能力

上記以外にも補聴器の効果を左右する大切な事柄があるのです。
耳で集めた音は、耳の器官を通って聴神経に届き、脳へと運ばれて判別&理解されていきます。
難聴の程度や種類により聞こえた音を正しく「言葉」として処理できないことが出てくるのです。
この言葉の聞きとり能力を「語音弁別能」といいます。
この「語音弁別能」の良し悪しによって、補聴器で増幅された音を正しく言葉として理解できるか否かが決まってくるのです。

<言葉を聞き取ることについて関連記事はこちら>

電気信号仕組み

補聴器の効果

補聴器を使用し、どの程度効果が現れているのかを客観的に測定するができます。
装用効果測定といいますが、難聴の程度や種類、語音弁別能により効果には大きな個人差が出てくるのです。
当然、重度難聴の方と軽度難聴の方では補聴器を使用していたとしても同等の効果になるわけではありません。
また、伝音難聴の方と感音難聴の方でも効果は違いがあるのです。

装用効果測定とは

補聴器を装用していない状態と補聴器を装用している状態を同じ条件にして効果を測定し補聴器の効果を客観的に判断していく方法です。

装用閾値測定

スピーカーから測定音を出して聞き取れる最小値(音圧)を測定します。
この測定を補聴器装用時と補聴器を外している時で比較してどの程度補聴器により聞こえやすくなったのかを数値で現します。

語音測定

スピーカーから20文字の単音語を出して適切な音量にて、どの程度言葉を聞き取れるかを測定します。
この測定を補聴器装用時と補聴器を外している時で比較してどの程度補聴器により聞こえやすくなったのかを数値で現します。

様々な測定など行い、補聴器を調整し機能設定を行い補聴器の効果が最大になるようにフィッティングすることが大切なのです。

関東補聴器では全店舗で効果測定を実施し、あなたの補聴器が最大限に効果を発揮するようにしています。そして測定結果を公開しながら細かな解説や注意点などを細かく指導し、見えない「きこえ」を見えるように表しサポートしていきます。

誤解を受けてしまう補聴器

補聴器を使用すれば、難聴者が健聴者と同様になると思っている方が多いという現実があるのは確かです。
難聴や補聴器が、まだまだ社会の中で周知徹底されていない側面がありますのでそのように考えてしまう方が多いのかもしれません。
私どもも日々、難聴や補聴器の相談を受けていますが、家族の方に補聴器の効果や限界を説明して初めて理解していただけることも少なくありません。
そのため、周囲に補聴器使用者や難聴者がいない場合は、無知になってしまうこともあるのですね。
補聴器で最大かつ最良の効果測定結果が出たとしても、少なからず「限界」はあるのです。

誤解を受けやすい事柄

補聴器使用者の皆様からよくお聞きする誤解を受けやすい事柄を紹介します。

補聴器をしてるのに聞き返しが多い

難聴になった場合、聴力の低下と共に「語音弁別能」も同時に低下してくることがほとんどです。そのため言葉を言葉として正確に判別できないことがあります。
補聴器により「音量」としては大きくなったが、言葉を正確に判断できない時が出てくるのです。特に感音難聴や高齢者に多く見受けられます。
対策法としては、話者の顔をしっかり見せて(口の動きや表情)ゆっくり、はっきり話すことが重要です。
特別大きな声で話す必要はありません。補聴器で十分大きくなっていますので。

遠くからの話や小声がわからない

当然、距離が離れれば聞こえは落ちます。補聴器に搭載されているマイクは米粒1つ程度の超小型です。
離れた距離や小声では、そもそも小さなマイクで集音することに限界があるのです。そのため、補聴器のボリュームを上げると身近な音ばかりさらに集音してうるさくなるだけです。
離れた距離の話などは、ワイヤレスマイクの併用や小声の話には、距離を縮めるなどの対策しかありませんね。

複数の中での会話

複数の会話音が存在するレストランや居酒屋などでは、雑音抑制がある補聴器でも聞き取りは落ちます。補聴器の雑音抑制はあくまで会話とは異なる周波数や特徴を持つ音を抑制します。
全てが会話音だった場合、補聴器はどれが雑音でどれが会話音かを識別することは難しいのです。
そのため「指向性機能」といわれる顔を向けた正面の音を集中的に強調する機能が搭載された補聴器を使用するのが良いでしょう。
可能ならば指向性機能搭載の補聴器を両耳に使用するのが最善の方法ですよ。

電話での会話がわからない

電話は機械です。補聴器も機械です。機械から出力される音を機械で拾って聞くのには限界があります。
また電話で再生されている周波数は700Hzから2000Hz程度といわれています。会話で必要な周波数は500Hzから4000Hzといわれています。
そのため補聴器越しに受話器を当てても音声が歪んで聞こえ、会話がよくわからない時があるのです。また補聴器に受話器を押し付けすぎるとピーピー音(ハウリング)を起こします。
最新の補聴器では携帯電話の音声を補聴器にダイレクト送信し、聞き取りやすくする機能や機種がありますので検討することも必要かもしれませんね。

上記のような補聴器の弱点を少しでも改善できるよう近年の補聴器には、最新機能が搭載されています。
ワイヤレスマイクと直接接続できたり、スマートフォンの通話を直接補聴器に転送したりできる補聴器も登場しています。

おすすめの最新補聴器紹介

最新の機能を搭載し、上記のような事柄を少しでも手助けできるよう開発された補聴器を紹介します。

・商品名  リサウンド・リンクス3D
・メーカー リサウンド
・価格   220,000円~

リサウンドリンクス ワイヤレス補聴器

 

 

リサウンドリンクス ワイヤレス補聴器

最大の特徴は、iPhone(スマートフォン)と直接接続できるので通話を直接補聴器に送信し聞き取ることができます。
さらに両耳に補聴器を装用していれば通話も両耳からステレオ効果で聞こえてきますので聞き取りが向上します。
また、別売のワイヤレスマイク「マルチマイク」(54,000円)と接続すれば、離れた会話も耳元で聞こえてくるので快適です。

<マルチマイクに関連記事詳しくはこちら>

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

補聴器が時々誤解されてしまうことのまとめ

補聴器を使用する方も、周囲の方も補聴器を使用すると健聴者と同等に聞こえが回復すると思いがちです。
しかし、補聴器には当然「限界」があります。そのため周囲の方も理解し、温かな対応をお願いしたいと思います。
なるべく、ゆっくり・はっきりお話しいただくことや騒音下では、補聴器に近づき距離を詰めてお話しいただくと良いと思います。
そして、補聴器を使用するにあたっては必ず補聴器専門家による補聴器の適切なフィッティングや調整が必要になります。
通信販売や中古品などは効果が望めません。補聴器専門店で相談し、適切な補聴器を使用しましょう。
しかしながら、補聴器は万能ではありません。様々な場面で誤解を受けてしまうこともあるかもしれません。
補聴器の機能設定や再調整で効果が変化する場合もありますので補聴器専門店で相談してみることも大切です。。
また、最新機能を搭載した補聴器は、補聴器の苦手な場面を手助けする機能を開発&搭載していますのでぜひご検討ください。

補聴器 誤解 聞こえ方 苦悩

関東補聴器には全店舗に認定補聴器技能者が在籍しています。
皆様の聞こえに関するお悩みやご相談を受け付けています。
最新補聴器の無料試聴体験も行っていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

店舗

断トツに性能がいい補聴器の世界6大メーカーをご存知ですか?【大切な補聴器選び】

断トツ

断トツ

難聴で補聴器を購入しようと思ったときどんなメーカーがあるのかご存知ない方も多いと思います。どうせ購入するのならご予算の範囲で少しでも性能のいい補聴器がいいですよね。実は補聴器の技術は世界を見渡すと断トツに欧米メーカーが進んでいるんです。今回は補聴器の世界6大メーカーをご紹介いたしますので大切な補聴器選びの参考にしてくださいね。

補聴器の世界6大メーカーはこちらです

  • フォナック(スイス)
  • オーティコン(デンマーク)
  • シーメンスシグニア(ドイツ)
  • GNリサウンド(デンマーク)
  • スターキー(アメリカ)
  • ワイデックス(デンマーク)

補聴器をまだお使いになったことがない方には聞いたこともないメーカーが多いのではないでしょうか。家電メーカーや、食品メーカーなどとは違って、補聴器メーカーはまだまだ認知度が低いかもしれません。しかし上記6つは最先端の技術を持つ世界でも優秀な補聴器メーカーなんです。スイスやドイツ、デンマークなど主にヨーロッパでの開発が盛んです。

なぜ欧米の補聴器技術がすすんでいるのか

ではなぜ欧米の補聴器メーカーの技術がすすんでいるのかといいますと、日本よりも社会福祉制度が充実しているという点が大きな理由のひとつです。欧米では補聴器を使用するにあたって、公的な助成を受けやすくなっています。日本は難聴が重症化するまで補聴器の公的な支給が受けられないのですが、欧米では軽度難聴でも支給される国が多いのです。また、もうひとつの理由としては欧米人は補聴器に対する偏見が少ないという点です。聞こえないことを気にして難聴の初期段階から補聴器を積極的に使用する方が多いのです。日本人は比較的、補聴器をするのは年寄りみたいで恥ずかしいというマイナスなイメージを持たれている傾向にあります。そのため日本では欧米ほどに補聴器が普及せず、開発もおくれているという状況にあるわけです。

各国の難聴者の割合と補聴器の使用率

では日本人は欧米人と比べて難聴者が少ないのかというとそうでもないんですね。日本の難聴者率は11.3%で他国と比べても高いといわれています。それならもっと補聴器が普及していてもいいんじゃないか?と思ってしまうのですが、日本の補聴器普及率はたったの13.5%でまだまだ低い傾向にあります。つまり耳が悪い人は多いのに補聴器を使っている人は少ないということになります。逆に欧米では、難聴者率は日本より低くても、補聴器普及率はかなり高いのです。耳が悪くなれば補聴器をすることが当たり前の環境であるというわけですね。


世界1

世界2

 

難聴を放置することはやめましょう

日本では難聴に対する知識や理解が低いのかもしれません。例えば加齢によるご自身の聴力低下を自覚していなかったり、ある日突然聞こえが悪くなっているのに「放っておけばそのうち治るだろう」と病院にも行かない方がいらっしゃいます。最近では芸能人が突発性難聴を患っているという話題もよく耳にするようになりましたが、聞こえないということが見た目ではわかりにくいためでしょうか、早めの対策がまだまだのように思います。聞こえにくいと感じたら早期治療・早期対策がとても大切なのです。

高齢者の難聴について

個人差はありますが、早い方では30歳代後半から加齢による難聴が始まるといわれ、その後も徐々に聴力は低下していきます。聞こえないなと感じ始めたらまずは病院の耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。そこで先生から「年のせいですね」「これ以上治療するところはありません」と言われたら早めの補聴器装用を検討しましょう。聞こえないままでいると、様々な誤解や不便が生じたり、認知症のリスクも上がってしまいます。聴覚は思考をするための情報源です。「今よりもっと聞こえなくなったらその時補聴器をつければいいや」と思われる方もいるかもしれませんが、補聴器は耳や脳の状態によって効果に大きく差がでます。手遅れになる前に、最近聞こえづらいなと感じ始めたら早めの補聴器装用をおすすめいたします。

情動

補聴器は性能はもちろん調整やメンテナンスも大切です

では補聴器を選ぶときは、上記でご紹介した6大メーカーのどれかを購入しておけばいいのかというと、そればかりではありません。補聴器は聴力測定を行いお使いになる方の聴力にきちんと合わせて音の調整をしなければ意味がありません。耳の形状に合わせて作成することも大切です。また、購入後も補聴器に耳垢や汗が付着しますので、なるべく不具合が起きないよう定期的にクリーニングなども行います。買ったらそれで終わりではなく、補聴器店との長いお付き合いが始まります。補聴器の性能はもちろんですが、アフターケアの充実した補聴器専門店で購入されることをおすすめいたします。

補聴器を購入するときのポイント
  1. 性能の良い世界6大メーカー補聴器を扱っている
  2. 音の調整技術や耳の型採り技術が優れている
  3. 購入後も音の調整やクリーニングを行っている
  4. 来店しやすい場所にある・出張相談会・出張訪問などを行っている

例えば10万円の補聴器を購入しようと思ったとき、同じ10万円なら少しでも性能の良いものがいいですよね。そのときはご紹介した6大メーカーの補聴器を選択されると良いと思います。さらにアフターケアのしっかりしたお店を選べば間違いありません。購入後に調整してもらえなかったり、なにか不具合が起きたときにみてもらえないようでは困ってしまいますよね。ご自身が来店しやすい場所だったり、お店まで行かれない場合は出張訪問してくれるかどうかも大切なポイントです。補聴器は大切な身体の一部です。経験豊富な補聴器専門店での購入をおすすめいたします。

関東補聴器が厳選したおすすめメーカーをご紹介

現在関東補聴器では6大メーカーのうち、フォナック・オーティコン・シーメンスシグニア・GNリサウンドの4メーカーを取り扱っています。

 

PNロゴマーク

環境に応じて最適な聞こえ方をつくることが特徴です。通常の補聴器の他にも、片耳難聴専用補聴器(クロス補聴器)や、ロジャーなどの補聴援助システムも充実しています。

FNクロスB

<片耳難聴用クロス補聴器についてくわしくはこちらへ>


 

OCロゴマーク

補聴器初心者にもやさしい聞こえ。脳での音声処理をサポートします。

OC

 


シグニアロゴマーク

小型補聴器や充電式補聴器など幅広いラインナップでお使いになる方のご要望に合った補聴器がみつかります。

充電式補聴器 シーメンス セリオン

<充電式補聴器Cellionについてくわしくはこちらへ>


 

GNロゴマーク

スマホと連動した補聴器が充実。お持ちのスマホで音の調整が可能。不快なハウリングでお困りの方にもおすすめです。

いいとこどりの補聴器

世界6大メーカーの補聴器でも作成を全て海外で行っているわけではありません。例えば耳穴式補聴器はそのほとんどがオーダーメイドになりますので、耳の形を採り、おひとりおひとりの耳型を作成します。そしてその中に小さな部品を組み込んでいくわけです。とても細かい作業となり、高い技術と経験が必要になります。基本的な性能(ICチップ)は世界トップクラスであり、型作りと組み立て作業は手先の器用な日本の職人が作成するという流れになっていますので、まさにいいとこどりの補聴器というわけです。また、耳掛け式補聴器でもイヤモールド部分(オーダーメイド耳栓)は国内で作成されていることがほとんどです。

組み込み

 

さらに関東補聴器なら自社ラボ完備

関東補聴器ではイヤモールド・RICモールドの作成を全て自社で行っております。ベテランの職人技術と選べる豊富なカラーで、現在では他社の補聴器専門店さんからも作成を依頼されご好評いただいております。「今使っているイヤモールドの調子が悪い・・・」「もっとかわいいイヤモールドが欲しい・・・」など、イヤモールドだけのご注文も可能です。是非一度ご相談ください。

RICモールド 耳掛式補聴器 RICタイプ

まとめ

補聴器は家電製品ではなく、医療機器となります。世界の中でも福祉制度の充実した欧米では補聴器を使用しやすい環境が整備されていますので、補聴器装用者も多く、それに比例して補聴器の技術開発もすすんでいます。ご予算の中で少しでも性能の高い補聴器をしたいとお考えの方は、今回ご紹介したメーカーの中から選ばれてみてはいかがでしょうか。

関東補聴器では世界6大メーカーのうちフォナック・オーティコン(水戸店、土浦店のみ)・シーメンスシグニア・GNリサウンドを取り扱っております。お客様のご要望に沿った補聴器選びをお手伝いいたします。是非お気軽にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>店舗

 

 

 

難聴で夏場に補聴器をすると耳の穴が蒸れてかゆくなる方へ【クールな付け心地!】

夏場

夏場

難聴で補聴器をしているけど耳の中が蒸れてかゆくなってしまい、夏場はつけていられないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?だからといって補聴器をしなければ聞こえないしどうしたらいいか困ってしまいますよね。補聴器を頻繁に付けたり外したりしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には通気性の良いタイプの補聴器がありますのでご紹介いたします。蒸れによる補聴器のわずらわしさを少しでも解消したいという方におすすめです。

補聴器を持っていても使わない理由

「難聴になり、数年前に補聴器を購入したんだけど全然使っていないんです。」というご相談をいただくことがあります。実際に補聴器をお持ちの方に行ったアンケートでも、「わずらわしいので使っていない」と回答される方が少なくないようです。具体的になにがわずらわしいのかを調査してみると「補聴器をすると耳がかゆくなる」と回答された方がいらっしゃいます。

補聴器をわずらわしいと思う理由

わずらわしい

日本補聴器工業会JapanTrack2015より抜粋

補聴器を使用するためには、耳の中に物(補聴器)を入れるわけですから、当然使用中は耳穴が塞がれてしまいますよね。その為、耳への通気が悪くなり、人によっては蒸れて不快に感じたり、かゆみを伴うことがでてくるというわけです。

耳がかゆくなりやすい人には通気性のよいタイプの補聴器を

耳がかゆくなるから補聴器を外してしまってはせっかく購入した補聴器がムダになってしまいますよね。体質的に汗っかきの方、耳アカが湿っぽいタイプの方、外でお仕事をされる方、スポーツをされる方などはできるだけ通気性のよいタイプの補聴器を選択していただくことをおすすめします。デメリットとしては通常の補聴器よりも、耳と補聴器とのすき間が多くなる形状になりますので、音が外に漏れやすく、ハウリング(ピーピー音が鳴る)のリスクが上がります。軽度~中度難聴程度の場合は問題ありませんが、補聴器の音量を強くしなければならない高度~重度難聴の方には不向きです。

RICタイプ

りっく

通気こう

こちらは耳かけ型の補聴器となります。耳穴に入れる部分(耳せん)に穴があいています。この穴によって通気性が良くなり、軽い付け心地になります。

イメージ1

 

外マイクタイプ+ディンプルシェル加工

外マイク

ディンプル

こちらは耳の型を採り作成するオーダーメイド耳あな型補聴器です。通常なら補聴器本体内部にあるマイクを、外に出す設計にすることで全体が小型化され耳への圧迫感が減少します。また、ディンプルシェルといって表面をゴルフボールのような加工をすることによって、肌への接触面積を最小限に抑えることができ、従来の耳あな型に比べて通気性がよくなります。

イメージ2

 

COOLタイプ

赤くーる

クール

こちらもオーダーメイド耳あな型補聴器です。従来の耳あな型補聴器よりも耳の中に入る部分を短くすることにより通気性が向上します。

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

 

COOLタイプをもう少し詳しくご紹介します

クールカラー

COOLはシーメンスシグニア社の補聴器で、他社にはない独特の形状をしています。初めて発売されたのは2011年で、当時話題になっていたフィギュアスケートトリノ五輪金メダリスト荒川静香さんのイナバウアーの曲線をイメージさせるということで、商品名もクールビューティーから名付けられたと聞いています。発売当初はシーメンスのイメージキャラクターとして荒川さんが起用されていました。また、2012年にはグッドデザイン賞も受賞しています。2018年現在でも見た目はそのままに、中身の性能はバージョンアップされながら発売を続けている人気商品です。

COOLのメリット
  • 耳穴をふさがない設計なので熱がこもらず蒸れずかゆくなりにくい
  • 耳に物が入るという異物感、圧迫感、閉塞感を軽減する
  • 音がこもらず自分の声が響きにくい
  • 補聴器ではなく、イヤホンをつけているように見えるデザインカラー
  • 耳への装用がワンタッチで簡単
COOLのデメリット
  • 耳穴にすき間があることでハウリング(ピーピー音)が起きやすいので、高度~重度難聴の方には不向き
  • あえて周りに魅せるデザインのため、少しでも目立たない補聴器をご希望の方には不向き
COOLはこんな方にもおすすめです
  1. 軽い付け心地を求めている方に
  2. 補聴器をすると自分の声がこもったり、響いたりして不快な方に
  3. つけてもカッコいい補聴器をお探しの方に
  4. 耳への着け外しがカンタンな補聴器をお探しの方に
COOLの価格

COOLは全部で6機種

 7primaxCOOL \510,000(片耳) 

 5primaxCOOL \360,000(片耳)  

 3primaxCOOL \270,000(片耳)  

 2primaxCOOL \200,000(片耳)  

 1primaxCOOL \160,000(片耳)  

 Sirion2COOL   \120,000(片耳) 

<primaxシリーズについて詳しくはこちらへ>

いなばうあー

 

さらに乾燥機を使うと完璧

補聴器を使用したら乾燥剤の入ったケースへ保管している方が多いと思いますが、汗をたくさんかく季節はそれだけでは充分に乾燥できていないことがあります。より強力に乾燥させるためには、乾燥機のご使用をおすすめいたします。汗や湿気による補聴器の故障予防や、従来の乾燥ケースではできない紫外線ランプによる除菌効果もあります。コンセントをさしてスイッチを押すだけの簡単操作で、乾燥剤の定期的な交換も不要になります。

補聴器乾燥機 D-DryDDRY

<D-Dryについてくわしくはこちらへ>

まとめ

汗をかきやすい季節や、肌がデリケートな方は補聴器をするとかゆくなったり、かぶれてしまったりする方もいらっしゃいます。そのためには通気をよくしたり、肌への接触を最小限にすることで解決することもあります。すでにかゆみでお悩みの方、これから補聴器の使用を考えているけど汗をかきやすかったり、耳アカが湿っぽいタイプの方などは今回ご紹介した機種を参考になさってくださいね。

<関東補聴器へのご予約・お問い合わせはこちらへ>

店舗

 

 

2018年夏の補聴器サマーキャンペーンセール

2018年7月8月補聴器サマーキャンペーンセール

 

 

 

2018年夏の補聴器サマーキャンペーンセール

いよいよ夏の季節の到来です。
夏は、汗や湿気、水分により補聴器の不具合が増えてくる季節です。ジメジメ、ムレムレ…。
耳に入れた補聴器により耳穴がふさがれて、通気が悪くなり耳の中もジメジメ、ムレムレになってしまいます。
そんなジメジメ、ムレムレを軽減する最新型耳穴型補聴器があるんです!
耳穴の通気を良くした最新耳穴式補聴器の紹介です。
最新補聴器「リサウンド・リンクス2 5E 外マイク耳穴型」をドーンと割引いたします。

「リンクス2 5E-MIHタイプ」を40,000円の大幅値引きでお求めいただけるチャンス!!
Web限定のスペシャルキャンペーンセールです。この機会をお見逃しなく!
2018年7月8月補聴器サマーキャンペーンセール

通気を最大限に良くした耳穴型補聴器

ジメジメ・ムレムレを解消するためには、通気を最大限によくすることが必須条件です。
このリサウンド外マイク耳穴型はその独特の形状と加工で通気の問題を克服しました。

スペースベント

耳穴の4面全てに隙間を作り最大限の通気孔を確保することに成功

2018年7月8月補聴器サマーキャンペーンセール

ディンプル加工

表面に凸凹の加工を施すことで耳穴内の皮膚に接触する面積を極限までカット

2018年7月8月補聴器サマーキャンペーンセール

外マイク

マイクを本体から外し、全体の容量を減らし耳への密閉感を軽減

2018年7月8月補聴器サマーキャンペーンセール

キャンペーンセール内容

期間中、リサウンドリンクス2 5E-外マイク耳穴型補聴器をご注文の方
40,000円の大幅値引き
190,000円が40,000円引きで150,000円でご提供!

対象商品

リサウンドリンクス2・5Eシリーズ 外マイク耳穴型

補聴器 価格の違い 値段

2018年7月8月補聴器サマーキャンペーンセール

キャンペーンセール期間

2018年7月1日~8月31日まで

*他のキャンペーンとの併用はできません。
*補聴器注文時に「ホームページを見た。」を忘れずに。
*決済後の申告は無効になります。

難聴の方が車の免許更新時に補聴器が必要になる場合【前もって準備を】

車

車

年齢のせいか最近聞こえが悪くなってきたから車の免許が更新できないかも・・。難聴になってしまったけど運転してもいいのかな・・。というように、難聴だから車の免許が更新できるか心配なんですというご相談をいただくことがあります。でも、難聴だからといって運転をしてはいけないということはありませんのでご安心ください。ただし検査結果によっては補聴器を装用して運転をしなければいけないという条件がつくことはありますので、難聴の程度によっては補聴器を準備しておくとよいでしょう。

難聴の人に行われる検査について

難聴の検査といっても、病院で行うような細かい聴力検査をするわけではありません。

10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえるか

免許更新時ではこれが基準となるそうです。つまり実際に難聴があったとしても、10m離れた場所から鳴らされたクラクションの音が聞こえれば問題ないということになります。もし聞こえなかったとしても更新のための条件を満たせば運転することができます。

 

クラクションが聞こえた場合

何の条件もなく更新できます。

クラクションが聞こえなかった場合

補聴器をつけてもう一度同じ検査をします。

補聴器をすれば聞こえた場合には、更新はできますが、「運転するときは補聴器を装用する」ということが条件となります。免許証にも【補聴器】と記載されます。

補聴器をしてもクラクションが聞こえなかった場合

臨時適性検査を行い、適性が認められれば更新が可能です。ただし以下の2点が運転するための条件となります。免許証には【特定後写鏡】と記載されます。

  • ワイドミラーの設置をすること
  • 聴覚障害者標識をつけること

ちょうちょ

補聴器は使用せずに運転したい場合

すでに補聴器使用が条件になっている免許証をお持ちの方が、補聴器を使用しないで運転をしたいと希望したときの方法です。こちらもさきほどと同様に臨時適性検査を受ける必要があります。適性が認められれば、補聴器を使用しなくても運転ができるようになりますが、ワイドミラー設置や聴覚障害者標識をつけることが条件となります。

ちなみに免許証の表面には【条件備考欄記載】と記載され、裏面には「補聴器(使用しない場合は特定後写鏡で聴覚障害者標識を付けた重被牽引車を牽引しない準中型車と普通車に限る)等」と記載されます。

臨時適性検査とは

  • 「特定後写鏡を使い安全な運転ができるか」に関する検査
  • 「危険をとらえることができないおそれのある場面での安全運転」に関する講習

主に実車による検査や、安全講習を行います

※条件変更の手続きや検査実施日などは都道府県により異なりますので、詳しくは最寄りの警察署にお問い合わせください。

 

軽い難聴なら補聴器がなくても検査はクリアできるはず

免許更新のための検査をクリアできるかできないかだけで言えば、軽度難聴程度の方でしたら大きなクラクションの音は聞こえるはずですから、問題なくクリアできると思います。ここでの検査は、言葉を一字一句聞きとれるかというような厳しい検査ではなく、ただクラクションが聞こえるか聞こえないかというだけですので、最近少し聞こえにくくなってきたなという程度でしたら心配ないと思います。

下図は難聴を軽度・中度・高度・重度と4段階にわけて表したものです。90デシベルのクラクションが聞こえないということは、高度難聴から重度難聴くらいの聴力低下が起きている可能性があります。難聴がすすめば会話はもちろん、周りでしているいろいろな音も聞こえづらくなっています。気になる方は一度病院の耳鼻咽喉科で聴力検査を受けてご自身の聴力がどのぐらいなのかを把握しておくのも良いと思います。

GNオージオ

 

運転中に音が聞こえないと危険なこともあります

難聴であっても免許の更新ができることはお分かりいただいたと思いますが、安全のためにるべく聞こえている状態のほうが良いことは言うまでもありません。難聴になってしまったことで「運転中に救急車が近づいてきていることに気づくのが遅かった」「車内でラジオをつけていたのでクラクションを鳴らされていることに気がつかず事故になるところだった」などヒヤリとした経験をされた方も少なくありません。聞こえに不安を感じ始めたら、できるだけ補聴器を使って聞こえを補うことは大切です。

車危険

補聴器は時間に余裕を持ってつくりましょう

補聴器は注文してから完成するまでに1週間前後のお時間がかかります。完成後は装用する練習をしたり、音の調整なども行います。また基本的に耳の型を採り作成しますから、出来上がった補聴器を装用してみて、万が一きつかったり、ゆるかったりした場合は作り直すこともあります。入れ歯などの歯型を採るのと同じですね。ですから「明日が免許の更新だから今日ください」というわけにはいきません。聞こえが気になってきたら前もって準備を始めるといいですね。

時間

高重度難聴の方にはパワーの強い補聴器を

難聴がかなり進行されている場合は、補聴器の中でもかなりパワーの強い機種を選択しなければいけません。すでに補聴器をお使いの場合でも、出力の限界はありますので、もっと音量を大きくしたくてもできないということもあります。その場合は高度~重度難聴にも対応できる機種への交換をおすすめいたします。

重度難聴まで適応 リサウンド・エンツォ

EN988

  • 高出力タイプで重度難聴まで対応可能
  • iPhone、iPad、iPodtouchからの音楽や電話がダイレクトに聞こえる
  • スマホを使って細かい調整が可能

EN3D

EN体験

EN

 

障害者手帳があれば補聴器の補助制度があります

聴覚の障害者手帳をお持ちの場合は、補聴器購入時に補助制度が利用できます。手帳をお持ちの方や、まだ手帳は持っていないけどこれから取得したいという方は役場の福祉担当窓口へご相談ください。

<障害者手帳について詳しくはこちら>

62

聴覚障害等級表

まとめ

  • 検査方法はクラクションが聞こえるかどうかで判断される
  • 軽度難聴くらいなら検査すら行わないことも多い
  • 補聴器をつけて運転することが条件として更新されることがある
  • 重度難聴であっても適性が認められれば更新は可能

免許を更新できるか心配されている方には少し安心していただけたのではないでしょうか。しかし、安全に運転するためにはできるだけ聞こえる状態にしておくことも大事ではないでしょうか。「更新できたからいいや」ではなく日頃から補聴器をお使いになっておくこともおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

 

補聴器を購入するときはクチコミランキングを参考にするべきか【自分に合った補聴器を】

クチコミ

クチコミ

補聴器を購入しようと思ったとき、数ある機種の中からどれにしたらいいかわからないということはありませんか?クチコミランキングで評判のいいものを参考にして決めようという方もいらっしゃると思います。でもちょっと待って下さい。補聴器は一般的な家電製品とは違い医療機器であり、お使いになる方の耳に合ったものを選択する必要があります。補聴器にランキングをつけること自体、少し難しい商品となりますから購入時は補聴器専門店でよくご相談されることをおすすめします。

補聴器は耳の状態に合わせて使います

補聴器は耳あな型・耳掛け型・箱型と大きく3つにわかれているのですが、聴力の状態、生活スタイル、使い勝手など細かい点を考慮しながら機種を選択していきます。どの機種を買ってもご自身の耳に合うというわけではないのです。きちんと聴力を測定し、基本的には耳の型を採ってをしなければいけません。ですから補聴器のクチコミランキングが紹介されていたとしてもあまりあてにならないのです。

また、通信販売やインターネットなどでお手軽に購入できる集音機は補聴器ではありませんのでおすすめしません。なかには耳を痛める可能性のある商品もありますのでご注意ください。

他の人の補聴器を借りて判断するのはやめましょう

  • 友達がよく聞こえると言っているから私もあの人と同じ補聴器にしたい
  • 知り合いの人の補聴器をちょっと借りてみたらよく聞こえた

お客様の中にはこのような理由で機種を決めてご来店いただく方もいらっしゃいます。しかしこの決め方はあまりおすすめできません。聴力の違いはもちろんのこと、耳の形、耳垢や耳ダレの有無、手先や目の不自由さがないか等、機種を選択するときはいろいろな面を考慮しておすすめしています。また、お知り合いの方の補聴器を借りてみたらよく聞こえたと思っても、ご自身の耳に合わせていないものを長時間使い続ければうるさく感じたり、耳が痛くなったり、疲れる原因になりかねません。もちろん同じ機種でも問題ないこともありますが、音量や音質の調整は必ずおひとりおひとりの聴力に合わせなければいけません。安易に機種を決めず、販売店でよく相談をされてください。

とも

補聴器の出荷台数について

2017年 補聴器出荷台数

総合計 562,747台

  • 耳掛け型    357,177台
  • 耳あな型    181,852台
  • ポケット型   23,238台
  • めがね型       480台

一般社団法人日本補聴器工業会発表

これは日本補聴器工業会が発表している国内における補聴器の出荷台数です。この統計からみると耳掛け型が一番出荷されているようですね。とはいえ当社では耳あな型をお使いになっている方もたくさんいらっしゃいます。耳あな型はきちんと耳の型を採り作成するオーダーメイド補聴器となります。耳型をとるにはより専門的な技術が必要になりますから、販売店によっては既製品の耳掛け型しか取り扱っていないところもあるようです。「街の電気屋さんに補聴器を取り寄せてもらって購入したんです。ほんとは耳あな型がよかったんだけど、お店の人にすすめられるがまま耳掛け型を買ってしまって失敗した。」というお話しを聞くこともあります。もちろん耳掛け型が悪いといっているわけではないのですが、人気があるからということだけにとらわれず、ご自身にとって使い勝手のよいタイプを選ぶことと、お店選びも大切にしましょう。

<お店選びのポイントについてはこちらへ>

どのタイプの補聴器を選んだらいいのか

  • 補聴器のタイプを決める・・・耳掛け型、耳あな型、箱型から選択します。難聴が重くなるにつれて補聴器本体のサイズも大きくなっていきますので、小さいサイズのものがいいと言っても希望に沿えないこともあります。

<耳掛け型・耳あな型・箱型の違いについてはこちらへ>

  • 性能と価格・・・価格が上がるほど当然性能も高くなります。性能が良いものは騒がしい場所での聞き取り向上や、音質のなめらかさに違いがありますが、ご予算にあまり無理のない範囲で決めていただくとよいと思います。また、基本的に両耳に装用することをおすすめいたしますが、当社では、例えばご予算が30万円だった場合、片耳だけに30万円の補聴器をつけるよりは、性能が下がっても15万円の補聴器を両耳につけて使用するほうがよいと考えています。

<両耳装用についてはこちらへ>

  • 使い勝手を考えて機種を決める・・・「補聴器をしていることを知られたくないからなるべく目立たない補聴器にしたい」「老人施設に入所するので、紛失防止の為に大きめで目立つ色の補聴器にしたい」「手先がうまく動かないから持ちやすい補聴器がいい」「電池の交換がいらない簡単な補聴器がいい」などいろいろなご希望があるかと思います。よく相談をしてできるだけ希望に沿ったものを選択しましょう。その為には複数メーカー取り扱っているお店でしたら選択肢が広がりますので、ご希望に合う機種を見つけやすくなります。

RIC紹介

希望に合わせた補聴器の一例をご紹介します

なるべく小さくて目立たない補聴器がいい方には

GNリサウンドの最小クラスIIC補聴器

IIC

  • 耳あなの奥深くに収まるので横からもほとんど見えない
  • 人間の耳が持つ集音効果を最大限に生かした自然な聞こえ
  • 風を切る音がしないため、スポーツなど屋外で活動する方に最適
  • かなり小さいため、耳への取り外し、電池交換などは手先の器用さが必要になる
  • 内部の部品を適切に配置する必要があるため、外耳道が細い方は作成できない
  • 軽度から中度難聴程度まで対応

IICかかく

 

操作が簡単な補聴器がいい方には

シーメンスシグニアの充電式補聴器Cellion

操作のしやすさ

  • 充電式なので面倒な電池交換が不要
  • 自動で電源がON/OFFするので不器用でも安心
  • 軽度から高度難聴まで対応

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

値段

<Cellionについて詳しくはこちらへ>

まとめ

補聴器はクチコミランキングで上位の機種を購入しようと思っていた方には、補聴器を買うのって思っていたより大変そう、面倒そうと思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。でもご安心ください。その面倒や疑問・不安を解決するために補聴器専門店があります。長くお使いいただける補聴器にするには購入後の調整やメンテナンスも欠かせません。是非お近くの関東補聴器までご相談ください。ご自宅への出張相談も承っております。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

2018年補聴器の日キャンペーンセール

2018年6月6日補聴器の日セール 割引

2018年6月6日補聴器の日セール 割引

 2018年補聴器の日キャンペーンセール 

6月6日は補聴器の日!
皆さんご存知ですか?3月3日は「耳の日」で6月6日は「補聴器の日」なんです。
そんな補聴器の日に、ちなんで現在の最新補聴器の進歩を知っていただきたいと思い、最新技術の紹介を兼ねたお得なキャンペーンセールを開催いたします。web限定の特別キャンペーンセールです!
最新のワイヤレス補聴器をお得にお求めできるキャンペーンセールとなっておりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!
ワイヤレスマイクとダイレクト接続できるリサウンド・リンクス2・5Eシリーズとワイヤレスマイク「マルチマイク」のセット価格より20%引きでご提供。

2018年6月6日補聴器の日セール 割引

 

最新のワイヤレス補聴器

最新の補聴器は、通信技術の進歩に伴い、ブルートゥース機能などを搭載し補聴器がワイヤレスで周辺機器にダイレクト接続することができるんです。
ワイヤレスマイクや携帯電話などともペアリング可能でとても便利に使用することが可能なんですよ。
特にキャンペーン対象商品の「マルチマイク」は大変好評いただいております。

<マルチマイクが大変便利の記事はこちら>

2018年6月6日補聴器の日セール 割引

マルチマイク 価格:54,000円

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

<マルチマイク活用について詳しくはこちら>

キャンペーンセール内容

期間中、リサウンドリンクス2・5Eシリーズとワイヤレスマイク「マルチマイク」のセット価格

244,000円より20%引き
49,000円の大幅値引き

対象商品

リサウンドリンクス2・5Eシリーズ 耳掛け式・耳穴式

ワイヤレスマイク「マルチマイク」

キャンペーンセール期間

2018年6月1日~6月30日まで

*他のキャンペーンとの併用はできません。
*補聴器注文時に「ホームページを見た。」を忘れずに。
*決済後の申告は無効になります。

2018年6月6日補聴器の日セール 割引

補聴器の聞こえ方が場面によって満足できない方【複数や騒音下で聞きとり向上する方法】

補聴器 雑音 聞き取れない

補聴器 雑音 聞き取れない

補聴器の聞こえ方が場面によって満足できない方って意外と多いんですよね。対面では効果的であっても、話者との距離があったり、複数人数であったり、騒音下であったり…そんな場面では、うまく聞き取れないという相談がありました。
そのような悩みをお持ちの方には、補聴器の使用と共に会話援助アイテムを検討してみるといいと思います。
会話援助アイテムとは何か?
その名も「マルチマイク」というものです。補聴器メーカーのGNヒヤリング社が販売している商品です。
どんな効果があるのか、どのように使用するのか、わかりやすく解説していきます。

補聴器の聴こえ方は場面で変わる

補聴器の聞こえ方に満足されている方でも、全ての場面で完璧になるというわけにはいきません。
補聴器は書いて字のごとく「聴こえを補助してくれる機器」ですので、完全体に耳や聴こえを治してしまうものではありません。
補聴器には、得意な場面と苦手な場面があるのです。

補聴器が得意な場面

 対面で会話する場面
 アラーム音やお知らせ音などの聴取
 小さな部屋などでの日常会話
 車や自転車などが接近した危険な気配音

これだけではありませんが、生活の上でかなり役立つことは間違いありません。

補聴器が苦手な場面

 複数人数での複雑な会話
 レストランなど不特定多数の声による騒音下
 周囲が騒がしい中での聞きとり
 声が反響するようなコンクリート造りの建物内

こんなところでの聞き取りがうまく行かないと相談されることが多いですね。

最初に理解したい言葉の聞きとり能力

補聴器で聞こえるということと、聞こえた音声を言葉として理解するということは、同じではありません。
聞こえれば何でも理解できると思いがちですがそうではないのです。
言葉の聞きとり能力とは、専門的に「語音明瞭度」と呼ばれますが、難聴になるとこの「語音明瞭度」も低下してくる傾向があります。
「語音明瞭度」が低下すると音は聞こえるけど言葉が良くわからないという状態になりますね。
少し難しいですかね? 下記のリンクに詳しく書きましたのでご一読ください。

<言葉の聞きとり能力について詳しく書いた記事はこちらです>

補聴器が苦手な場面を解説

補聴器が苦手な場面では、どんなことが起こっているのでしょうか?
周囲に騒音が多くなると、必要な会話音が騒音に邪魔されてかき消されてしまうわけですね。
スピーチ(会話音)よりノイズ(騒音)が大きくなり、比率がノイズ(騒音)のほうが高くなる状態です。
対面や静かな環境では、スピーチ(会話音)とノイズ(騒音)の比率はスピーチ(会話音)のほうが高いわけですから、良く聞こえているわけですね。
ということは、スピーチ(会話音)とノイズ(騒音)の比率がカギとなってきます。この比率がいつもスピーチ(会話音)のほうが比率が高くなる環境を作ることが補聴器が苦手な場面を克服するということです。

補聴器 雑音 聞き取れない

いよいよ補聴援助システムの話

この補聴援助システムは、上記で解説したスピーチ(会話音)とノイズ(騒音)の比率を改善し、いつもスピーチ(会話音)の比率を高く保つ方法をワイヤレス機器を使って維持しようというシステムのことです。
簡潔に申しますと補聴器とマイクをワイヤレス接続し、マイクで集音した音声を直接補聴器でキャッチしますから周囲に騒音があっても、話者との距離が離れていても聞き取りが向上するというわけです。
その名も「マルチマイク」といいます。

会話援助アイテム紹介

デジタルワイヤレス会話援助アイテム「マルチマイク」
価格 54,000円

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

複数の人が同時に話す場所、音が反響しやすい場所、広い会場や離れた場所で。
補聴器だけでは聞き取りの難しい場所で、より快適な聞き取りをサポートします。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

話者との距離が離れていても胸元に着けたマルチマイクが会話のみを補聴器に送信します。
最大25メートルの距離でも送信可能。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

このマルチマイクを上手に使いこなせば、補聴器の苦手であった場面でも「聞こえ方」を強力にサポートしてくれますね。
マルチマイクは、全ての補聴器に接続できるわけではありません。
GNヒアリング社の補聴器ならば接続することができます。では、どんな補聴器に接続できるのかを紹介しましょう。

マルチマイクとペアリング可能な補聴器

マルチマイクとペアリング可能な補聴器を紹介いたします。

リサウンド・リンクス3D エンツォ3D
リサウンド・リンクス2 エンツォ2

<リンクス2シリーズ価格など詳しくはこちら>

リサウンド・エンヤ4 エンヤ3

<エンヤシリーズ価格など詳しくはこちら>

上記の6シリーズはペアリング接続可能になっています。

補聴器の聞きとりが不満な方のまとめ

補聴器を使用することで難聴でのお悩みは解消できることがほとんどですが、場面によって補聴器でも苦手な場面があるのです。
周囲が騒がしかったり、複数の会話や距離が離れていたり…。
そんな時は、最新のワイヤレス技術を利用した「マルチマイク」を使用し、苦手な場面を克服できるのです。
仕事をしている方や学校に通う方、会議や集会などの集まりが多い方はぜひお試しください。
今まで聞きとりにくかった場面でも効果を実感できると思います。

補聴器 雑音 聞き取れない

 

関東補聴器では「マルチマイク」の試聴体験を随時受付けています。
ぜひ、あなたの耳で確かめて効果を実感してください。

マルチマイク等、数に限りがございます。試聴体験は予約を優先させていただきますのでお問い合わせフォームより予約をお願いいたします。

<質問や問い合わせ・ご予約はこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

補聴器をつけたままスポーツはできるのか?【知って得する!】

補聴器 スポーツ

補聴器 スポーツ

吹き抜ける風がなんとも心地よく感じるこの季節、ジョギングやテニス・ゴルフなど、アクティブにスポーツを楽しみたいでも補聴器をつけたままだと落としてしまうのでは、また、汗や埃で故障してしまうのでは…と心配されている方、いらっしゃると思います。
ご安心ください補聴器をつけたまま安心してスポーツを楽しめる方法と、もしもの時の対処法をご紹介します。

脱落や紛失・破損の防止

現在、補聴器として主に使われているのは耳かけ型と耳あな型になります。

耳かけ型補聴器

耳かけ型の補聴器の落下・紛失防止のアイテムとして各メーカーから様々なアクセサリーが販売されています。

補聴器 スポーツ
補聴器 スポーツ

また耳掛け型補聴器には、イヤモールドをつけることによって装用も楽になり、落下や紛失の防止にも繋がります。

補聴器 スポーツ

カラーもいろいろ選べるイヤモールド(オーダー耳栓)!

耳あな型補聴器

耳あな型補聴器は、耳の穴の形に合わせ製作するオーダーメイドのため、比較的に落下・紛失の心配はありませんが、きちんと耳の中に装用されていないと補聴器が浮いてきてしまい外れることもあるので、正しく装用する事が大切です。

補聴器の防水・防塵

皆さんは『IP』という表示をご存知でしょうか?近年、携帯電話の普及により目にする機会も多いのではないでしょうか。
この『IP』とは【International Protection】の略で「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水・防塵の保護規格の事です。補聴器 スポーツ

IPに続く2ケタの数字の左側が「防塵等級」、右側の数字が「防水等級」を表します。

この表示は、防水・防塵のテストをクリアした製品のみに付けられます。

尚、このテストは、真水・水道水汗に対してのものであり、入浴剤・シャンプー・温泉・プールなどに対応するものではありません。

 

この他、各補聴器メーカーから撥水コーティング加工や補聴器内部に防水加工を施す(オプション)などの様々な防水・防塵に特化した製品が発売されています。

補聴器 スポーツ

補聴器 スポーツ

 

カタログ上にあるこのような表記をご参考に!!

 

もしも補聴器を水没させてしまったら

いくら防水・防塵加工が施されているといっても、補聴器は精密機械ですのでやはり水分は故障の原因になります。
これは多汗症などによる大量の汗も同じことが言えます。

補聴器 スポーツ

もしも補聴器を水没させていまった、もしくは大量の汗で濡らしてしまったら、けして濡れたままにせず以下の方法で処置してください。

 乾いた軟らかい布などで、補聴器本体から水分をキレイに拭き取る。
 補聴器の中から電池を取り出す
 バッテリードア(電池を出し入れする蓋の部分)を開けた状態で一日
     しっかり乾燥させる。
補聴器メーカーから発売されている乾燥ケース(乾燥剤・シリカゲルを入れたもの)の中で保管していただくとより効果的です。

まとめ

 脱落防止のアクセサリーやイヤモールド(オーダー耳栓)などを利
     用する。
 IP表示があり、防水・防塵に特化した製品を選ぶ。
     または加工を施す。
 使用した後はしっかり乾燥させる。

 

防水や防塵の加工は永久的なものではないので年数の経過や環境によってその機能は低下していきます。
また補聴器本体に付属するフックやチューブ、電池などは防水・防塵機能を持っていないため
定期的にメンテナンスをされることをおすすめいたします

 

関東補聴器では皆様のお使いの補聴器をメンテナンスいたします。

お気軽にお近くの店舗へお問い合わせください。

 

関東補聴器 お問い合わせはコチラ

難聴になって仕事に悩みを持っている方の解決策【補聴器でできること】

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

難聴者で仕事に悩みを持っている方から相談を受けました。周囲とのコミュニケーションがうまくいかず転職を考えているそうですが、補聴器による会話援助システムを提案させていただきました。
最新の補聴器は、ワイヤレス機能やブルートゥース機能などが利用できますので会議や複数の会話での聞きとりを援助してくれます。
難聴や補聴器とうまく向き合いながら仕事をしていくために最新機能や最新技術の機器を使用することも検討してみてはいかがでしょうか?
会話援助システムを解説&紹介していきましょう。

難聴になるとは

難聴になってしまうには、いろいろな原因があるかと思います。

 芸能人にも多い突発性難聴
 強大音による音響性外傷
 中耳炎などによる耳の疾患
 生まれつきの先天性難聴

などなど…たくさんの要因がありますが、まずは医療機関を受診し治療による難聴回復が大切です。

適切な治療でも難聴が回復しなかった場合は、日常でのコミュニケーションに大きな影響を与えてしまうのが「難聴」です。
難聴は、なかなか周囲から理解を得られないことが多く、誤解やトラブルになってしまうことがあり仕事や学校ではとても不便を強いられることになってしまします。

仕事に影響する難聴

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

特に仕事や学校では、声や音によるコミュニケーションが主体ですから難聴になるとかなり影響が出てきてしまいますよね。
難聴は、他人から目で見てわかるものではありません。そのため周囲から理解されないことがあるようです。

仕事では

 お客様からの注文の聞き間違い
 上司や同僚からの業務連絡
 機器によるお知らせ音など
 会議などの複数の会話

このような場面で困ることがありますよね。

補聴器を使い聞こえを補助する

難聴に効果的なのは、もちろん補聴器を使用することです。
ただ、補聴器ならば何でも良いというわけではありません。あなたの聴力やライフスタイル・予算や機能など細かく吟味して選ぶ必要があります。
そのためには、補聴器専門家の力が必要になりますから必ず補聴器専門店で相談してください。
しかしながら、補聴器は難聴を治療する機器でもなく、難聴を予防する機器でもありません。
健聴者と同様や以前の聞こえのように耳が蘇るわけではありません。
あくまで聞こえを補助する機器ですので、うまく使用し各場面でコミュニケーションが円滑になるよう使いこなしたいものです。

補聴器にも場面によって限界がある

先にお話したように補聴器も万能ではありません。補聴器でも聞きとりにくい場面はあるのです。
特に距離が遠い話者は、健聴者でも聞きにくいものですし、複数の会話も周囲の環境により聞きにくいときがあります。
補聴器にも限界があるのです。
しかし、仕事ではそうも言っていられませんよね。
そんな限界を少しでも改善させるために最新のワイヤレス機能やブルートゥース機能を用いて開発された会話援助機器があるのです。

ワイヤレス機能搭載の補聴器が登場

様々な環境で補聴器の聞きとり限界を改善させるために登場したワイヤレスアクセサリーを紹介します。

マルチマイク

メーカー リサウンド

価格   54,000円

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

マルチマイクは耳に着けた補聴器とワイヤレス接続でき、離れた場所や周囲の騒音に邪魔されずに聞きとりを劇的に向上させるワイヤレスマイクです。
どのような場面で有効か解説しましょう。

 会議やミーティングにて

複数でも会議では、周囲の環境などにより聞きとりにくいものですがマルチマイクをテーブルに置くだけでテーブルマイクとして会議の会話を補聴器にダイレクト送信してくれます。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

 離れた距離でもOK

厨房などでの作業では、作業音も邪魔となり注文を聞き取れないこともあるかもしれませんが、胸元にマルチマイクを着けてもらえば距離があっても、周囲がうるさくても直接音声が補聴器に送信されます。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

 マルチマイクの本体説明

マルチマイクは本体にあるボタンなどで操作することができます。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

本体脇のボリュームボタンでマイクの音量をUP/DOWNすることが可能です。

充電端子に付属のコードを差込み充電します。連続使用時間は11時間使用可能です。

ライン入力端子にお手持ちの音楽プレーヤーやテレビのイヤホン端子を接続すればワイヤレスイヤホンのように音声がダイレクトに補聴器から聞こえてきます。

補聴器とマルチマイクとの通信距離は最大25メートルです。会議室や屋外でも十分な通信距離です。

マルチマイクと接続可能な補聴器とは

マルチマイクと接続可能な補聴器を紹介します。

メーカー リサウンド

機種   リンクス2シリーズ/リンクス3Dシリーズ

     エンヤ4シリーズ/エンヤ3シリーズ

価格   120,000円~500,000円

タイプ  耳穴式(一部NG)/耳掛け式(全タイプ)

リサウンド製品の補聴器については、ほぼ接続可能なのですが極小耳穴式のIICやCICタイプは極小サイズが故にアンテナを搭載することができないため接続ができません。

<リンクス2シリーズ価格や機能など詳しくはこちら>

<エンヤ3シリーズ価格や機能など詳しくはこちら>

補聴器専門店で相談しましょう

補聴器は難聴の程度やライフスタイル・機能や予算など吟味する必要があると先に説明しました。
経験・知識・技術のしっかりとした信頼のおける補聴器専門店で相談することが重要です。
インターネット通販や店頭展示品の補聴器購入は失敗する危険がありますので注意が必要です。

<インターネット通販購入の注意点詳しくはこちら>

補聴器は購入したら終わりではありません

補聴器を購入したら音量音質・機能設定など再調整や微調整を行う必要があります。
聴力の変動や体調により聞こえ方が変化したり、耳の状態も気にしたいところです。
仕事でご使用になる補聴器は、汗や汚れによる不具合にも注意が必要ですから定期的に補聴器のメンテナンスが必要になりますので補聴器専門店とお付き合いしていくことが大切ですよね。

関東補聴器は北関東を中心に6店舗で展開しています。

最寄の店舗にて安心のアフターサービスを受けることができますので、アクセスの良い店舗におまかせください。

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

難聴で仕事が困っている方のまとめ

難聴で仕事のコミュニケーションに困っている方は、まずは治療で難聴回復が可能かもしれませんので医療機関を受診しましょう。
聴力改善がなされなかった場合は、補聴器を使用することを検討します。
補聴器を使用しても全ての場面で聞き取りが改善できない場合もありますが、ワイヤレス機能を搭載した最新補聴器ならば限界を超えて聞こえの幅が広がって仕事での不便も劇的に改善されるかもしれません。
ぜひ、ワイヤレス機能搭載の補聴器とワイヤレスアクセサリーをお試しください。

関東補聴器では無料にてワイヤレスマイクの試聴体験もできます。
ワイヤレス機器の試聴体験は数に限りがあるため予約制になっております。
気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない