眼鏡屋の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違い

補聴器眼鏡屋

補聴器眼鏡屋

眼鏡屋の補聴器も補聴器専門店の補聴器も、補聴器という品物そのものは同じです。違いは「調整」「耳に合わせる技術」「サービス」ですね。「満足度」ですね!

補聴器というものは同じ商品でも調整や設定、機種選択や作成ノウハウで良くも悪くもなってしまいます。

やさしく解説していきましょうね。
最近、眼鏡屋さんでも補聴器の取り扱いを見かけますよね。補聴器専門販売員がいるのか、適切な設備があり、その設備に基づき測定し、最適に補聴器を調整できるのか、購入後のアフターサービスは充実しているかなど補聴器販売店選びには大切なことがいろいろあります。
取り扱っているだけというだけの場合は満足がいくサービスが行われていない可能性があります。

メガネは眼鏡屋、補聴器は補聴器屋

ことの始まりは、昔まだ補聴器専門店が一般的でなかった時代にメーカーが補聴器を普及させようと眼鏡店に置いたと言われています。
電池で動きますので電気屋さんのほうが近いと思いますが、耳を測って補聴器を調整して合わせるというスタイルが、目を測って眼鏡を調整して合わせるスタイルに似ていることと、老眼鏡などの使用者と補聴器を必要としている高齢者の年齢層も近いなどのことからターゲット層が近いということで導入が進んだようです。
補聴器 眼鏡屋導入当初は販売だけで済んだのかもしれませんが、現在の補聴器はデジタル化が進み、調整や設定、耳の形に合わせたり、形状も沢山ありますので、かなりの知識と技術が必要になりますのでやはり格差が出ているようです。

補聴器専門店は補聴器しか扱っていませんので知識も技術も補聴器のことのみ研鑽を積んでますから、確かなところが多いですね。

 

眼鏡屋さんでも補聴器の取り扱いはありますが補聴器の購入を検討の際はよく見極めが大事ですね。

補聴器はどこで購入するのか

補聴器はどこで購入できるのかご存じない方もいるようですので細かく説明しますね。

補聴器どこで売ってる

 

補聴器は医療機器ですので販売には許認可が必要です。また、あなたの聴力に合わせて補聴器を調整・設定したり、耳の穴の型に合わせたり、使用方法や装着方法などを指導したりしますので、認定補聴器技能者という資格があります。

物品自体は販売できても、補聴器を合わせる技術(フィッティング)は資格を持っている方のほうが安心です。

補聴器専門店で購入できる

文字通り補聴器の専門店ですから、数ある補聴器の中から、価格、性能、デザインなど豊富な品揃えの中からあなたにあった補聴器を見つけることができます。また、認定補聴器技能者や補聴器専門アドバイザーが常駐していますので補聴器のことなら全て安心して任せることができますね。

眼鏡屋などで取り扱い&購入できる

眼鏡が専門ですので補聴器専門スタッフが不在なこともあります。メーカーの人が来てくれたりしますが、系列のメーカーを扱うことが多く取り扱いメーカーが少なかったり、その場での迅速な対応ができないときもあります。

補聴器メーカーの支店などで購入できる

補聴器メーカーですので、本格的な測定器やその場での迅速な対応、部品の販売や修理なども可能です。しかし、そのメーカーだけしか対応できませんのでいろいろなメーカーの補聴器を選ぶことはできません。また、圧倒的に店舗数が少ないのでお住まいの近所で見つけるのは困難かもしれません。

耳鼻科の補聴器外来で購入できる

「補聴器外来あり」というところもありますが、実際は補聴器販売店の人が週に1度とか来てくれるシステムで、医師が直接補聴器の調整や設定(フィティング)を行うところは、僅かなようです。補聴器外来の時間と曜日が固定されているので自分の予定で行くことができないところがありますね。

補聴器の購入は遠くの補聴器専門店か近所の眼鏡屋か

遠くにある補聴器専門店まで出かけていくのは少々大変だな~と思っている方や、そもそも車やバイクもなく高齢になってしまったため近所でも出向いていくのが一苦労の方もいますよね。

そんな背景があるとやはり近所のお店のほうがいいかな~と思うものですよね。

補聴器出張訪問サービス補聴器専門店のサービスに「出張訪問サービス」を行っている補聴器専門店がありますので電話一本で自宅まで来てくれますよ。

ご自宅出張訪問サービスについてはこちら

そうなると、遠いも近いも関係ありませんね。安心して信頼のおけるお店を選択できますからね。

 

 

補聴器は調整や設定が命でどこで購入しても品物は同じものだが

眼鏡屋で購入しても、補聴器専門店で購入しても補聴器本体は同じといいましたが、補聴器は調整をする技能者の技量によって良くも悪くもなってしまいます。

車と同じで外観は同じ車でも専門家がしっかりメンテナンスした車と素人が適当にメンテナンスした車では全く別物になってしまうでしょう。

補聴器の調整には、豊富な知識と確かな技術、そしてたくさんの「経験」が必要です。

関東補聴器では創業30年以上の経験を活かし、毎月行う社内研修会でカンファレンス(症例報告検討会)を実施し皆さんの補聴器生活をサポートしています。

経験豊かな認定補聴器技能者や補聴器専門アドバイザーに補聴器の調整や設定、細かな指導をしてもらうことが失敗しない補聴器選びの鉄則です。

補聴器はどこで購入するかが大切です

補聴器はいくらのものを購入したか、とか、何を購入したか、よりももっと大切なのは「どこで」購入したかが重要です。

デジタル補聴器は、調整や設定をするために補聴器をパソコンで操作していきます。

たくさんの機能を組み合わせて効果を出したり、パソコン画面の細かな調整箇所を駆使してあなたのお好みの音環境に調整していきます。補聴器調整

豊富な知識がなければ、どこをどう調整するかもわからず、確かな技術がなければ調整しすぎてしまってかえっておかしくなることさえあります。

我々、関東補聴器は補聴器の専門家集団です。知識・技術・経験は豊富です。

 

関東補聴器の問い合わせはこちら

コメントを残す