片耳難聴で補聴器を使おうかなとお悩みの方

片耳難聴 クロス補聴器

片耳難聴 クロス補聴器

片耳難聴で補聴器を使おうかなとお悩みの方の解決方法のひとつにクロス補聴器という補聴器があります。
難聴側の音声を聞こえる耳のほうに飛ばして聞く特殊な補聴器です。
現代のデジタル技術だから成せる補聴器ですよね。
片耳難聴で補聴器を使おうとしている方にクロス補聴器について解説します。

片耳難聴だとこんな悩みがあります

 難聴耳側から話されると聞き取れない
 複数の中での会話が聞きにくい
 仕事をしていると不意に話されたとき気づかない
 音の方向感がつかめない

クロス補聴器の仕組み

片耳難聴 クロス補聴器 ムンプス難聴
良聴側と難聴側、両耳に補聴器を装着します。
難聴側の補聴器はマイクのみ作動していますので難聴側の音声をキャッチします。
その音声を反対の良聴側の補聴器に電波で飛ばし、良聴側の耳で聞き取るという仕組みになっています。

クロス補聴器の効果

難聴耳側からの音声が聞こえてきますので音の広がりを実感することができます。
使用者の方から声をまとめてみました。

料理人の仕事をされている方の場合

難聴耳側から問いかけられたり、注文を言われたりしたときに不自由を感じていたそうですがクロス補聴器を使用するようになってから、体をひねって聞くようなことがなくなり仕事の効率も良くなったそうです。

車を運転する場合

助手席の方の話や問いかけがよく聞き取れず困っていたそうですが、助手席側からの話し声や問いかけにも答えられるようになり運転に集中できると満足されていました。

複数集まっての話し合いの場合

集まりがあったときは良聴耳側に座ってもらうように座席なども気になっていました。クロス補聴器を使うようになってからは座席を特に気にすることが減りましたとおっしゃっていました。

クロス補聴器の紹介

関東補聴器で好高評価クロス補聴器のご紹介をしましょう。
以下に紹介するのは、送信機側です。この送信機を難聴耳に装着して音声を集音し、反対の良聴耳に装着した補聴器に音声を送信して聞き取ります。
したがって、価格は以下のようになります。

送信機(フォナッククロス)+受信機(補聴器本体)=クロス補聴器商品代金

*以下にご紹介するのは送信機側のみです*

メーカー フォナック

商品名 フォナッククロス

ベンチャーシリーズ用(送信機)

片耳難聴 クロス補聴器 クロス補聴器は送信側マイクと受信側補聴器本体と2つ機器が必要なりますので価格などわかりにくい場合は、問い合わせていただければわかりやすく詳しくお伝えいたしますので気軽に問い合わせください。

関東補聴器にはクロス補聴器の試聴お試しシステムがあります。
実際に体験していただいてから検討することができますので、片耳難聴でお悩みの方はお住まい最寄の関東補聴器各店にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

充電式補聴器 おすすめ 評判 話題 人気