スポーツをするときでも使える補聴器があります【スポーツ好きに朗報!】

すぽーつ2

すぽーつ2

お客様より、スポーツをするときは汗をかくから補聴器は外さないとダメでしょ?とご質問をいただきました。いいえ大丈夫です!!一昔前でしたら外してくださいとお答えしておりましたが、最近はスポーツをするときでも装用したまま使える、汗やホコリに強いタイプの補聴器がありますのでご紹介します。

最近の補聴器

補聴器は精密機器のため、汗・湿気・ホコリは大敵です。以前の補聴器では、汗や粉塵が補聴器内に入り込み、内部がサビてしまったり、正常に作動しなくなることが多くありました。そうなると各メーカーへ修理へ出さないといけませんが、保証期間を過ぎると修理代がかかりますし、修理へ出している間はご自分の補聴器がありませんのでたいへん不便になってしまいます。そのためスポーツをされるときは、最初から補聴器を外す方が多かったのです。しかし最近は防水性能も高くなり、とくに耳かけ式補聴器では多くの商品に防水防塵機能が搭載されていますので、補聴器をしたまま安心してスポーツができるようになってきました。

なのてっくまん

スポーツ用補聴器おすすめ

ではスポーツをするときは具体的にどんなタイプがいいでしょうか?今回はシーメンスシグニア社の補聴器をご紹介いたしますね。

耳かけ式補聴器

文字通り耳の上に掛けて使用するタイプの補聴器です。大きさも小さいものから、大きめのものまでございます。基本的には、お使いになる方の聴力の状態により大きさが変わります。軽度難聴の方は小さく、聴力がすすむと全体的に大きなタイプとなります。そして耳かけ式の場合はほぼ全ての機種に防水防塵機能が搭載されています。

シバントス耳かけ

 

 防水防塵IP67

汗に強いのはもちろん、突然の雨、温泉や、短時間でのシャワーなども心配いりません。お子様の場合は砂遊びや、プール遊びをしても大丈夫なので安心ですね。

IP67

 

 イヤモールドを使って耳へ装着することでズレにくい

体を動かすと耳から補聴器がずれて落としてしまわないか心配ですよね。耳かけ式補聴器をゴムの耳栓でお使いになっていたり、耳型をとらないタイプの補聴器の場合、運動をしている最中に落ちる可能性があります。耳かけ式補聴器には耳型をとり作成する耳栓(イヤモールド)でピッタリ耳にフィットさせたものをお使いになってください。落下の可能性は一段と低くなりますよ。

EM装用時EMM

イヤモールド

 軽度~高度・重度難聴の方まで対応

 

耳穴式補聴器

耳の中に入るオーダーメイドタイプの補聴器です。通常は防水性能が備わっていませんが、特別な加工をすることにより汗やホコリにも強くなってきました。耳にすっぽりおさまるので、ジャマにならず、目立たないのが特徴です。

しばんとすみみあな

 

 防水防塵IP57

耳かけ式補聴器にくらべると防水性能は低いですが、アクアプロテクトという特別な加工により内部品を汗やホコリから守ります。

あくあぷろてくと

 

 耳のカタチに合わせて作成するのでズレにくい

おひとりおひとりの耳の形状に合わせつくられますので、さきほどのイヤモールドと同様に耳からズレにくくなっています。また、COOLタイプでは補聴器のマイクが耳のくぼみに隠れた構造になっているので、不快な風切り音が軽減されます。
COOL
 軽度~高度難聴の方まで対応

 

スポーツ選手をご紹介

補聴器をお使いの方の中には、スポーツ選手としてご活躍されている方がたくさんいらっしゃいます。ご紹介させていただきますね。

デフフットサル日本代表

今年の3月にデフフットサルの試合が行われました。選手のみなさんは聴覚障がいをお持ちになっています。シーメンスシグニア社より試合の様子や、選手のみなさんの補聴器の使い方などが紹介されていますのでご覧ください。

ふっとさる1

ふっとさる2

ふっとさる3

ふっとさる4

日本×韓国19対5で見事日本勝利!!

素晴らしいですね!!

 

デフリンピック日本代表

そして今年2017年7月にはトルコ・サムスンにてデフリンピックが開催されます。デフリンピックとは、ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)という意味で、聴覚障害をお持ちの方が出場される4年に1度の国際競技大会です。全21競技が行われ、日本は陸上・バドミントン・テニス・卓球・水泳・自転車・空手・ビーチバレー・サッカー男子・バレー男子・バレー女子の11競技に出場されるそうです。

rikujyou

2013年デフリンピック陸上競技(400m)出場の岡部祐介選手もシーメンスシグニア補聴器をお使いになっているそうです。今年の夏も代表選手として出場されます。

おかべ

 

日本ではまだまだ認知度の低いデフリンピックですが、難聴というハンディを抱えながらも、世界でご活躍されている選手がたくさん出場されます。とても楽しみですね!!

じゃぱん

ouen

まとめ

補聴器をつけたままスポーツをしていると汗やホコリが補聴器内に入って故障したり、耳からズレて落としてしまわないかなど気を使いますよね。防水防塵タイプの補聴器にしたり、きちんと耳型に合わせることがとても大切になります。ストレスのない補聴器装用で、快適にスポーツを楽しみましょう。

すぽーつ

さいごに

補聴器専門店の関東補聴器(水戸店・古河店・土浦店・宇都宮店・千葉店・館山店)ではお客様のご要望にできる限りお答えできますよう社員一同日々心がけております。スポーツ用補聴器をお探しの方、ご検討されている方、まずはお気軽に関東補聴器までご相談くださいね。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

創業32